News新しいコラムを更新しました。【youtube広告】TrueViewディスカバリー広告とは?メリデメや費用、特徴について解説

インターネットで動画を共有できるYouTubeは、世界中の人たちが視聴しています。
そのため、YouTube広告を活用すれば目的に合わせた効果が期待できる可能性が高まります。
ただし、YouTube広告といっても種類がいくつかあり、TrueViewインストリーム広告やTrueViewアクション広告、アウトストリーム広告やオーバーレイ広告などが存在します。
どの広告を活用すれば認知獲得や購入促進が期待できるのか、悩まれる企業の方々も多いでしょう。
そこで、今回は興味を持ったユーザーに訴求できる「TrueView ディスカバリー広告」についてご紹介していきます。
動画の特徴やメリット、デメリットに加え、費用や設定方法など、掲載するにあたって気になる点を詳しくご紹介していくので、YouTube広告を検討している企業の方々は参考にしてください。

TrueViewディスカバリー広告とは?

種類あるYouTube広告のなかでも、TrueViewディスカバリー広告とはどういった特徴を持っているのか、まずは解説していきましょう。
TrueViewディスカバリー広告は、TrueView広告のひとつで特に購買につながりやすい特徴を持っています。
TrueView広告でも、TrueViewインストリーム広告やバンパー広告は視聴したい動画に差し込まれる形で広告がアップされますが、TrueViewディスカバリー広告は、広告の文章を読んだユーザーが興味を持った場合のみクリックされます。
興味がなければクリックされず広告の再生も行われないため、より購買意欲のあるユーザーに広告を視聴してもらうことができます。
また、どの程度の長さの広告が掲載できるのか気になる方もいるでしょうが、TrueViewディスカバリー広告は再生時間に制限がないことも特徴です。
多少長い広告でも、興味を持ったユーザーが視聴するため最後まで視聴してもらえる可能性が非常に高いです。
しかし、魅力を感じてもらえなければ途中で視聴を中止されるケースもあるため、訴求効果の高い広告を制作する必要があるでしょう。

TrueViewディスカバリー広告のメリット・デメリット

ここからは、TrueViewディスカバリー広告にどんなメリットやデメリットがあるのかをご紹介していきます。

$メリット$

まずは、TrueViewディスカバリー広告を活用する上で企業はどんな魅力を得られるのか、解説していきます。

・関心のあるユーザーに視聴してもらえる
YouTube広告の中には、動画を観ている最中に強制的に再生されるインストリーム広告もありますが、TrueViewディスカバリー広告は、ユーザーがクリックをしない限り再生されません。
そのため、興味を持ったユーザーにしか視聴されないのです。
関心のあるユーザーに視聴してもらえるため、購買につながる確率が高いです。

・チャンネル登録者数を増やせる
TrueViewディスカバリー広告は、広告が再生されるとYouTube動画の再生回数も1回カウントされる仕組みです。
動画に魅力を感じれば、他の動画も観てくれる可能性があるでしょう。
気に入ったものが多ければチャンネル登録をしてくれる可能性もあるため、ファンを増やすことにつながります。

・コスト削減に期待できる
広告を掲載したくても費用を気にしてしまう企業の方々も多いはずです。
多くの費用がかかってしまえば、掲載を諦めてしまう方もいるでしょう。
しかし、TrueViewディスカバリー広告はクリックされない限り広告費用が発生しません。
クリックされなければコストはかからないので、費用を抑えながら広告を掲載できるでしょう。

$デメリット$

次に、TrueViewディスカバリー広告が持つ欠点をいくつかご紹介していきます。
リスクを抑えるためにも、事前に把握しておきましょう。

・クリックされないケースもある
購入意欲の高いユーザーに訴求できるTrueViewディスカバリー広告ですが、クリックされなければ広告は再生されません。
「広告だ」と分かるだけで避けるユーザーも中にはいるので、広告を苦手とする層のユーザーにも興味を持ってもらえるような広告を制作する必要があるでしょう。

・訴求はテキストと画像のみ
広告を観てもらうためにはテキストと画像で、魅力を伝える必要があります。
興味を持たれないようなテキストや画像では、クリックされる可能性は低いです。
いくら関心のあるユーザーであっても、魅力を感じなければ広告はクリックされません。
パッと観ただけで思わず興味を得られるようなテキストと画像が作れればクリックされる可能性は高まります。

・審査がある
TrueViewディスカバリー広告を掲載するには審査に通らなければいけません。
最短でその日に審査が終了する場合もありますが、中には審査に数日かかるケースもあります。
広告を制作する上で当たり前のことですが、審査を早く終わらせるためにも、規約やポリシーをしっかりと理解し守ることが大切でしょう。

多少のデメリットがあるTrueViewディスカバリー広告ですが、最初に理解しておけば、リスクを抑えることが可能です。
上記を参考に掲載を検討してみましょう。

TrueViewディスカバリー広告の掲載場所

次にTrueViewディスカバリー広告が掲載される場所を解説していきます。

1つ目はYouTubeで検索を行った際の検索結果画面です。
動画を視聴した時、検索バーを活用して検索を行います。
その際の結果に応じて画面上部にあるディスプレイ部分に広告が掲載されます。
例えば、ユーザーが「美顔器」と検索した場合、検索結果ページの上部に美顔器のおすすめ商品などが掲載される仕組みです。
「広告」と黄色く表示されるので分かりやすいでしょう。

2つ目は動画再生ページです。
スマートフォンでは再生画面の下、パソコンであれば再生画面の右側に広告が表示されます。
どのタイプも目に留まりやすい位置にあるので、魅力あるテキストや画像を制作できればクリックされる確率が高まるでしょう。

3つ目はモバイルアプリのトップページです。
YouTubeにはモバイルアプリが存在します。
スマートフォンやタブレットを活用してYouTubeを楽しむ人は多く、開いた時にユーザーに見やすい位置にあるのでクリックしてもらいやすいです。
たとえクリックされなかったとしても、表示されるだけで訴求効果を与えることもできます。

どの掲載場所もユーザーの目に留まりやすい特徴があります。
興味を示してもらえればクリックしてもらえるので、興味を持ってもらえるようなテキストや画像を作成し、商品やサービスの魅力を宣伝していきましょう。

続きはこちら >>

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact