ブログ

世界中のブランドが、動画投稿アプリ「Vine」に注目

今、世界で注目を浴びているアプリのご紹介です。

その名も動画投稿アプリ「Vine」。

「Vine」とは、最長6秒のムービー撮影し、写真やGIFアニメ感覚で共有できる動画共有アプリで、米Twitter社のVine Labsが開発。価格は無料。
ユーザーがTwitterのフィードを通してショートビデオクリップを共有できます。
現在はiPhoneなどのiOSデバイス、また、先日Android版もリリースされて投稿数も増えています。

その動画投稿アプリ「Vine」を利用する企業が増え始めているようです。
6秒という制約のなかでさまざまな表現に挑戦が始まっています。

これまでにさまざまなブランドのソーシャルメディア戦略を手がけてきた、ロンドン在住のソーシャルストラテジスト、「マイケル・リットマン」は、

「Twitterのときは140文字で何が言えるかでしたが、いまは6秒のVineで何が伝えられるかが注目されています」。
「これはブランドにとって大きな可能性を秘めたものだ」と感じた・・・。

マイケル・リットマンが勧める、あなたの会社も「Vine」すべき3つの理由

  1. ファンがもっと身近になる

    Vineは広告の未来です。上手に活用すれば、たとえ企業の投稿でも、何かを売りつけられている感じを与えない、心地よい体験を生むことができるからです。これまでにないほど近い距離感で、ブランドのメッセージをファンに伝えられる可能性を秘めています。

  2. 新たな表現が生まれる

    制限は想像力を刺激します。Vineの6秒はストーリーを伝えるのに必要最小限の長さです。ほかのコンテンツをつくるときより、さらにブランドの個性を掘り下げていくようになり、そのメッセージの伝え方や表現方法にも新しい工夫が見られるようになります。

  3. シェアにも最適

    情報が溢れているこの時代、YouTubeの3分でさえ長く感じるようになりました。特にTwitterでシェアする動画コンテンツとしては、6秒のVineが最適なのです。今後Twitterとの連携がさらに強化されていくことで、その可能性もより広がっていくことでしょう。

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>