新しいコラムを更新しました。2022年の動画トレンド「Youtubeショート動画」 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

News新しいコラムを更新しました。2022年の動画トレンド「Youtubeショート動画」

Youtubeショートは2020年9月からYouTubeに新しく追加された機能です。この機能は、YouTubeチャンネルを持つ企業にとって有益なものですが、役割やメリットを理解していない人も多く見られます。

せっかくYouTubeチャンネルを運用しているなら有効活用するためにもYoutubeショート動画について理解を深めていきましょう。今回はYoutubeショート動画の特徴や導入によるメリット、作成する時のコツをご紹介していきます。

そもそもYoutubeショート動画とは?

Youtubeショート動画は、スキップや無視されることがないという理由から注目が集まっています。視聴者数は月間で15億人を超えているため、多くの人の目に自社製品やサービスが触れる絶好のチャンスになり得るでしょう。まずは、そんなYoutubeショート動画がどのようなものか、TikTokやInstagramのリールと比較しながら解説していきます。

Youtubeショート動画の特徴

Youtubeショート動画は、60秒までの動画を投稿できるサービスです。従来のYouTube動画は横画面表示の動画がメインですが、YouTubeショート動画の場合は縦画面が前提となっています。スマートフォンなら全画面表示で再生することも可能です。

スクロールすると次の動画へ切り替えられるため、興味がない動画からすぐ離脱することもできます。編集も簡単で、動画投稿も負担に感じにくいです。

続きはこちら >>

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact

無料相談・無料見積り依頼 資料ダウンロード(無料)