新しいコラムを更新しました。スノーボード映像の世界 〜 映像で一攫千金が狙えたバブル時代 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

News新しいコラムを更新しました。スノーボード映像の世界 〜 映像で一攫千金が狙えたバブル時代

スノーボード映像の世界 〜 映像で一攫千金が狙えたバブル時代

GJCプロデューサーの鬼塚です。

今年の冬は雪が多いですね。
スノースポーツを楽しむ人にとっては良いシーズンではないでしょうか。

今回は、私が以前10年ほど関わっていた、スノーボード映像制作の仕事についてお話しします。
2000年代に巻き起こったスノーボードブームは映像バブルを産んだという話です。

17才からスノーボードを始めた私(現在46才)は、その魅力にどハマり。一時は長野県や北海道のスキー場の近くに住み、年間120日以上滑る生活を数年間していました。
(完全に遊び人に見えますが本人は真剣でした)

そんな経験もあり、カメラを持って滑れるスタッフを探していた制作会社に声をかけてもらったのがきっかけで、スノーボード映像の世界へ。
というか映像の世界へ入ったきっかけでもあります。

2003年、まだYoutubeなどの動画配信プラットフォームもない当時、ビジネスとして成立しているスノーボード映像には、主に下記の分野がありました。

・地上波やケーブル局などで放送されるテレビ番組系
・DVDなどでリリースされるビデオパッケージ系

私は、北海道と東北のローカルテレビ局で放送される30分の番組と、年に1度リリースされるビデオパッケージ制作の両方を制作。
(構成・撮影・編集を1人で担当してました)

中でもビデオパッケージは結構な市場規模のビジネスになっていました。
ここで言うビデオパッケージ とは、主に1シーズン撮りためたライディング映像をカッコよく編集して、VHSやDVDでリリースするものです。
(業界では滑ることをライディング、滑り手をライダーと言います。バイク乗りみたいですよね)

「レジャー白書2021」によると、2020年時点でのスノーボード人口は160万人ですが、最盛期の2002年はなんと540万人。
当時のスノーボード用品の市場規模も1,000億超という、まさにバブル時代でした。

続きはこちら >>

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact

無料相談・無料見積り依頼 資料ダウンロード(無料)