ブログ

YouTubeが月額制の課金サービスを導入

世界最大の動画共有サービスYouTubeが、月額制の課金サービスを導入する事が決定しました。
これは昨秋から検討されており、今週にもスタートする可能性があるようです。

最低の月額料金は1ドル99セント(約200円)で、「YouTube」パートナーと呼ばれるコンテンツ制作者に収益を与えるのが目的とのこと。
大半の動画はこれまで通り無料。

アメリカでインターネット動画への広告出稿は急増しており、Interactive Advertising Bureauの調べによると、2012年は前年比29%アップの23億ドル(約2270億円)。

しかし、12年のテレビコマーシャルに対する出稿は740億ドルであることから、まだまだ大きな開きがあり、広告収入が期待できないコンテンツを制作しているクリエイターは、課金サービスの恩恵を受けることができそうです。

しかし、「YouTube」ユーザーは無料視聴に慣れているため、料金を払ってまで見たいと思わせるコンテンツ作りが求められることになりそうです。

「YouTube」では、 True View 広告もはじめており、今後、YouTubeを使った広告が期待できそうです。
また、「YouTube」では、人気の高い動画を探せるページ「YouTube Trends Map」を公開しました。

YouTube Trends Map

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>