ブログ

【急上昇動画】小学6年生がお母さんにDVDドライブを買ってもらうために作ったプレゼン映像

動画はプレゼン資料としてもよく使われます。
会社内のプレゼンはもちろん、営業マンの商談場面でも活用ができます。
動画は紙媒体や口頭では伝えにくい部分のカバーができ、訴求効果も生まれます。

そして、今やプレゼンは、会社だけのものではなくなってきているようです。

最近、「急上昇動画」として話題になっているのが、なんと・・・!
「小学6年生が母親にDVDドライブを買ってもらうために制作したプレゼンムービー」です。

この動画は、30秒ほどの動画で、プレゼン風にお母さんにDVDドライブをおねだりする内容です。
「自分がなぜDVDドライブを欲しいのか」「DVDドライブを買うことで自分が人気者になる」などを流行りのフレーズなどを使いまとめています。

本当に小学6年生が制作したかはわかりませんが、欲しいものをおねだるためにプレゼン動画を作ってしまうという発想が、はてなブックマークやTwitterなどで絶賛するコメントが多数みられています。

「小学6年が母さんにDVD」と検索すると、もうすでにたくさんの人がこの動画に対し、ブログなどで話題にし、この動画にリンクをしていることがわかります。
このように、ちょっとしたきっかけで、動画を使いインターネットを利用することで、話題がどんどん広がっていきます。

企業でも是非、動画とインターネットを使った戦略を考えてみてはいかがでしょうか?

◇小学6年が母さんにDVDドライブを買ってもらうために行ったプレゼン(YouTube) ◇

動画は個人で制作することもできますが、ユーザに、より良い情報を伝えためには、動画製作会社に依頼するとよいでしょう。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>