ブログ

2020年東京五輪招致のプレセンのポイントはボディランゲージ

2020年東京五輪招致にむけ、日本では、 プレゼンテーションに力を注いでいます。

そのプレゼンテーションでは、体操女子の田中理恵選手やフェンシングの太田雄貴選手が英語でスピーチを行っております。
そのスピーチの中で話題になり共通していることが、明るく、力強く、手振り身振りボディランゲージを交えたスピーチです。
このスピーチで、現在、国際オリンピック委員会に良い印象を与えているといわれています。

日本人は ボディランゲージをしながら話すことは苦手といわれていますが、 話にジェスチャーを交えることで、聴衆に印象強くアピールすることができるといわれています。
メラビアンの法則によると、

話の内容などの言語情報が7%、

口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、

見た目などの視覚情報が55%の割合である

とも言われています。

このように、人は視覚から多くの情報を得ているので、プレゼンテーションの中で強調したいメッセージ・キーワードを伝える際にジェスチャーを組み合わせることで、視聴者の残りやすくなります。
また、視覚からの変化を与えるために、 アメリカの大学でのプレゼンテーションでは、Youtube動画を合間に使ってプレゼンテーションすることがよくあるそうです。

これは、商品などを訴求する時も同じで、文字や写真だけで訴求するより、動画を使って、手振り身振りボディランゲージを加えながら、 商品をアピールすることで、訴求効果があるといわれています。
また、商品動画のもう一つのメリットとして、ソーシャルメディアとの親和性の高さがあげられます。
ユーザは、自分が知った有益な情報を、他のユーザと共有する傾向があります。
特にソーシャルメディアは、商品動画を共有するためのツールとして最適です。
よって、商品動画の再生プレイヤー上にソーシャルメディアへのリンクボタンを用意しておくことで、商品動画を共有する上で非常に高い効果が見込めます。

あなたも是非、動画利用して、顧客集客をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事(東京オリンピック(東京五輪)最終プレゼンのスピーチが勝因 田中理恵が英語でPR(2020年東京五輪招致 プレセン)


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>