ブログ

360度動画の基礎知識とそのメリットとは?

インターネットが普及し、多くの人が動画を見る機会というのが増えてきています。
例えば動画サイトだけではなく、SNSでも動画が見られるようになってきているのです。

そんな中で、企業が動画を活かした「動画マーケティング」に取り組んでいるところもかなり増えてきています。
しかし、動画マーケティングが増えてきているということは、同業者の動画広告に対して一歩抜きん出たものを作らないとインパクトを与えられない可能性があります。

そこで利用したいのが360度動画です。
360度動画は「自分の意思で動かせる」というアクションが加わることにより、通常の動画よりもインパクトを与えられます。
今回はそんな360度動画の基礎知識とそのメリットについてご紹介していきましょう。

■『360度動画』とは?

そもそも360度動画とはどういったものなのか、基本的な部分を知っておくことも大切です。
360度動画とは、視聴者側が動画を見る際に視点を自由に切り替えることができる動画で、一度に360度全方向からのアングルを見ることができる動画を指します。

普通の動画はカメラが撮影した一つの視点でしか物事を見ることはできません。
そんな動画にとって「当たり前」だったことを壊したのが360度動画と言えます。

360度動画は基本的に自分の視点を動かせるということなので、一度再生しただけでは他の方向からの視点から見える映像を確認することはできません。
そのため視聴者はもう一度見てみようとします。
すると、一人当たりの再生数を増やすことができるので、再生数を伸ばすことにもつながるのです。

また、360度動画はパソコンのみに対応しているわけではなく、スマートフォン操作でも360度視点を切り替えながら視聴することは可能です。
360度動画はこうした理由から最近様々な企業が動画マーケティングとして取り入れられています。

■VRコンテンツと360度動画の違い

近年はVRコンテンツも増えてきています。
VRを活用した動画は、まるで自分が違う空間に飛び込んだような不思議な体験をすることができ、360度動画よりもインパクトは強いと言えます。

しかし、まだまだ動画として普及されていないばかりでなく、VRコンテンツを楽しむにはヘッドマウントディスプレイが必要です。
家庭では簡易的なヘッドマウントディスプレイのキットによってスマートフォンから手軽にVRが見られるようになってきましたが、やはり完全に普及したとは言えない状況となります。
このことから、360度動画はVRコンテンツに比べてマーケティングとしてはメリットの大きいものであることが分かります。

■360度動画を取り入れるメリット

360度動画の魅力と言えば、視聴者の操作で視点を動かせる点でしょう。
自分が向いている位置によって視点が変わるので、右を向けば右側の景色を見ることができ、左を向けば左側の景色を見ることができるのです。
パソコンやテレビとは違った視点によって動画を見られることが最大の魅力となっています。

そんな360度動画を取り入れることで企業にはどういったメリットがあるのでしょうか?
メリットを上手く活用することで効果を高めることができると予想されるので、360度動画のメリットについて解説していきましょう。

■360度動画であれば印象に残る広告となる

静止画よりも動画の方が視界に入りやすいので、近年は多くの企業で動画広告が取り入れられていますが、360度動画であれば視点の変更も可能となるので、さらに印象に残る動画を作成することができます。

静止画であれば文字を読む必要も出てくるので面倒に感じることもありますが、360度動画であれば音声があるので見るだけでアピールしたいポイントを視聴者に伝えることが可能です。

また、視点を変えることで見える景色に違いがあります。
視点を変えれば違った見方ができるため、視聴を繰り返すことにもつながりやすいと言えるでしょう。
文字だけではどういった商品なのか伝えにくい場合でも、360度動画であれば手軽に商品についてアピールすることが可能です。

■使用したイメージを伝えやすい

広告で重要なことと言えば、商品のイメージやメリットを見た人にわかってもらうことになります。
静止画であれば写真と文字だけとなってしまうので、商品やサービスの魅力を最大限に引き出すことができない可能性もあるのです。

ですが、360度動画では実際に商品を使用しているイメージを残すことができるので、イメージのズレを削減することが可能となるのです。
また、視点を変えることで実際に自分が使用しているような感覚になり、リアルさを表現することができます。

■興味のない人にも見てもらえるチャンスが増える

サービスや商品に興味のない人にとっては、パンフレットなどの静止画の広告を見てもらうのは難しいとされます。
興味がなければ見ることも面倒となるので、新規の顧客を手に入れることは難しいのです。

ですが、360度動画であれば映像が動くだけではなく視点を変えて動画を見ることもできるので、例え商品やサービスに興味がなくても見てもらえるチャンスを作れるだけではなく、興味を持ってもらうことにつながるのです。
そのため、動画には商品に対して無知であったとしても興味を引く内容をたくさん盛り込むことが大切となるでしょう。

■言葉がわからなくても見てもらえる

文字であれば、書いてある言語がわからないと商品名やサービス名がわかったとしても、内容を知ることができません。
ですが、360度動画で興味を引くことで例え言葉がわからなくても動画で情報を伝えることができるのです。

そのため、外国人や漢字を読むことができない子どもであっても動画を見るだけで商品やサービスの特徴をイメージすることが可能となるのです。

■テレビCMと比較してもメリットが多い

動画広告というとテレビCMを思い浮かべる人も多いでしょうが、近年はテレビCMから動画広告へ変更する企業が多いと言われています。
その理由としては、動画広告を流す場所や時間、期間が限られないことやスポンサー費用がないことのほか、若年層にもアプローチしやすいことが挙げられます。

テレビCMであればテレビでしか流すことができませんが、360度動画であればYouTubeやFacebookなどにも対応しています。
テレビ離れが増えている時代なので、スマートフォンを活用して動画を視聴できることは大きなメリットと言えるでしょう。

また、スポンサー費用や資料コストを削減できることも魅力的です。
パンフレットやチラシであれば、紙代や印刷代が必要となるので、意外にも多くのコストが掛かってしまいます。
ですが、360度動画であれば動画をアップするだけで様々な場所で利用でき、シェアを続けることでさらに拡大していくのです。

さらに、サービスを行っている店内や商品を販売している店舗やブースで動画を流すことで商品をアピールすることも可能です。
この場合360度動画を体験してもらったり、パノラマ動画にして全員に見やすいようにしたりするなどの工夫が必要となります。

■スマートフォンを活用することで若年層にもアピールしやすい

360度動画は上記でも紹介したようにYouTubeやFacebookにも対応しており、スマートフォンを利用しても視聴できるので、手軽に楽しめる魅力があります。特に若年層であればSNSを利用する人が多いので、商品やサービスをアピールしやすいでしょう。

360度動画にインパクトがあれば、若者の記憶にも残りやすく他の人にも見せたいと感じさせることでシェアされることもあるのです。
シェアとは自分以外の人にも動画を共有して広めることができ、拡散させることでより多くの人に動画を見てもらうことができます。

誰か1人でも興味を持ってもらえば、多くの人に見てもらえるチャンスが増えるので、360度動画の内容にさらなるインパクトを与えることが大切となるでしょう。

■360度動画を作って投稿するには?

360度動画というと、難しい印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は意外にも手軽に作れてしまいます。
どのように作れば良いのか、また投稿するにはどうすれば良いのか、ご紹介していきましょう。

■360度動画の撮影方法

まずは360度動画の撮影方法からご紹介しましょう。
手軽に撮影できるというのは、360度撮影に対応したカメラが既に発売されているためです。
様々な特徴を持った機種が発売されているので、それぞれの特徴を交えながら解説していきます。

・Gear 360

スマートフォンなども制作しているSamsung社が開発したGear 360は、Galaxyとでしか連携できないというデメリットはあるものの、本体はとても軽量で、さらに4K動画の撮影も可能という魅力を持ったカメラです。
機能としても通常の録画モードだけではなく写真撮影ができるモード、人気のタイムラプス動画が撮影できるモード、動画のループモードなどが備わっています。

・RICOH THETA S

複合機やレーザープリンタ、デジカメなどの製造を手がけるRICOHのTHETA Sは、薄型設計となっており持ち運びにも便利なカメラです。
本体を起動させてから360度動画を撮影する方法の他に、専用アプリをスマホにダウンロードさせ、カメラとスマホをWi-Fiでつなぎ、スマホから遠隔操作で起動させて撮影する方法もあります。
画質もかなり綺麗ですし、パソコンで撮影した動画を閲覧可能な形式に変換させることで動画サイトに投稿することも可能です。

・GoPro

アクティブなシーンの撮影に向いていると言われるGoProでも360度動画の撮影は可能です。
GoProを活用する場合は、カメラ本体を6台使用し専用リグでつなぎ合わせることで撮影することができます。
あとはリモートコントローラーを用意して、全てのカメラの電源を入れて再生ボタンを押せば撮影となります。

・Giroptic iO

Giroptic iOは、360度動画をはじめ、360度のライブ配信やSNS投稿なども行えるiPhone専用カメラです。
スマートフォンに取り付けて専用のアプリをダウンロードしておけば、YouTubeやFacebook以外にもTwitter、Instagramなどに投稿することもできます。
iPhoneに取り付けることからかなりコンパクトであり、それでいて器用な働きをしてくれます。

・LG 360 CAM

LGの360 CAMは、2Kで360度動画やパノラマ写真が撮影できるカメラです。
スマートフォンを活用すれば現在カメラを使って撮影しているものを、リアルタイムでチェックすることができます。
デュアルワイドアングルの1300万画素という高画質なレンズでの撮影は、絶景ポイントでの撮影にも適しています。

■動画を投稿するには?

動画の投稿は投稿したいサイトによっても異なります。
Facebookに360度動画を投稿したい場合は動画を作成してからすぐにアップロードの設定に入りますが、YouTubeの場合は専用のアプリかPythonスクリプトを使ってメタデータを付与しなくてはなりません。

メタデータとは動画に入る情報のことで、これを認識させることで動画サイトが360度動画と認識してくれます。
そうでないと普通の動画が投稿されてしまうので気を付けましょう。

アプリを利用する場合、ダウンロード後にZIPファイルを解凍し、「Spatial Media Metadate Injector.exe」を開きます。
すると、画面が立ち上がり「Click Open to open your 360 video.」と書かれているので、その下にある「Open」を押しましょう。

Openを押すと今度はファイル選択の画面になります。
そこで撮影した360度動画を選択しましょう。
ただし、注意点として.mpgの拡張子になっていると表示されず、それをmp4に直したとしても反応することはありません。

あとは「Inject metadata」をクリックし、新たなmp4ファイルが出現するので、そちらをアップロードすれば完成です。
つい、忘れてしまいがちなメタデータの付与ですが、YouTubeにアップロードする際は必ず行うようにしましょう。

ちなみに、Facebookで投稿する場合は対応する機材で撮影した場合は、普通の動画と同じようなアップロードでも360度動画をしっかり投稿することができます。
ただし、メタデータを付与していないカメラで撮影した場合は、アップロードの詳細設定から「360度フォーマットで撮影されています」の項目にチェックを入れてから投稿するようにしましょう。

360度動画は、意外にも手軽に取り入れやすい動画マーケティングに手法でもあります。
普通の動画を撮影してマーケティングを行なっていたという方も、ぜひ360度動画に注目してみましょう。

また、360度動画を活用することで様々なメリットが得られます。
これらのメリットは企業にとってもかなり活躍し、自社の商品やサービスを多くの人に広めることができるでしょう。
動画広告をこれから取り入れてみたいという方も、様々なメリットをマーケティングで得るためにぜひ360度動画を活用してみてはいかがでしょうか?


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>