ブログ

「須藤元気」率いる「WORLD ORDER」の新作「LAST DANCE」が日本の問題を暗示し話題に

今回は、今、話題になっているPVのご紹介です。

そのPVは、「須藤元気」率いる「WORLD ORDER」の新作「LAST DANCE」のPV。

関東各地でロケが行われたこの映像には、原発など日本の社会問題を想起させるシーンが含まれており、見た人の間にさまざまな解釈が巻き起こって話題になっています。

この「WORLD ORDER」の新作「LAST DANCE」のPVは、12月7日、YouTubeにアップされました。

現時点でも20万回以上再生され、コメントも多数寄せられています。

内容は、東京電力本社前から始まる映像。

東京の見慣れた通勤風景、経済産業省、脱原発テント、財務省、最高裁判所などを映像が続いていきます。

その中で、銀杏並木をジョギングする人、犬を連れて散歩をする人、世界遺産に登録された美しい富士山、そして原子力発電所とおぼしき施設が向こうに見える砂浜など……。

なんとも不思議な光景が映し出されていきます。

具体的なメッセージが語られているわけではないのに、この映像を観ていると、何とも言えないやり切れない思いに包まれていきます。

未来への課題が数え切れないほど放置されている現在の日本、そして世界。

その答えを「World Order」が表現しているのかもしれません。

このPVが誰に何を訴えているのか?

それは観る人それぞれが、各自の立場や考えで解釈することでしょう。

 

須藤元気氏はレスリングや総合格闘技の選手として活躍後、拓殖大学レスリング部監督、世界学生レスリング日本代表監督を歴任。

俳優や作家、ミュージシャンとしても活動しつつ、2009年にはパフォーマンスユニット「World Order」を結成。

東京オリンピックの開催決定直後に公開された前作「Welcome to TOKYO」のPVは、約2カ月で200万回再生。
WORLD ORDER "LAST DANCE"


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>