ブログ

ドキュメンタリー映像とは?制作のコツと事例を紹介

「ドキュメンタリー」という言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。
一般的にテレビ番組や書籍などで知られていますが、最近では企業でもマーケティングにドキュメンタリー映像を取り入れるケースが増えてきました。
そこで今回は、ドキュメンタリー映像の特徴や具体例を交えながら、実際にドキュメンタリー映像を制作するポイントや事例についてご紹介していきます。

・ドキュメンタリー映像とは?

動画制作・映像制作と聞くと、目的に沿った内容で1から撮影して1つの動画を作り上げるイメージがあるでしょう。
ドキュメンタリー映像は、内容に沿ったものを作り上げるというよりは、真実だけをありのまま映した映像という点が特徴です。

多くの人々に起きている状況を分かりやすく伝える記録映像とは異なり、その場で起こっている状況や現象などの真実を映し出すことが目的です。
また、ミニドキュメンタリー映像を制作している企業もあります。
ミニドキュメンタリー映像は、通常のドキュメンタリー映像よりも短い2分~25分程度で制作しているのが特徴です。

・ドキュメンタリー映像の具体例

では、具体的にどのようなドキュメンタリー映像があるのでしょうか?
実際の動画事例を紹介していきましょう。

-株式会社マネージャー&スピリット

独立からわずか1年で、数千万円のWebプロモーションに成功したとされる松尾可奈氏のドキュメンタリー映像です。
彼女がこれまで大切にしていた思いや経験などをドキュメンタリー映像として制作しており、実際にセミナー会場で上映されました。

-株式会社絶好調

こちらのドキュメンタリー映像は、株式会社絶好調が実際に10周年記念イベントで使用したものです。
社長は企業において人づくりを非常に大切にしており、その社長のもとで活躍する様が伝えられています。

-株式会社ピース

「可能性無限大1万人LIVE と称して、平日2日間で13000人動員した無名の講師による講演会のドキュメンタリー映像です。
講師が経験した過去のエピソードや実績などを盛り込みつつ、自身が撮影した映像を取り入れた内容が涙を誘うと話題になりました。

・ドキュメンタリー映像制作のポイント

上記で紹介したように、企業がドキュメンタリー映像を制作するケースは増えてきています。
では、ドキュメンタリーの動画制作・映像制作する場合に理解しておくべきポイントをご紹介していきましょう。

-目的を明確に

ドキュメンタリー映像に限らず、動画制作・映像制作をする上で大切ポイントは目的を明確にすることです。
視聴者を引き付けるような映像にするには、ドキュメンタリー映像を通して何を伝えたいかが明確でなければなりません。
企業について知ってもらいたいのか、商品販促につなげたいのか、サービスに関心を持ってもらいたいのかなど、最終的な目的をしっかり持ち、何を伝えるかを考えましょう。

-何を重視するか考える

目的を明確にした上で、次に考えなければならないのは重視する項目を絞ることです。
例えば、映像の品質にこだわるのか、予算を重視するのかなど、優先順位を付けるのです。
何もかもこだわって制作するとなると、結果的にどこも不十分になってしまう可能性があるからです。

-映像が示すメッセージを伝わりやすくする

ドキュメンタリー映像には、台本がなくインタビュー形式や過去の体験などを映像化したものが多いです。
その中で、誰が見ても最後にはその映像が何を伝えているのかが分かるようにしなければなりません。
ドキュメンタリー映像を制作する上では、アウトラインに従った撮影・編集が大切です。

-動画制作・映像制作会社に依頼する

ドキュメンタリー映像の構成や編集に悩んだら、実績のある動画制作・映像制作会社に依頼するのも方法の1つです。
企業紹介や商品・サービス紹介のための動画を手掛けた実績があれば、ドキュメンタリー映像の関する知識やノウハウも持っている可能性があります。
質の高いドキュメンタリー映像を制作するなら、自社のニーズに合った制作会社に依頼するというのも検討しましょう。

・ドキュメンタリー映像の動画制作の良事例

ここでは、上記で紹介した事例の他にも、ドキュメンタリー映像の良事例を紹介していこうと思います。
ドキュメンタリー映像を制作しようと考えているなら、参考にしてみてください。

-ヤマザキ歯科医院

ヤマザキ歯科医院では、高い技術を駆使した治療と人材育成の教育環境が整っています。
そんな歯科医院の特徴や院長の経歴などをドキュメンタリー映像で紹介しています。
最先端の技術を取り入れた治療や、現場で活躍するスタッフの教育などのこだわりが理解できる内容になっています。

-Mano Mizuho

アナウンサー・美力アップコンサルタントとして活躍するカリスマ的存在の真野みづほさんのドキュメンタリー映像です。
下積み時代の体験談やターニングポイントになったもの、今後の目標などをインタビュー形式で編集しています。

女性本来が持つ美力を引き出すことに喜びを感じている彼女の生き様が見られる内容となっています。
現場で活躍する様子を実写映像で見られるようになっているので、彼女の考え方や仕事をする上で大切にしているポイントも理解できるでしょう。

-英語塾エベレスト

東京都文京区にある英語塾エベレストでは、4技能を鍛えています。
そんな英語塾エベレストの7段式体験授業・英語習慣化プログラム・プレゼンテーションなどがドキュメンタリー映像として制作されたものです。

英語塾エベレストの学習を通して得られるのは、世界トップレベルの英語とコミュニケーション力です。
人前で英語を使ったプレゼンテーションを行うシーンも盛り込まれており、一人ひとりが活躍できる場についても紹介されています。

また、生徒の成長ドキュメンタリーが盛り込まれているので、実際に授業を体験しているかのような感覚で視聴できるのが特徴です。
スマホ視聴にも配慮されており、授業で力を入れている部分にも触れることができます。

ドキュメンタリー映像には、人々の心を動かす力があります。企業がドキュメンタリー映像を制作することで、商品購買意欲を刺激したりサービスの成約率を上がったりする可能性が高いのではないでしょうか?
質の良い顧客が増えると言われているドキュメンタリー映像は、今後マーケティング戦略として取り入れるべき価値の高いものと言えるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>