ブログ

マクドナルドが「マックフライポテト」の2倍の大きさの「メガポテト」で話題に

マクドナルドで販売される「メガポテト」が話題を呼んでいます。

日本マクドナルドは、全国の店舗(一部を除く)で「メガポテト」(写真)を5月24日から、6月下旬(予定)までの期間限定で発売すると発表しました。
価格は490円で、ハンバーガーなどとのセットメニューはなく、単品だけの発売となるそうです。

一部のマクドナルド店舗では、2013年5月17日から販売が開始され、 その「メガポテト」の動画のアクセスが急上昇しています。

メガポテトの中身は従来の「マックフライポテト」と同じで、ボリュームだけが、マックフライポテトLサイズ2個分に当たる341グラムに増量されているとのこと。

ちなみにマックフライポテトLサイズの値段は、店舗によって多少異なるが、290~310円。Lサイズ2個分の値段では580~620円となるため、メガポテトの490円はこれよりも90~130円と2割程度安い勘定になります。

日本マクドナルドでは、、“季節限定メニュー”「てりたま」の投入や、開発やマーケティングのコストを掛けず、商品数を増やす戦略をしています。
今回の「メガポテト」も、商品戦略の一環といえるでしょう。

ちなみに、日本マクドナルドは過去、「マックフライポテト」の全サイズを150円にするキャンペーンを実施して、集客を図ったことがあります。

是非、あなたも開発やマーケティングのコストを掛けず、商品数を増やす戦略をしてみてはいかがでしょうか?

マクドナルドの新商品『メガポテト』を食べてみた

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>