GJCの『動画広告運用サービス』
動画広告作成から運用まで、ワンストップでご提供いたします

動画広告youtubeのtrueview,フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどの制作から運用まで対応します。

動画広告の種類や特徴、具体的に導入した時のメリットやデメリットについてもご説明します。

動画広告は配信して終わりではなく、効果検証をしっかり行い、 キャンペーン効果をさらに高めるための
映像・動画の最適化を図っていくことが特に重要です。



まずは、弊社モニターの動画広告実績をご覧ください!

 


 

もうすでに、時代の先端を走る企業が動画広告サービスを導入し始めています。


 

 

2012年4月にGoogleが「動画広告向けAdWords」を開始しました。

それが、動画広告の「True View」です。


YouTubeとGoogle AdWordsの管理画面およびGoogleディスプレイネットワークの履歴情報が統合されたため、それぞれの情報を活かすことでより管理の利便性が高く、確度の高いターゲティングが可能になりました。

 

ユーザのキャッシュに合わせ動画広告が配信されます。

 

 

SNS事業やモバゲーを制作している「GREE(グリー)」は、スマートフォン向けリワード広告「GREE Ads Reward」に動画機能を追加した新サービス「GREE Ads Video」を、2013年4月に開始しました。

 

これにより、広告主はグリーのプラットフォームを活用することで動画を使ったリワード広告を容易に導入可能になり、アプリケーションや製品を表現力の高い動画を使って紹介することが可能となりました。

 

ユーザは、これまで以上に製品の特徴を立体的に味わいながら自分のニーズに合致する商品を発見することができるようになりました。


 

 

Twitter Japanは2013年7月、広告入り動画ツイートを日本国内で初めて実施しました。


テレビ朝日が中継したプロ野球オールスターゲームの放送前に選手のインタビュー動画を広告とともにツイッター配信し、興味があると思われる人のタイムラインに表示しました。

 

今後もツイッターを活用した動画広告が増加していく傾向です。

 

 

FaceBookは現在、携帯端末向けサービスで、ユーザーのニュースフィード上に自動的に流れる動画をテストしています。

 

世界で10億人以上が利用するFaceBook上で、テレビCMのような採算性の高い動画広告を展開する狙いがあるとみられています。

 

2013年9月12日にFaceBookブログに掲載した情報によると、現在テストが行われている動画は、最初は音がせずにニュースフィード上で再生され、ユーザーがタップすると全面表示され、音も聞こえてくるというものです。

 

テストと検証が終了次第に動画広告を導入する予定だそうです。

 

 

 

マーケティングを学んでいる方であれば、周知の事実ですがアメリカのマーケティング手法が日本に数年遅れてくるのは確実な流れです。

 

動画広告ももちろん例外ではありません。

 

やはり日本でもこんな傾向が・・・


 

 

YouTubeやニコニコ動画、ユーストリームなどの登場でインターネット上でユーザーが動画を視聴する環境が急速に整ってきています。

 

インターネットの普及と高速化や、動画視聴・配信サイトのコンテンツの充実により、若年層を中心に、動画コンテンツを視聴するメディアが、テレビからインターネットへと移り変わってきています。

 

最近の調査では、近い将来テレビの視聴時間をパソコンやスマホの視聴時間が上回るとの予測も出ています。

 

 

YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトや、レンタルショップやテレビ局などが運営する動画配信サイトなど、インターネット上で動画コンテンツを視聴・配信するサービスが増加し、ネット上での動画視聴が当たり前になってきています。

 

今後もテレビ以上に、インターネットで動画や映像を見る人たちは、年齢性別問わず、増えていく傾向になっていきます。

 

 

LTEの普及やスマホ・タブレットの大画面・高画質化により、スマートフォンやタブレットでの動画視聴が身近になっています。

 

ある調査では、約8割の人がスマホで動画サービスを視聴したことがあり、半数以上の人が週に1回以上利用していると回答しています。

 

 

WEB広告成長率トップクラス

アメリカのWEB動画広告市場は、2013年に4,000億円を軽く突破!

 

これが2019年には約1兆2000億円市場に成長すると予測されています。

もしくはそのペースを上回ることもありえます・・・!!


 

 

検索広告や純広告やバナー広告など多数のインターネット広告がある中で近年動画広告他のインターネット広告を寄せ付けない勢いでシェアを拡大しています。


拡大し続ける理由は、動画広告枠が圧倒的増え、更に動画広告の可能性に気付きやめる人が少ないから。
現在、WEB動画広告の成長に迫るWEB広告のライバルは見当たりません。


 

 

あなたがマーケティング担当者であれば、今会社のビジネスに最もインパクトを与えられる広告は何かありますか?
思い当たらないなら、この上のグラフを参考にしてください。

 

調査会社eMarketerによる各マーケティング担当者へのあるインタビュー調査では、半数近い人が「もっとも高い成長を遂げる広告手法」として動画広告をあげています。

 

また、アメリカのオンラインビデオ広告費は41億4000万ドルから、2019年には80億4000万ドルへと急速に増加すると見られています。 (PC・モバイル合計)

 

 

如何でしょうか。

 

これからも動画広告を掲載する企業は増え続け、動画広告の市場は広がり続けます。

そして動画を持っている一部の企業がうまみのある広告を出し続けます。

 

あなたはいつ動画を制作して動画広告に参入しますか?

 

 

 

 

広告に接触したユーザーへの調査で、「動画広告を確かに見た」と答えた人は「静止画広告を確かに見た」と答えた人の

 

1.7倍!!

 

動画広告の方が、ユーザーの記憶に残りやすいという結果が出ました。


 

 

 

広告で訴求されている内容を覚えているユーザーの割合は、バナー広告を見た人に比べて、動画広告を見た人の方が、

 

2割程度高い!!

 

動画広告の方が広告の訴求内容の認知を高めます。(電通・ディーツーコミュニケーションズ調査より)


 

 

 

ブランドへの好感度が高まったユーザーは、動画のない広告に比べて動画付き広告の方が5倍多い結果です。

 

動画付き広告の方がブランドへの好感度を高める効果が高い。

(参考:The Brand Value of Rich Media and Video Ads by doubleclic)


 

 

 

広告接触後6ヶ月以内にサイトに訪問したユーザーの割合はバナー広告に比べて動画広告の方が3割以上高い結果です。

 

動画広告はユーザーをサイトに連れてくるのが上手いようです。
(参考:Affluent Consumers in a Digital World by iab)


 

 

 

動画広告は優秀な営業マンです。

 

しかも24時間働き、無給で文句も言わず、あなたの製品、サービスの特長を的確にユーザーに伝えます。

 

広告接触後6ヶ月以内にその商品を購入したユーザーの割合は、バナー広告に比べて動画広告の方が2倍以上高い結果です。

 

動画付き広告の方が商品の購入率を高める。
(参考:Affluent Consumers in a Digital World by iab)   

 

如何でしょうか。

 

これからも動画広告を掲載する企業は増え続け、動画広告の市場は広がり続けます。

そして動画を持っている一部の企業がうまみのある広告を出し続けます。

 

あなたはいつ動画を制作して動画広告に参入しますか?

 

 

 

 

動画サンプル


クリックすると説明映像が見れます

 

True Viewは、Google AdWords の動画版
クリック単価制(PPC)で、広告がクリックされた場合のみ料金が発生!!

出典:Official YouTube Channel [Advertise]

 


 

 

 


 

 

 

動画サンプル

クリックするとサンプル映像が見れます

テレビCMは審査や制限が多く15秒や30秒といったフォーマットが決まっていますがTrue View広告は必要な時に必要な長さで伝えられます。


 

 

TVCMは録画機能によるCM削除や視聴中も他チャンネルに変えられる機会が増えています。

 

しかし、True Viewは5秒間で視聴者は必要が無ければスキップします。

 

逆にTVCMと違い、5秒間は確実に見てもらえます。


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

動画広告は、応用範囲が非常に広いので認知拡大やブランディングにも効果的で、サイトに誘導して成約獲得を狙うことも可能です。


あなたが動画広告で何をしたいのか、そして、その目的のために、動画にどんな役割を持たせるのかを予め明確にしましょう。

 

 


 

 

YouTubeユーザーが最も目にするインストリーム広告は、ユーザーが広告をスキップしようと準備しています。

 

あなたは、そんなユーザーにあなたの最高の商品、サービスを伝えなければなりません。


5秒間が勝負です。


5秒間で相手がスキップを忘れて、続きを見てしまう仕掛けを作りましょう。

 

動画サンプル
動画サンプル
動画サンプル
動画サンプル

 

 

 

YouTube広告には動画の長さの制限はありません。


ただし、一般的にWEB動画の場合30秒~1分で半数以上の視聴者が離脱すると言われています。

 

とはいえ、短ければ良いというものでも、長いとダメというわけでもありません。

 

何をどう伝えるかによって、短さも長さも、どのように使うかを計画的に設計する必要があります。


大切なことは、「必要な情報を必要な分だけ伝える」です。

 

動画サンプル
動画サンプル

 


 

 

True View のフォーマットは4種類。

 

その中でも「インストリーム」がもっとも動画広告に適しています。

 

 

 

ユーザが視聴しようとしている動画が開始される前に、表示される動画広告です。

 

ユーザは、広告が 5秒間表示された後、スキップして見たい動画コンテンツを見るか、あなたの広告の続きを見るかを選択できます。

メリット

 

  1. ・最低5秒間は必ず広告を見てもらえる
  2. ・興味ジャンルに合わせて配信出来るので、興味の近いユーザーの潜在ニーズに合わせてリーチが出来る

 

 

 

 

3つの工夫でお客さんを無理なくサイトに連れてきます。

 

  1. 動画広告の下に表示される「オーバーレイ広告」
  2. 一度興味を持ったユーザを再度追跡し、広告を流す「リマーケティング機能」
  3. 動画広告で、サイト検索の上位表示

 

 

 


 

 

YouTubeの動画広告は、リマーケティング機能を持っています。


リマーケティング機能とは一度あなたの広告に興味を持ったが、成約しなかったユーザーに対して何度か追跡して広告する機能です。


一度興味を持った広告を何度か見る度に、興味が湧き、結果成約率が高くなります。

 

 


 

 

動画広告内で、サイト検索での上位ワードをしっかり訴求することで、ブランドネームからのサイト誘導も可能です。

 

 

 

 

 

YouTube広告が比較的高い効果を上げやすいとはいえ、常に最上の反応率を目指す努力は必要です。


その為には、日々テスト、テスト、テスト・・・


ユーザーに合わせた細かい設定変更を繰り返しながら動画広告の最適化を行ってください。

 

 


 

 

どんな素晴らしい内容の動画でも、時期やニーズ、市場の変化で反応率は変わってきます。


動画の持つ情報量は膨大ですので、常にあなたのビジネスに最適にマッチした情報に更新する必要があります。


常に動画をピカピカに磨いてください。

 

簡易修正は無料で行います。

 

如何でしょうか。

 

これからも動画広告を掲載する企業は増え続け、動画広告の市場は広がり続けます。

そして動画を持っている一部の企業がうまみのある広告を出し続けます。

 

あなたはいつ動画を制作して動画広告に参入しますか?

 


 

動画広告運用プラン

●限定10社まで初期設定費用 50,000円 → 0円 無料
●月1回のレポート提出・改善提案、設定変更 月額 29,800円(税別)


Youtube広告 True view以外でも
Facebook動画広告の運用も合わせて希望の方は半額の別途14,900円(税別)で対応致します。

動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>