ブログ

動画制作の費用を安くする方法

近年では格安の動画制作会社も増え、これまでよりもずっと安い費用で動画制作ができるようになりました。しかし、安く制作できるといっても動画のクオリティーまで下がってしまっては意味がありません。

動画制作を安い費用で行うにはどのようなことに気を付けなければいけないのでしょうか。そこで今回は、動画制作の費用を安くする方法とポイントについてご紹介したいと思います。

■なぜ動画制作が安くなるのかを知る

インターネットで動画制作会社を調べたり、それぞれの会社から見積もりをとったりしていると、とても安い費用で動画制作を行える会社があり驚くことが多いと思います。動画制作が初めての方にとっては、「なぜこんなに安くできるのか」といったことがわからないと不安になってしまいますよね。見積もりを集めてみても、それぞれの会社がどう違うのかピンとこない方も多いと思います。

格安制作会社で失敗しないためには、「その会社がなぜ費用を安くすることができるのか」ということを知っておくことが何よりも大切です。これは動画制作に限らずどんな業界にも言えることですが、費用を安くする方法で最も簡単な方法は人件費を下げることなのです。動画制作の場合には、まだ経験の浅い編集者に動画制作を任せたり、海外の編集者や他社に動画制作を依頼したりすることで費用を安くしているのが一般的です。安くても経験の浅い編集者や他社に任されては不安になってしまいますよね。

よい制作会社は費用を安くするために人件費を削るのではなく、制作工程をシステム化、シンプル化することで費用を安くしています。動画制作の仕組みを根本的に変えることで費用を抑え、経験の豊富な編集者に動画制作をしてもらうことができるのです。

動画制作はとても高いイメージがありますし、できるだけ安く行いたいものです。しかし、動画は作ればよいというものではありません。動画を制作することで、商品やサービスの購入者が増える、企業のイメージが上がる、などの効果がなければよい動画とはいえません。ただ流すだけの動画では作る意味がありませんよね。

安さに惹かれて経験の浅い編集者に動画制作を依頼してしまうと、思っていたような動画ができないばかりか制作した意味さえない動画ができてしまうかもしれません。料金の安い制作会社を選ぶ際には、料金を安くすることのできる仕組みがあり、経験の豊富な編集者に依頼することのできる制作会社であることが重要です。

■動画制作のオプションを確認する

一番安い会社に依頼したのに仕上がってみたらどこよりも高くなってしまっていた、というトラブルは非常に多くあります。見積もりをとった際や最初に提示された金額よりも、ずっと高い金額を請求されてしまうことは少なくありません。

これは、オプションに料金がかかってしまっていることが原因なのです。基本料金が他社と比べて安くても撮影や編集にオプションがかかってしまっては意味がありません。凝った動画にする必要がなくシンプルな動画でよい場合には、基本料金の安い制作会社でも十分だと思いますが、せっかく動画を作るならよいものにしたいですよね。提示された料金のなかに、どの工程まで含まれているのか、どんなものがオプションになるにか、ということをしっかりと確認しておくことが大切です。

・修正に無料で応じてくれる

仕上がった動画がイメージと違ったり、センスのない動画だと感じてしまったりして、仕上がりに不満が出てしまうことは少なくありません。このような場合でも、「打ち合わせを行い確認した上で制作したものだから、修正にはオプション料金がかかる」と言われてしまうことがあります。

しかし、動画が仕上がってから編集して欲しい部分やミスがあった場合には、無料で修正してくれないと困ってしまいますよね。通常であれば、納品の前にミスがないかといったことをチェックしてもらえるはずですが、コストを削減した結果これが行われず、ミスがそのままになってしまうこともあるのです。納品の前に編集者や担当者の目でしっかりとチェックしてもらうことができるのか、ということも確認しておきましょう。

修正して欲しいときに修正に応じてくれない、修正にオプション料金がかかる、といった制作会社に依頼するのはおすすめできません。制作会社によっては、納品から数カ月は無料で修正を行ってくれるところもありますので、そのような制作会社を選ぶのがよいでしょう。

■動画制作を依頼する際の「破格の安さ」に注意

例えよい制作会社であってもあまりに破格の料金であれば、やはりそれ相応の動画になってしまいます。費用が安いということは制作会社にとっては利益が少なく、そんな動画に時間と手間をかけて制作することは物理的にできません。また、ある程度のヒアリングはあっても、依頼された会社それぞれに合わせた動画というよりは、フォーマットに当てはめて制作するような方法になると思います。編集も高いクオリティーのものを求めるのは難しいかもしれません。動画制作には、制作会社の企画力、提案力、撮影や編集技術がとても大切になります。安さだけにとらわれず、より効果の高い動画を作ることのできる制作会社を選ぶことが大切です。

■動画制作の費用を安くする方法

・データを動画にする

これまでに作成したことのあるパンフレットやチラシなどのデータを動画にすることで、費用を安くすることができます。静止画を使った動画だとクオリティーが下がってしまうイメージがありますが、スライドショーのようにただ流すだけでなく、それぞれの写真を組み合わせたり動かしたりテロップを入れたりすることで、クオリティーの高い動画を作ることができます。既存のデータを使用するので、打ち合わせや制作期間も短く仕上げることができるのもよいところです。

・自分で撮影をする

撮影を自分で行うことで費用を大幅に抑えることができます。自分で撮影となるとなかなか難しい気もしますが、近年では素人でもきれいな写真や映像を撮ることのできるカメラも数多くあり、思っているよりもよいものが撮れるでしょう。友人や同僚の中にも、趣味でカメラを持っている方は意外と多いのではないでしょうか。ビデオ映像が難しい場合には、写真でも大丈夫です。そのデータをプロの編集者に預け、よい動画にしてもらうことができます。

また、「編集は自分で行うから撮影をお願いしたい」という場合にも、制作会社に撮影だけを依頼することで費用を抑えることができます。カメラマンがプロの機材で撮った写真やデータはやはり格が違います。撮影をプロに依頼することで、素晴らしい映像や写真を撮ってもらうことができるでしょう。

動画制作はたくさんのスタッフが必要になるサービスです。そのため、人件費が多くかかりその分費用も高くなってしまいます。制作会社が行う工程のひとつでも自分たちで行うことができれば費用もずっと抑えることができるのです。

・自分で撮影をする際のポイント

自分で撮影をする際に気を付けるポイントは、三脚を使うこととカメラを動かさないことです。写真の場合なら大丈夫ですが、動画を撮る場合には必ず三脚を使って撮影しましょう。手で持った状態で撮影をしてしまうと、動画にした時に手ぶれが気になる動画になってしまうことが多いのです。また、カメラを頻繁に動かしたりズームを多用したりしてしまうと、とても見づらい動画になってしまうので注意しなくてはいけません。

近年では、無料動画編集アプリもたくさんあり、これらを活用することで誰でも編集を行うことができると思います。このように、制作会社に依頼する工程と自分で行う工程を作ることで、費用を抑える企業はとても増えてきています。

・全部自分で作るのはどうなのか

ここまで聞いていると、「全部自分で作れるのかもしれない」と思う方も中にはいるかもしれません。しかし、素人とプロとでは仕上がりに大きな差ができます。制作会社は動画制作のプロですから、企画や撮影、編集といったすべてにおいて視聴者の目線で的確に動画を作ります。また、制作会社に依頼することで、自分では思いつかないようなアイディアや編集に驚くことも多いと思います。費用だけを考えるのであれば自作でもよいかと思いますが、よりよい動画を作りたい場合にはやはりプロに依頼するのがよいですね。

■動画制作の打ち合わせは最小限で行う

人件費がかかればかかるほど費用は高額になってしまいます。そのため、打ち合わせや修正の回数を最小限にすることが重要なのです。しかし、少なくしたことで自分のイメージや要望を全く聞いてくれなくては、よいと思える動画を作ることができず困ってしまいます。一回一回の打ち合わせを濃いものにし、担当者とイメージやよい動画と思えるセンスを共有できることが大切です。

そのためには、事前に制作会社のホームページなどにある実績動画を確認しておくことが大切です。自分とセンスの合わない編集者に、自分のイメージしている動画を伝える作業はとても大変なことです。予定していた回数よりも打ち合わせが多くなってしまい、オプション料金がかかってしまうこともあるかもしれません。自分がよいと思える動画を制作した制作会社や、その動画の編集者に依頼することで、打ち合わせがスムーズかつ自分のイメージにあった動画を制作してもらえる確率が高くなるでしょう。

■動画制作の目的を明確にする

動画を作る目的を明確にすることで費用を安くすることができるのです。例えば、ホームページに載せるための動画を作るとします。ホームページには、会社や商品の情報が既にたくさん書かれていますよね。そのため、動画内で会社のさまざまな情報を取り入れた長い動画を作る必要はありません。会社や商品の情報を知るためのきっかけにするための動画にしたり、特に紹介したい部分をピックアップしてその部分だけを取り入れた動画にしたりすればよいのです。

また、携帯サイトでしか見ないような動画の場合には、小さい画面でしか見られることがないため、高画質カメラでの撮影はあまり意味がありません。このように、動画の目的を明確にすることで余分な費用を減らすことができます。長い動画を作る必要があるのか、高画質で撮影する必要があるのか、などということをもう一度見直すことが大切です。

■高額編集は一部分だけにする

動画制作は動画の長さや撮影方法、編集方法によって料金が大きく異なります。特に、複雑なアニメーションの場合には、制作にとても時間がかかるため料金が高額になってしまいます。このような場合にも、部分的にアニメーションを使用することで費用を抑えることができます。

これまでにない新サービスや商品の特徴など、動画の中には「特に伝えたい部分」があると思います。その部分にだけアニメーションを使用して、あえてアニメーションでアピールしなくても伝わるようなその他の部分は、高画質な静止画にするなどの方法で費用を大幅に減らすことができます。先述した通り、静止画はクオリティーが下がってしまうようなイメージがありますが、撮影方法や編集次第でとてもクオリティーの高い動画を作ることは可能です。高額なアニメーションを使いたい場合にはこのような方法がとてもおすすめです。

■まとめ:動画制作の費用を安くする方法

いかがでしたでしょうか?
動画制作の費用を安くする方法をご紹介させていただきました。

動画制作は動画によって効果がなければ意味がありません。動画制作はとても高額に思うかもしれませんが、費用対効果を考えるととてもコストパフォーマンスの高いものになるでしょう。

今回ご紹介したような工程の中に自分で行う工程を作ったり、余分な費用を削ったりすることで動画制作にかかる費用は大幅に安くすることが可能です。「動画制作をできるだけ安く依頼したい」とお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した様々な方法をお試しください。