ブログ

2013年 動画を制するものがインターネットビジネスを制する

我々GJCでは、テレビ映像制作技術を利用して、2013年WEBで活躍するであろう動画をWEBムービーとして企業様に制作提供するサービスも行なっております。 本日はそのWEBムービーの魅力をお伝え致します。 【2013年は動画をWEBに活用!動画の訴求力】 企業の商品やサービスをより分かりやすく消費者にアピールするには、動画を活用した方が訴求力は高いことが近年実証されてきております。 というのも、GoogleとAOLの依頼により、市場調査会社 Taylor Nelson Sofres (TNS) があるオンライン調査を実施したのですが、その結果が非常に興味深いものであったからです。 そのオンライン調査によると、Web動画を見た人のうち、実に64%もの人がWeb動画を見た後何らかの行動を起こしたと回答をしました。 44%の人は企業のWebサイトを訪問し、33%の人が製品やサービスの検索をし、22%の人が実店舗を訪問し、21%の人が広告されている商品について友人や家族などと話をしたということです。 これらの結果から言えることは、Web動画広告を見た後の消費者の行動意欲の高さに対応する準備をするべきだということでしょう。 Web動画の特徴として、通常の文字や写真だけで構成されたWebサイトに比べて訴求力が高いということが予想されます。 我々の脳が日常的に処理している情報のうち、83%が視覚情報で、11%が聴覚情報、残りの三感は合わせても10%に満たないですが、Web動画では動きや視覚以外での感覚を想像性から保管することで、効果的に使える表現方法が可能になります。 例えば、レモンを絞るシーンでは味覚が刺激されるように、五感を刺激することで情報伝達能力を豊かにし、記憶に残るブランドとして構築させることができます。商品の良さや操作性、使い方、使用手順などを伝えるにしても、BtoBやBtoCを問わず、動画を活用していくべきでしょう。 かつてのマーケティングは、言葉を並べ立てて頭で理解させるというものでしたが、これからのマーケティングは、心で共感してもらうことにより自発的な消費がなされるというものです。消費者を洗脳するのではなく、消費者の理解・共感を得るというマーケティングプランをご提案いたします。   { 動画導入のメリット } 【圧倒的な訴求力】 短時間で強い印象と安心感を伝えることが可能です。 テキストでは不可能なことを、動画により視覚効果を上手く使い、説得力ある商品のプロモーションが可能。   【5感を刺激】 実際の実験映像や効果測定結果などを映像を通して見せることで、よりリアリティが増し、コンバージョンUPが可能。   【企業透明度向上】 ユーザーにとってリスクの高いサイトがたくさんある中、動画公開を行うことにより、ユーザーが安心して御社のサイトを検索でき、サイトの滞在時間を延ばすことが可能です。   【動画SEO対策】 HTML5により、動画の構造および内容を検索エンジンがより深く理解することが出来るようになり、動画が表示される手段や編成される手段をコントロールすることが可能。 WEBサイトなどのコンテンツにWeb動画を導入するメリットは、短時間でリアリティを伴った訴求力を展開することができる点です。 テキストはもともと抽象的な媒体ですので、必要な情報を早急かつスムーズに伝えたり、販促意欲を促進するなどの点においては、必ずしも効果的とは言えません。 Web動画の持つ具体的な視覚効果はイメージに直接働きかけますので、テキストのみでは不十分な訴求力を補填し、より説得力あるプロモーションが可能となります。商品価値の根拠となる説明や実験を映像を通して展開することで、より現実感を伴った販促が展開できるようになります。 また、Web動画を導入すると自ずとサイトの滞在時間を引き延ばすことができますので、そうした面でも販促効果の向上が期待できます。 さらに、Web動画を導入することは企業の信頼感を向上させることにもつながります。 WEB上には実体の無い企業のサイトや、必ずしもユーザとってメリットとならないサイト、リスクの高いサイトなどが数多くあります。 そうした中で商品価値を保証するような内容のWeb動画を公開することで、ユーザーの信頼感の向上を促します。   Web動画のSEOに関しては、次世代型マークアップ言語であるHTML5により、動画の内容や構成を検索エンジンが従来よりもさらに厳密に理解することができるようになり、動画の編成手段についてコントロールすることが可能となっています。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>