ブログ

「ドラレコ動画」の制作事例・フローやコツを紹介!

近年、ドライバー・歩行者の不注意や煽り運転などにより事故が多発しています。
また、高速バスの事故やタクシー内で恐喝・暴力といった問題もニュースでよく見かけるようになりました。これらの事故・事件の検証や予防として、ドラレコ(ドライブレコーダー)を導入する車が増えています。

ドラレコには事故などの瞬間を撮影できる機能があり、その動画は様々な形で利用されています。そこで今回はドラレコ動画の目的や効果、制作のポイントなどについて解説していくので、これからドラレコ動画を活用したいという方はぜひ参考にしてみてください。

・「ドラレコ動画」とは?

車に設置するドラレコで撮影された動画をドラレコ動画と呼びます。
まずは動画・映像制作が行われる目的や利用シーン、効果についてご紹介しましょう。

- 何を目的にした動画か

ドラレコは車の前方または後方に設置することで、運転中の映像と音声を記録できる装置です。
主な役割は事故の原因を判明するために手段と映像を通じて、運転に危険な点がないか確認できるので、事故防止にも活用できます。
そのため、ドラレコは基本的に交通時期の瞬間や危険な運転シーンを押さえた動画となります。

ドラレコはエンジンがかかると録画が始まる常時録画モードと事故の衝撃を感知して録画を始めるイベント録画モードの2タイプがあります。
また、機器によって様々な機能が備わり、その中にはエンジンが止まっている間も撮影できる監視モードが備わっていることもあります。

車に関わるトラブルは交通事故だけではなく、駐車中の当て逃げや車上荒し、ドライバーに対する恐喝・暴行など、トラブルのシーンもドラレコでは収められています。
トラブル時の証拠提出や事件の注意喚起としてもドラレコ動画は活用されているのです。

-利用シーン

ドラレコ動画の利用シーンは様々です。
例えば、ドラレコ動画から事故の衝撃を感じてもらうことが可能なので、交通安全の指導やドラレコ導入の指導に活用できます。講演会やイベントで放送でき、危険運転のリスクや導入の必要性を現実的に訴えかけることも可能です。

安全啓蒙や交通安全指導などを盛り込んだ動画に取り入れれば、より具体性の増す内容となるでしょう。
講演会やイベントなどでの放映だけではなく、SNSや動画共有サイトに公開することも可能です。
Web上であれば、いつでも何度でも繰り返し視聴ができ、拡散性もあるのでよりたくさんの人に見てもらえます。

-効果

ドラレコ動画で期待できるのは、事故・事件の原因を早急に解明できることと、交通安全に対する意識の向上の2点です。
事故や事件には様々な原因があり、当事者にも分からないことがたくさんあります。
しかし、ドラレコ動画から事故や事件の原因が分かれば、それを例に挙げて解決策や防止策の指導ができるようになるでしょう。

また、リアルな事故シーンを収められるので、見た人に交通安全に対する意識を強められる効果にも期待できます。
指導において事例動画として紹介すれば、見た人の恐怖心を煽り、最終的に気を付けようという意識を芽生えさせやすくできるでしょう。

・「ドラレコ動画」の制作事例!

ドラレコ動画を活用している企業や自治体、団体はいくつもあります。ここで参考になる制作事例をご紹介しましょう。

-マーベルオートサービス株式会社

ドラレコの分析を中心に自動車事業を展開しているマーベルオートサービス株式会社では、教育用の映像集などを提供しています。実際にドラレコで撮影された事故やヒンヤリハットを収めた映像がまとめられ、事故の原因などが文字やイラストで解説されています。
ドライブ映像だけではなく、グラフィックで原因を解説しているので理解しやすい内容です。

また、表示されているテロップも簡易な文章となっているので、短い時間でも頭に入りやすい解説を実現しています。
様々な危険なケースがまとめられているので、見た人はあらゆる角度から交通安全の重要性を再認識できる動画になっています。

・「ドラレコ動画」の制作のポイント

ドラレコ動画は事故や事件のシーンを捉えた映像であるため、必要なシーンを抽出しただけでもインパクトのある動画となります。
しかし、正確な原因の把握と危険性を伝えるためには、事故につながる原因からまとめていく必要があるでしょう。また、ショッキングな映像になりやすいので、見た人が不快感を抱かないようにシーンを選ぶことも重要です。

用途に応じて動画の内容や演出も変わってきます。
交通安全の指導や教育用として活用するのであれば、ドラレコの映像以外にもグラフィックやテロップ、アニメーションなどを加えて、原因の解説や防止策の提案も必要です。
専門用語なども取り入れる場合は、素人でも分かるように詳しい解説やシンプルな文章にするように心掛けましょう。

安全を訴えかけたいのであれば、再現VTR風のドラレコ動画も良いでしょう。交通事故などの一連の流れをストーリー仕立てに再現すれば、親しみを持って見てもらえます。

・GJCの「ドラレコ動画」制作フロー!

GJCはこれまで3,000社以上の動画・映像制作を手掛けてきた実績があります。
様々な用途で活用されるドラレコ動画の制作にも対応可能です。

-サービス内容

GJCは全国各地に現地スタッフがいるので、打ち合わせから撮影もスムーズに対応します。
また、動画・映像制作のコストを最小限に抑えるために、札幌で全て編集を行う対応が特徴的です。
低価格ですが、プロの編集スタッフが手掛けるので、予算や希望に合った妥協しないクオリティのドラレコ動画を制作します。

動画の構成や台本は演出のプロが提案します。目的に合わせて最適な企画・構成を提案するので、初めて動画・映像制作を行う方にも安心です。
納品前の修正は基本的に無料対応で、完成まで2週間~1ヶ月とクオリティを落とさず素早い納品が可能となっています。

-制作フロー

ドラレコ動画はどういう用途で利用するのかによって、構成や演出などが変わってきます。
一定の方向の映像だけとなってしまうので、具体的に原因を伝えるならグラフィックやアニメーション、テロップ・ナレーションでの解説が必要となるでしょう。
また、続きが見たくなるような話の流れも重要です。

GJCは動画・映像制作の悩みから要望まで電話でのヒアリングや対面での打ち合わせで確認し、発注前に作家が企画や構成を見積り書と一緒に提案します。
企画に納得してもらった上で動画・映像制作の契約・発注となるので、しっかり考えた上で決めることが可能です。

撮影からグラフィックの制作、ナレーション・BGMの選択などトータルに対応でき、分かりやすくクオリティの高いドラレコ動画を制作いたします。
納品前に一度チェックできるので、希望があれば納得できるまで修正できます。

- 問い合わせ

個人で制作や編集をしようとなると手間も時間もかかり、できてもクオリティが低いという失敗が起きやすいです。
人々に見てもらえる動画にするには、構成やストーリー、演出が重要となるので、ドラレコ動画の制作実績もあるGJCへお任せください。 また、GJCではドラレコ動画の編集に3DCGやアニメーションを取り入れることで、より分かりやすい動画編集作業も行っています。
単純にドラレコ動画を流すよりもテロップやアニメーションを入れることで分かりやすく仕上がるので、プロにドラレコ動画の編集を依頼したい方はぜひGJCまでお気軽にご相談ください。

・まとめ

ドラレコ動画では、主に実際に起きた事故の映像がまとめられており、危険運転やドライブ中の事件への危険意識を高めることが可能です。
交通事故や煽り運転などが問題になっている時代だからこそ、ドラレコ動画の活用は需要が高まっています。

制作したドラレコ動画は交通安全イベントや学校行事、Webサイトでの公開など幅広い場所で活用できます。
誰もが理解でき、安全の意識を高めもらうためには、制作会社の利用がおすすめです。
効果的なドラレコ動画を制作したい方は、GJCにお問い合わせください。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>