新しいコラムを更新しました。2022年の動画トレンド「TikTok売れ」 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

News新しいコラムを更新しました。2022年の動画トレンド「TikTok売れ」

ソーシャルメディアのユーザーは日本国内でも非常に多いですが、世界的に見てもかなりの人数となっています。ソーシャルメディアというと、InstagramやFacebookをイメージする人も多いでしょう。この2つもユーザー数は非常に多くなっていますが、最近はTikTokのユーザーが爆発的に増えています。

企業もソーシャルメディアのアカウントを作り、商品やサービスに関する情報を発信し、売り上げを高めるための努力を地道に行っています。そのような中で、「TikTok売れ」という言葉を耳にする機会も増えてきました。今回は、「TikTok売れ」という言葉を生み出したTikTokの魅力や実際の事例についてご紹介します。

注目度が高いTikTok!その魅力とは?

TikTokは、15秒~1分ほどの短い動画を作成して投稿できるプラットフォームです。動画の再生速度やBGMなどを工夫することで、バズる動画を生み出すこともできます。ユーザーは10代~20代がメインとなっていて、利用者の数は日本国内でも900万人を超えている人気沸騰中のソーシャルメディアです。

そんなTikTokを使ったマーケティングが魅力的だと注目を集めています。まずは、その魅力に迫ってみましょう。

拡散力が高い

TikTokは、拡散力が非常に高いソーシャルメディアです。バズった動画は何度も視聴されたり、動画を視聴した後に行動を起こしたりしやすいのも、TikTokの特徴です。TikTokのおすすめ動画やトレンドに掲載されれば、さらに多くの人の目に留まりやすくなります。

動画を見て触発されたユーザーがハッシュタグをつけて他の動画を投稿すれば、さらなる拡散が期待できます。TikTokマーケティングのようなデジタルマーケティングは、ユーザーからの反応がとても重要です。ユーザーが行動を起こしてくれれば拡散力が高まって商品の購入やサービスの利用を促すことになり、会社の利益にもつながります。

続きはこちら >>

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact

無料相談・無料見積り依頼 資料ダウンロード(無料)