ブログ

イギリスで「コカ・コーラ」のCMが放送禁止に・・・

今回は、イギリスで放送禁止になったCMのご紹介です。

そのCMは、イギリスの「コカ・コーラ」のCMで、視聴者から誤解を招くとして放送禁止になったようです。

CMの内容は、登場人物が犬の散歩やダンスなどさまざまなアクティビティをしながら楽しく体を動かし、コカ・コーラ1缶分のカロリー(140kcal)を消費している様子が描かれています。

しかし、CMを見た視聴者から、CMの中に出てくるアクティビティを1つこなせば140kcalを消費できると勘違いしてしまう、とのクレームが入ったという。(実際のところは、犬の散歩25分、クラブでダンス10分、大爆笑75秒、勝利のダンス1回を全部合わせて140kcalという意味。)
これに対しイギリスの広告基準局は、消費者に間違った情報を与えかねないとし、放送を取りやめるよう要請したそうです

コカ・コーラは、糖分の多く、肥満の原因になるとしてこのところ売り上げが低迷しているとのこと。
そこで、消費者が健康的なアクティビティに励めば、140kcalなんてあっという間に燃やせるということを謳ったCM制作したそうです。

このCMは、イギリスとアメリカで放送されており、イギリスだけが放送禁止になったようです。
引き続き放送されているアメリカでは、「どんなものだって飲み過ぎたり食べ過ぎたりすれば体に悪い。そんなことわざわざCMで説明されなきゃわからんのかイギリス人は」「広告が“釣る”のなんて普通のことじゃん。イギリス人はマジメだな」と嘲笑の声が集まっているようです。

放送禁止になった「コカ・コーラ」のCM

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>