ブログ

映像制作・動画制作の予算はどのくらい?費用相場や内訳を解説

クオリティの高い映像・動画を作成したい場合は、映像制作・動画制作会社に依頼することをおすすめします。
要望に応じて企画や脚本制作、キャスティング、撮影、編集、ナレーションなど幅広く対応してくれるので、自主制作の手間を省くことが可能です。
また、プロが手掛けるので、目的を実現してくれる効果の高い映像・動画を制作してもらえます。

映像制作・動画制作会社を活用するにあたり制作費が発生します。自主制作よりも費用が高くなってしまうイメージがありますが、実際のところ料金がいくらかかるのか気になるところでしょう。
今回は映像制作・動画制作の料金相場や内訳を詳しくご紹介していきましょう。

・動画制作・映像制作の費用相場はいくら?

映像・動画の制作費は制作会社によって全く異なります。
そのため、正確な料金を出すことはできませんが、映像制作・動画制作にも相場が存在します。
まずは平均的な相場を動画のジャンルごとにご紹介しましょう。

動画の種類

費用相場

インタビュー撮影

    

1~15万円

  

イベント・セミナー撮影

    

5~70万円

  

Web用ムービー撮影

    

20~80万円

  

会社紹介PRムービー撮影

    

25~100万円

  

テレビCM撮影

    

50~300万円

  

動画の種類

備考・補足

インタビュー撮影

凝った演出や編集が不要で比較的安価

イベント・セミナー撮影

長時間の撮影や飽きないための編集で高額に

Web用ムービー撮影

動画・映像の内容に応じて費用が上下

会社紹介PRムービー撮影

特殊な機材や高度な編集を必要な場合は高額

テレビCM撮影

特殊な機材や高度な編集を必要な場合は高額

-インタビュー撮影・・・1~15万円

商品やサービスの利用者の声や会社案内用の社員インタビューの制作費相場は、1~15万円です。映像・動画の中で費用が安価な理由は、5分以内で収まるものが多いためです。
インタビュー風景を撮影するだけなので、特別凝った演出や編集が不要という点も安価で制作できる理由になっています。

-イベント・セミナー撮影・・・5~70万円

イベント・セミナーの撮影となると相場は5~70万円とだいぶ幅が広くなります。
これは動画の長さが1時間を超えることが多かったり、単調な映像・動画にならないようにアングル数の工夫や資料を挿入したりと、撮影と編集に手間がかかるためです。

-Web用ムービー撮影・・・20~80万円

Webサイトや動画共有サイトなどで公開する本格的なWebムービーの相場は、20~80万円となります。
尺や撮影、編集方法はもちろん、動画・映像の内容に応じても費用が変わるので、比較的高めとなっています。

-会社紹介PRムービー撮影・・・25~100万円

企業案内などの会社紹介PRムービーの相場は25~100万円です。
こちらも尺や内容、撮影・編集方法に応じて費用が変化します。
特殊な機材や高度な編集を必要とする場合は100万円以上かかるでしょう。

-テレビCM撮影・・・50~300万円

テレビで放映するCMの相場は他よりも高く50~300万円となっています。
他の映像と同じく尺、内容、撮影、編集方法に応じて相場が大きく変動します。
CMの場合は芸能人などキャストの起用、また特殊機材の使用や高度な編集を必要とするケースが多いので、100万円以上になりやすいです。

・動画制作・映像制作の料金に変動が出る理由は?

制作する動画の種類に応じて尺や撮影・編集方法などが変わるので、それが内訳にも影響され、合計額の変動につながります。
映像制作・動画制作の料金には細かい内訳がありますが、料金は大きく「人件費」と「機材費」に分けることが可能です。
この2つの費用によっても内訳や合計額は変わってきます。

さらに企画構成や修正作業が費用に含まれているかどうかも、料金が変わる可能性があります。
映像制作・動画制作の料金に変動が出る理由をご紹介しましょう。

-人件費

人件費は映像制作・動画制作に関わるスタッフの人数によって算出されます。
どんな動画でもプロデューサー、ディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフは最低限必要です。
スタッフの数は作業が増えるほど、必要とする人数も増えて人件費も上がってしまいます。

例えば、ナレーションが必要な場合はナレーターや声優が必要ですし、モデルを使う場合はヘアメイクやスタイリストなどのスタッフも必要であり、その分の人件費が発生します。
撮影の規模が大きかったり、高度な編集が必要だったりすればより多くのスタッフを配置しなければならないので、人件費が上がりやすくなります。映像・動画の種類によって求められるクオリティが変わるので、人件費が変動に大きな影響を与えると言えるでしょう。

-機材費

映像・動画を撮影するためには各機材が必要であり、撮影内容に応じて使われる機材は変わってきます。
機材費は基本的に使用する機材のグレードに応じて決まります。

例えば、カメラと言っても業務用ハンディカメラや、肩に担いで使う放送用カメラ(ENGカメラ)、映画撮影などに使われるデジタルカメラなど種類は豊富です。
高性能なカメラほど機材費は高くなります。
最近はドローンでの空撮ができる制作会社もあり、機体はもちろん、申請に関する代行費用が含まれていることもあるでしょう。

他にも、撮影では照明や三脚が必要になることも多いです。
これらの機材にもそれぞれグレードがあるので、ハイグレードなものを使っている場合は機材費の負担も大きくなる傾向があります。

-企画構成・修正作業の影響

映像制作・動画制作にあたり、どこまで企画構成をしてくれるのか、また修正にかかる料金はしっかりチェックしておきましょう。
制作会社の中にはシナリオ作成が含まれておれず、その分安くなっていることもあります。

また、修正に関しても一定回数までは無償ですが、それ以上は別途料金が発生することもあります。
これらも料金が変動する理由と言えるので、制作会社と相違がないように確認してください。

・動画制作・映像制作の予算・料金内訳は?

ここでは、ディレクターやシナリオ構成などの映像制作・動画制作におけるカメラや音声の平均相場についてご紹介していきます。
映像制作・動画制作には、ディレクションやシナリオ構成が重要な土台となります。

視聴者にインパクトを与えるような印象的な内容にするためにも、発注者との打ち合わせを行い、映像を制作する目的や利用方法を明確にしなければなりません。
目的や利用方法が決まれば、具体的な撮影方法や場所、スケジュールを決めていきます。

-ディレクション

ディレクションは、ディレクターによる映像制作・動画制作の進行管理でかかる人件費です。
企画・制作・編集など制作全体を仕切る役割を担っている人物なので、制作依頼には必要不可欠な項目と言えるでしょう。
ディレクションでかかる料金は、大体5~25万円が相場となっています。

-シナリオ構成

企画構成やシナリオ構成でかかる料金は、3~15万円程度です。
ただ、この金額はあくまでも目安であり、動画の尺によっては簡易的なものになる場合もあります。

-台本作成

シナリオ構成に欠かせない台本作成に5~10万円となっています。
台本作成は構成作家がシナリオを書くための人件費としてかかるものです。

-撮影・編集

撮影費は、専用の機材を運搬したりセットしたりする人件費、現場への交通費としてかかるものです。
映像制作・動画制作で欠かせない撮影には8~35万円程かかるのが一般的です。

また、撮影した映像を編集する作業として、5~25万円がかかります。
シナリオに沿ったカットやテロップ挿入などの作業を行い、オリジナルの映像が仕上がります。

-音声など

音声(ナレーション)や音響を映像や動画に盛り込むケースは多いのではないでしょうか?
ナレーターを起用する場合、映像の尺によって料金は変わりますが、相場は3~10万円程度です。

また、映像にBGMを使ったり効果音を入れたりする際にも音源によって料金がかかります。
制作会社のオリジナル音源を使用する際には、3~5万円がかかります。 この他にも、撮影時にかかる雑費や車両代などの料金がかかる場合もあります。
スタジオでの撮影であればスタジオ代が発生すると思っておきましょう。

また、撮り直しや再編集をする際にも追加料金となる可能性が高いです。
映像制作や動画制作でかかる料金は映像の尺やどのような内容にするかによって大きく変わります。

しかし、制作会社に依頼する場合はコストを抑えた内容で制作することも可能です。
シナリオ構成や撮影費などが込みで10~30万円で制作できるところもあります。

短編の動画広告やプロモーション動画に制作会社の素材や演出を使いたいという場合も、3~10万円で利用できます。
まずは、どのような目的で利用方法はどうするのかを明確にしておく必要があるでしょう。

・特殊な映像の場合はどのくらい費用がかかるか

特殊な映像や動画と言うと、アニメーション映像だったりCGを使ったりしたハイクオリティな内容などをイメージするのではないでしょうか?
クオリティを追求してよりインパクトのある映像・動画にしたい場合、このようなアニメーションやCGを使ってテレビCMのような内容にするというのも方法の1つです。
では、そのような特殊な映像を取り入れる場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

-アニメーション

アニメーターによるイラストをオリジナル制作する映像です。
アニメ風だけでなく、BtoB向けデザインなどのアニメーション映像が制作できます。
短編の場合は30~50万円で可能ですが、フルアニメーションやセルアニメーションにすると50~200万円と料金の相場も大きく変動します。

-グラフィック・CG

実写撮影の場合は、比較的にコストを抑えた料金で制作が可能ですが、CGを取り入れたい場合は80~150万円程度かかります。
実写・グラフィック・CGを組み合わせたハイクオリティ映像にすることも可能です。

-3DCG

最近では、3DCGを取り入れた映像も増えてきています。
3DCGは10秒程度の短編映像から180秒の長編映像まで尺によって料金が変わる場合が多いです。

実写映像の途中に3DCGの素材を盛り込みたいのであれば、15万円程度で制作できます。
フル3DCGにする場合は30万円から制作できます。

今回は、映像制作・動画制作における予算がどのくらいなのか把握するため、費用相場や内訳などをご紹介してきました。
依頼する制作会社によって見積もりに記載される内訳や料金は異なりますが、企画・撮影・編集は必ずかかる項目です。
依頼する内容に対して人件費や機材費などがかかるので、まずは映像制作・動画制作の目的や利用方法を明確にし、クオリティをしっかり定めておく必要があるでしょう。

中には、独自でシナリオ構成や素材になるデータを撮影してから編集等を依頼するということもできます。
どこまでを制作会社に依頼するかによっても、料金は変わります。
できるだけ料金を抑えたい場合は、自社でどこまで行うのかを決めておくようにしましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>