ブログ

宮沢りえ、新CMでセクシーなナマ脚&メガネ姿!「JINS CLASSIC」

今話題を呼んでいるCMが、 メガネブランド 「JINS」を運営する、クラシックフレームのシリーズ「JINS CLASSIC」の新テレビCMです。

CMは「宮沢りえ」篇と、「リリー・フランキー」篇の2バージョンで「恋心」のような甘美な世界を堪能できる映像に仕上がっています。

「宮沢りえ」篇では、アンティーク調の家具や壁に囲まれたクラシカルな部屋で、真っ白なヨーグルトを食べているところから始まります。
「チラッ」とカメラに視線を投げかけ、「第一印象。それが勝負。そこで恋におちなかったら、終わりなの」というナレーションが流れます。

また、「リリー・フランキー」篇では、クラシックな部屋で白いバナナジュースをストローで飲んでいるところからはじまります。
「ジンズって正直…、どうかなーって思ってた。ま、最初はね」という飾らないセリフとともに、リリーさんの全身像が映し出されると、その背景には部屋の奥に飾られたクロード・モネの「アルジャントゥイユの橋」が映り込みます。

「JINS CLASSIC」は、素材や造形、ディテールまで徹底的にこだわり、クラシックフレームならではの上質感・存在感を持ちつつも、現代のトレンドファッション性をおさえた人気のシリーズです。
今回のCMでも、この部分がしっかりでている世界観に仕上げっています。

このCMもテレビCM以外に、YouTubeに流されています。

このように最近では、テレビCM以外に、YouTubeを使って広告効果あげている企業が増えてきています。
経営不振が報じられている中、「CMを出稿している場合ではない」「そんなお金がない」という意見もあるかもしれませんが、少ない出稿量でも継続的にCMや広告を打つことで、視聴者に商品名などをアピールすることができます。
すぐに効果が表れなくても継続的に続けることで、徐々に効果が表れてくるものです。

かつては、 「広告の王様」 としてテレビCMが主流でしたが、現在、そして今後は、インターネットや他の媒体と融合し、クロスメディアで宣伝していくことが主流になり、話題性を呼んでいきます。

インフォマーシャルを利用した動画広告(CM)や PR動画、動画カタログなどを制作して、色々な媒体で継続的に活用することが、今後の成功に結びついていくのではないでしょうか。
景気の悪い時代の今だからこそ、動画広告が集客の1つの手段になりつつあります。

JINS CLASSIC CM (宮沢りえさん 30秒バージョン)

JINS CLASSIC CM (リリー・フランキーさん30秒バージョン)

 


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>