次世代動画制作会社として【日経MJ】に掲載されました

日経MJ 受注の機会損失を起こさないようにした。努力の甲斐もあり、同社の動画制作は3万~10万円と一般の半分以下で制作が可能になった。顧客満足度の高さと映像のクオリティーの高さが評判を呼び、年間で600本近くの撮影依頼を受けているという。
「毎年30%ぐらいずつ売り上げは伸びています。企業側も、低価格で動画が作れるようになったことで、テストマーケティングがしやすくなったと思います。」手塚社長の狙い通り、動画市場は大きく広がった。世の中には「なぜ高いんだろう?」と価値を疑うものが多く存在する。その価格構造を見直すと、低価格の商品やサービスを提供することが可能になる。今回の事例は、価格の常識を疑ったところに商機があったと言えるのではないだろうか。

日経MJにて次世代動画制作会社としての記事が掲載されました。

『日経MJ』は、日本経済新聞社が発行している消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙。
そこで動画市場の拡大に合わせたマーケティング戦略や動画の制作体制、
さらには、WEB市場で存在感を増す動画を低価格で効果的なものにする方法などを取材していただきました。

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>