動画カテゴリInstagram動画広告制作

Instagramユーザーの属性に合わせて
クリエイティビティやトレンドを重視した動画広告を制作します。

Instagramユーザーから反響を得やすい広告動画を制作いたします

Instagramは2019年3月時点で月間アクティブユーザー数は3,300万人、特に若い女性を中心に盛り上がりを見せているため、動画広告を通して若年層に効果的にアピールできます。私たちはInstagramの世界観にあわせた広告動画の制作も得意としており、短い尺でも商品の印象を強く残す構成と演出をご提案いたします。

Instagram動画広告の制作メリット

  • Facebook広告システムを使うので初心者でも始めやすい
  • 商品・サービスをPRしたい相手に合わせた詳細なターゲティングを設定できる
  • 10代~20代、女性ユーザーを中心にリーチできる
  • 動画広告が主流になりつつあり、ユーザーの目に留まりやすい
  • 最大60秒の尺で幅広い表現ができる
  • ビジネス系でも成果を出せる

私たちができること

  • Instagram動画広告に特化した構成で制作

    InstagramやTwitterやFacebookなどSNSは様々ありますが、拡散されやすい動画広告には違いがあります。例えばTwitterの場合、インパクトの大きい動画広告が拡散されやすい傾向がある一方で、Instagramで拡散されやすいのは、インパクトよりもクリエイティビティやトレンドを重視したものです。売りたい商品を押し出すのではなく、さりげなくオシャレに演出することがポイントです。私たちはターゲットに好まれる雰囲気を意識した構成で、反応されやすい構動画を制作できます。

  • Instagram上で最大限印象を残す演出を施す

    15秒程度という短い時間の中で多くのユーザーに関心を持ってもらい、ランディングページや自社サイトのURLをクリックしてもらうためには、商品やサービスの印象を強める必要があります。私たちは商品の印象を強く残す構成と演出で動画広告を制作します。

  • 目的に応じて動画の長さを決定

    動画広告を制作する目的に応じて再生時間を決めます。視聴者に何を一番伝えたいのか考えて、最適な再生時間を設定します。投稿できる動画の尺は最大で60秒ですが、15秒以内にまとめると宣伝効果が得られやすい傾向にあるので、効果を最大化する尺を提案します。

  • ユーザーの心を掴む世界観から構築

    Instagramには、可愛い・珍しい・オシャレ・試したいなどと思えるような投稿がユーザーの心を掴む特徴があります。また、投稿をインスタグラム独自の世界観や文化にマッチさせることも重要です。私たちはインスタの世界観に沿った動画広告にするために、画質の美しさや見栄えの良さにこだわって制作いたします。

  • サイレントでも内容が理解できる動画広告を作る

    Instagramでは9割近いユーザーが動画広告を無音で視聴しています。私たちは動画内に字幕を設置するなどの工夫で、無音でも訴求力・伝達力のある動画広告を制作します。

  • スマホに最適化したユーザーの反応を高めるクリエイティブ

    テンポよく展開する

    近年、ユーザーはテンポよく展開する動画広告を求める傾向にあるので、できるだけユーザーにとって快適な早さで内容を展開することが理想です。

    ロゴやタイトルは大きく表示

    スマホメインの場合は、小さな表記よりも大きめに表記した方が認知や想起に有効です。

    コピーは短く

    コピーは長い文章よりも、短く一瞬で理解できる内容にすることがメリット訴求では有効です。

    無音でも理解できるビジュアル

    ユーザーは無音で視聴する場合も多いので、無音でも理解できる内容で制作すると動画への反応を上げることができます。

ご要望に沿う「最適な提案」と業界相場の
「半額のお見積り」を試しませんか?

0120116191

お電話はこちら(平日 9:00~19:00)

おすすめ新着動画

Instagram動画広告制作の実績

私たちが選ばれる理由

  • 業界相場の半額という圧倒的なコストパフォーマンス

  • 60業種4000社以上の制作実績からくる知見とノウハウ

  • 質の高いデザインを実現する専門デザイナー在籍

  • 効果・成果から逆算した企画・構成台本

  • WEBマーケティングに強い動画・映像制作

  • 無料の修正対応で満足するまで調整可能

お客様の声

Coming soon !

ただいま準備中です。
恐れ入りますが、しばらくお待ちください。

Q&A

インスタグラム動画広告にはどこに配信されますか?
インスタグラム動画広告が配信される場所は2ヶ所あります。

【ニュースフィード内】
ニュースフィードは自分がフォローしているインスタグラマーの投稿が表示されるタイムラインです。
動画広告は通常の投稿と同じように表示されるので、広告感が強く主張せずにユーザーの注目を集めてもらえます。
アプリを起動すると最初に見る場所でもあるので、動画広告が目に留まりやすいところも特徴的です。
 
動画広告にも「いいね」が可能なので、その数から動画広告の注目度を把握できます。
また、ツイッターやフェイスブックなどでシェアすれば、ほかのSNSを通じての拡散も可能です。
 
【ストーリーズ内】
ニュースフィードとは異なり、アプリ上部に表示されるストーリーズ機能にも動画広告を掲載できます。
ストーリーズは縦長のフルスクリーンで写真や動画を表示でき、24時間経過すると自動的に削除されるところが特徴的です。
削除される安心感から気軽に投稿できると人気があり、小まめにチェックしているユーザーは多いです。
 
動画広告の場合は設定された配信期間を経過するまで表示が消えることはありません。
表示も一般のストーリー投稿と同じように表示されるので、より自然にアプローチできます。
 
【カルーセル広告について】
インスタグラム広告の1つにカルーセル広告というものがあり、この方式で動画広告を配信することが可能です。
カルーセルとは、3~5枚の画像や動画を1つの広告に表示できるスタイルです。
1つの商品説明やメリットのアピール、カタログとしての利用などに活用できます。
 
カルーセル方式なら具体的にストーリーが伝えられ、また複数の潜在顧客へアピールすることも可能です。
ニュースフィードとストーリーズの両方を配信できます。
 
なお、インスタグラムの親会社であるフェイスブックはストーリーズに動画広告の配信をすることを推奨しています。
その理由は、ストーリーズだとスマホに広告が表示される割合が増え、より強く印象に残るためです。
ただ、ニュースフィードとストーリーズでは広告効果の特徴も少し変わるので、目的に合わせて最適な配信元を選ぶようにしましょう。
インスタグラム動画広告にはどのような広告費目安と課金方式がありますか?
【動画広告費の目安】
インスタグラムの広告は元々フェイスブック広告をベースとしており、1日に使用可能の広告費の上限は任意で設定可能です。
1日の広告費予算は100円から設定できるので、最低料金の目安は100円です。
実際に出稿する際は運用計画に基づき、1日の予算または総額を設定しましょう。
 
【CPC課金】
CPC課金はクリック課金とも言い、動画広告がクリックされると広告費が発生する課金形態です。
主にWEBサイトやアプリのダウンロードページなどに手引きしたい際に最適です。
 
【CPM課金】
インプレンション課金とも呼ばれており、一定の表示回数を達成した時点で課金が発生するタイプです。
インスタグラムの場合は、1000回動画広告が表示されると広告費が発生します。
 
クリックでは課金が発生しないので、何度クリックされても広告費が増える心配はありません。
しかし、インスタグラム内に広告が表示されれば課金条件となることを理解しておきましょう。
認知の拡大もしくはリーチに適しています。
 
【CPV課金】
CPV課金は動画広告のみ利用できる課金方法で、一定時間まで再生された時に広告費が発生します。
認知拡大を狙った動画広告での利用におすすめです。
 
インスタグラムの場合は10秒以上の視聴が条件です。
3秒以上10秒未満の動画の場合は、2秒以上の継続再生での課金設定が可能です。
 
【CPI課金】
CPI課金は、インスタグラム動画広告を介してアプリをインストールされた際に広告費が発生します。
インスタグラムはスマホのアプリを通じて見る人が多いので、アプリを紹介する広告と親和性が高いです。
広告のターゲティングはどんなことができますか?
年齢、性別、興味関心、地域などの属性に応じて動画の設定が可能です。
動画広告は複数パターン制作できますか?
はい、可能です。動画広告はテストが重要ですので
冒頭のキャッチコピーやオファー別などのパターンを低価格で制作可能です。
インスタグラム動画広告用に作成した動画はほかの動画広告にも使えますか?
配信先の仕様にもよりますが、基本的には使えることが多いと思います。
もし、仕様の調整が必要な場合は私たちへお問合せください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact

BlogBlogブログ

動画・映像制作に関するお役立ち情報も発信中です。