News新しいコラムを更新しました。企業のプロモーション動画の活用事例を紹介(活用事例・ハウツー系)

企業のプロモーション動画の活用事例を紹介(活用事例・ハウツー系)

現在、多くの企業が活用しているプロモーション動画は、マーケティング手法の定番となっています。
そこで今回は、プロモーション動画の魅力や活用事例、押さえておくべきポイントについてご紹介します。
動画制作を検討している人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

プロモーション動画とは?

そもそもプロモーション動画とは、商品やサービスの販売促進を目的としており、動画を通してその効果を高めるために有効な手段となっています。
テキストや画像だけの広告宣伝とは違い、映像や音声、テロップなど、表現方法が豊富であることから、情報を伝達しやすいとして多くの企業が取り入れているマーケティング手法です。
近年、インターネットが普及したことから、動画は私たちにとってより身近なものとなりました。
普段目にする機会も増えましたが、実際にプロモーション動画がどのような役割を果たしているか知らないという人も少なくありません。
そこで本記事では、映像や音声、テロップを使って情報を伝えるプロモーション動画の、メリットやデメリット、実際にどのように活用されているかについて詳しくみていきましょう。

メリット

では、プロモーション動画には一体どのようなメリットがあるのでしょうか?
以下では、動画を用いることで得られるメリットについてご紹介します。

短時間で多くの情報を伝えられる

静止画の場合、情報を伝える手段はテキストと画像のみですが、動画は映像や音声、テロップを使用できるため、短時間でより多くの情報を伝えられます。
視聴者は短時間で様々な情報を入手できることから、知りたいことや興味のあることがあれば、プロモーション動画を視聴する可能性が高いです。
また、工夫次第では視聴回数を伸ばすことも可能です。

需要が高まっている

スマートフォンやタブレットが普及した現代において、動画の需要は急速に高まっています。
以前まで動画を視聴する際にはパソコンを使用していましたが、現在はスマホで気軽に動画を視聴できるため、より多くの人々の目に触れるようになりました。
私たちにとって身近な存在になったからこそ、動画を用いた広告宣伝の需要が高まっているのです。

記憶に残りやすい

動画は視覚・聴覚に訴えかけることが可能であるため、人々の記憶に残りやすいことが大きなメリットとして挙げられます。
ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが提唱する「忘却曲線」によると、人間は文字を記憶してもその20分後には42%を忘れてしまうと言われています。
そして1時間後には、56%を忘れると言われており、時間が経つにつれほとんどの記憶を失くしてしまうのです。
しかし、アメリカ国立訓練研究所が提唱する「ラーニングピラミッド」によると、動画はテキストを活用したコンテンツと比較した際、記憶定着率が約2倍高いと言われています。
動画が人々の記憶に残りやすいことは、研究結果でもわかっているのです。
また、印象に強く残りそうなBGMやキャッチコピー、キャラクターを起用することで、より一層記憶に残りやすくなります。

続きはこちら >>

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact