ブログ

360度動画・VRコンテンツをyoutubeで配信する方法

近年話題の360度動画ですが、こういったVRコンテンツをyoutubeで配信するためにはどうすれば良いのでしょう?
360度動画で動画広告を配信できれば、よりマーケティングの幅も広げることができるでしょう。
今回は、実際に360度動画を配信する方法についてご紹介します。

■360度動画とは?

まずは360度動画の基本を知っておきましょう。
360度動画とは、2015年頃から世界的に取り入れられるようになった新しい動画のフォーマットです。
日本では2016年から本格的にyoutubeやfacebookでも多くの配信がみられるようになりました。

今までの配信されていた動画はカメラで撮影した2Dの世界を映しだしていたのですが、360度動画では自分で視点を変えることができ、まるで動画の中に入り込み実際の映像を見ているような感覚になれます。
動画を見る時は「見るだけ」だったものが、「自分が見たいところに視点を動かす」という行動がプラスされたことで、より動画の中の体験を実感することができるのです。

また、パソコンでは手動で角度を変えることになりますが、スマートフォンなどのモバイル端末から360度動画を見る場合、端末自体を動かすことで動画の視点も変えられるようになっています。
自身が端末と一緒に動くことで体験しているという感覚が増し、より長く視聴してもらえる可能性も十分にあるのです。

■動画広告としてのメリットとは?

最近では360度動画を企業のプロモーション映像や宣伝コンテンツとして使用されることが増えてきています。
動画広告として取り入れる企業が増えているということは、動画広告としても大きなメリットがあるということです。
では、360度動画を動画広告として利用するとどのようなメリットがみられるのでしょう?

360度動画を取り入れることにより生まれるメリットとしては、まず今まで静止画や2Dの動画ではなかなか伝えきれなかった部分も宣伝することができるという点です。
例えば、建物の内部を紹介する際に、今までは平面上でしかわかりませんでしたが、360度動画にすることでよりその場にいるような雰囲気を味わえるようになったのです。

不動産業者は事前に部屋の中を360度動画で撮影し、それを間取り情報と一緒に配信することで気軽に内見をしているような気分になれます。
この方法は不動産業者以外にも、テーマパークなどで使われることもあります。
他にも360度動画ならではの臨場感を企業のアピールに活用できるので注目度を高めることができるでしょう。

動画広告は見てもらうことがとても重要なポイントとなりますが、360度動画にすると通常の動画広告に比べて動画を見終える人の数が増えたという結果が実際に出ています。
やはり、360度動画にすることで、通常の動画広告よりもユーザーの興味を持たせやすくしていると言っても過言ではありません。このように、動画広告を360度動画にすることは、企業にとっても宣伝効果のアップにつながると考えられるのです。

■360度動画・VRコンテンツをyoutubeで配信するには?

360度動画やVRコンテンツをyoutubeで配信したい場合、初めての人はどのように行うか分からない方も多いでしょう。
youtubeで配信する場合、フォーマットが定められています。
そのフォーマットはサイズが最大1.75GB、尺は最長6分、動画形式はMP4です。
この規格から外れてしまうとエラーが表示され、アップロードができないのでフォーマットは守りましょう。
それでは、360度動画の配信方法をご紹介していきます。

■撮影と編集

配信するためには、元となる動画を撮影する必要があります。
360度動画を撮影するためには、360度に対応したカメラが必要です。

カメラは日本メーカーの商品も多いので、自分に合ったものを用意しましょう。
カメラでの撮影が終了すると、編集作業となります。

youtubeでの360度動画は24fps、25fps、30fps、48fps、50fps、60fpsに対応しています。
解像度のサイズは7168×3584から8192×4096が推奨されているので、編集の時は対応したfpsや解像度を設定しましょう。
360度動画の編集はAdobe Premiere Pro、PowerDirector 15、FinalCutProなどがあるので、こちらも自分が使いやすい編集ソフトを使ってください。

■メタデータをダウンロードして準備完了

動画の編集と作成が終わったらメタデータのダウンロードが必要です。
youtubeで360度動画を再生させるためには、作成した動画ファイルにメタデータを含めなければなりません。

メタデータのダウンロードはyoutubeの公式ヘルプに掲載された、360 Video Metadataというアプリを使うことでできます。
この作業が完了するとyoutubeに360動画をアップロードすることが可能です。

実際にアップロードしても、しばらくは360度で再生されないことがあります。
これは1時間程経過すると再生可能となるので、時間を置いてから作動するか確認しましょう。

■初心者におすすめの360度カメラ

youtubeだけではなく、SNSでも360度動画が配信されています。
360度動画の撮影はプロでないとできないと思う方も多いでしょうが、手軽に撮影できる高機能カメラがたくさん登場しているのです。
360度動画作成では360度撮影ができるカメラが必要になるので、初心者が使えるおすすめカメラをご紹介していきます。

・RICOH THETA S

RICOH THETA Sは大手カメラメーカーのRICOHから2015年に発売されたカメラです。
サイズはスマートフォン程で持ちやすく、手軽に360度動画が撮影できるので初心者におすすめのカメラになります。

このカメラの魅力は、撮影だけではなくスマートフォンのアプリを使用していつでも動画編集ができるところでしょう。
高速Wi-Fiに対応しているので、撮影したすぐに転送して編集し、youtubeやSNSで配信することができます。
パソコンでの動画編集は苦手という方も安心です。

・KeyMission 360

カメラメーカーとして人気の高いNikonから発売されているカメラです。
初心者向けの360度カメラの中でも耐久性が高く、耐衝撃・耐塵・防水機能が備わっています。

水中の撮影や動作が激しい場所の撮影も、これ一台で可能です。
こちらも専用アプリを使用して動画編集が可能なので、編集ソフトを持っていない初心者も使用しやすいことで人気があります。

・Galaxy Gear 360

サムスンは2016年にGear 360を発売し、その新モデルとなるのが2017年に発売したGalaxy Gear 360です。
シンプルなデザインと使いやすい機能が充実していることからRICOH THETAと並んで人気が高く、愛用者も増えています。Gear 360のアプリを使用すると5つの表示モードで撮影した動画を見ることができ、鑑賞も多様な方法で行えるのが特徴です。

こちらもアプリを使用すると編集ができます。
なお、対応機種はGalaxyとiPhone 6s・SE以降となるので注意しましょう。それ以外の場合はPCソフトからの編集が必要です。

■上級者向けのおすすめ360度カメラ

カメラの扱いに慣れている上級者はプロも愛用するカメラが気になるでしょう。
上級者ではないが、プロが使う360度カメラを知りたい人も多いはずです。
それでは、プロや大規模イベントでも使用される360度カメラをみてみましょう。

・GoPro Omni

GoPro社が販売しているカメラです。
アクションカメラのHERO4 Blackを6つ使用することで、球状になっているのが特徴的です。

6つの高機能カメラを使用しているので解像度は高く、最高8Kまでの画質で撮影することができます。
動画編集もKolor GoPro社が提供するツールを使用することで、高品質な360度動画を作成することが可能です。

・NOKIA OZO

KeyMission 360と同じくNokiaが販売する高機能カメラです。
360度撮影できるように球体の本体にいくつものカメラが内蔵されており、さらに8つのマイクが備わっています。

8つのマイクによって音声も立体的に撮ることができ、自然な音声で再生可能なので高度なVR動画を撮影可能です。
録画した音声を1つのファイルとして出力できるので、作成工程の簡略化につながったとプロの間で評判があります。
編集もその場でできるので、リアルタイムでの配信も実現可能です。

■360度動画を活用した動画広告事例

動画内の世界を体感することができる360度動画を活用した動画広告は、現在様々な企業で導入されています。
その実例を紹介していきましょう。

■Supercell

大人気のゲームアプリ「クラッシュ・オブ・クラン」を提供しているSupercellでは、ゲームの面白さをより鮮明に表現するため、360度動画を利用して広告を作りました。
ゲームの臨場感だけではなく内容を理解してもらうためには有効的な手段だったようで、世界中のユーザーが引き込まれたのです。
実際にプレーをするよりも動画を観ることでスリルを体験できるでしょう。

■株式会社ハウスマイル

住宅メーカーも360度動画に多く進出しています。
株式会社ハウスマイルでは、気になるマンションやアパートに実際に行ったかのような感覚で部屋の隅々まで見渡すことができます。
遠方に住んでいることによって、実際に行くことが難しい人でもタブレットやスマートフォンがあるだけで簡単に内覧することができるので人気です。

■NIKE

スポーツウエアとして人気のNIKEも360度動画でプロモーションを作成しました。
サッカーシューズのフットワークの軽さを存分に表現しており、大人気のサッカー選手ネイマールの視点で描かれています。
ディフェンダーをかわし、ゴールまで疾走する様は見ていて爽快でシューズを購入して使用することで、スター選手並みの動きもできるようになると錯覚できる動画です。

■メルセデスベンツ

世界で人気のメーカー・メルセデスベンツでは、「AMG S 65 Coupe」を実際に間近で見ているような感覚に陥ります。
走行シーンを色々な角度から観ることができ、迫力のあるシーンは一緒に走行しているようだと人気があります。
自分が乗って走ったらどのようになるのかと、妄想力を引き立ててくれる動画広告です。

■コカ・コーラ

コカ・コーラのボトル100周年を記念して作成されたプロモーションで、コカ・コーラの周りで踊っている人が楽しそうで観ているだけでも笑顔になれると口コミでも話題になっていました。
ビュースルーレートに関しては通常のインストリーム動画よりも36%上昇したという結果も出ています。

■ディズニー

世界中で大人気のディズニーでも360度動画をFacebook上にあげています。
自宅にいながら本当にテーマパークにいるかのような感覚になり、かわいいキャラクターたちも表れて幸せになれる動画として大人気となり、動画の再生回数も800万回以上に上っています。

■TOYOTA

日本で人気の車メーカー・TOYOTAでは国内の企業の中でも早い時期から360度動画を導入しました。
新型ハリアーの特設サイトでは、ハリアーの車内に実際に乗っているかのような感覚で臨場感を味わえます。

■アヴィーチー

ミュージックビデオでも360度動画を利用しているアーティストは多くいます。
スウェーデン出身の人気DJ兼音楽プロデューサーのアヴィーチーは、360度動画によって実際にショーを見ているような感覚でミュージックビデオを楽しむことができます。

■au

「Hello, New World. warp cube」というイベントの一環で360度動画を作成しました。
最大10名がcubeの中に入って世界にある美しい絶景を飛び回ることができる体験ができるイベントとなっており、360度動画の中でも実際に体験できるようになっています。
迫力のある動画で最高の景色を楽しめます。

■ダイワハウス

住宅メーカーのダイワハウスでは、バーチャル展示場を360度好きな角度で閲覧することができます。
わざわざ展示場にまで行く必要がなく、家でじっくりと内覧できるので気になった場所は何度でも見ることが可能です。

■Universal Studio Florida

フロリダにある人気のテーマパークです。
園内でも人気のアトラクション「Rip Ride Rockit」を360度動画によって疑似体験できます。

前だけではなく、右方向や左方向など視点を変えて楽しむことができるので、絶叫系のアトラクションが苦手な方や不安がある方にも体験してもらうことができます。
臨場感のある迫力満点の動画です。

■カンタス航空

カンタス航空ではヒルトンアイランド、サムスンと提携して360度動画を制作しました。
人気観光地でもあるオーストラリアのツアーを体験できる動画となっており、美しい海や自然に魅了され、本当に旅行に行っているかのような感覚になるほど美しい動画です。

■WOWOW

大人気映画「予告犯」のプロモーションでも360度動画が利用されました。
ストーリー性とゲーム性があるので引きつけられる魅力があり、映画を観てみたいと思わせる動画となっています。

■JAL

ビジネスクラスの席やエコノミークラスの席を実際に体験できる動画となっています。
快適さを知ることができ、使ってみたいと思わせる動画になっています。

■横浜DeNAベイスターズ

山﨑康晃選手がバックヤードからグラウンドまで向かうまでを360度動画で観ることができます。
様々な選手の表情や観客の様子なども観られるので、普段味わえないような体験が可能となっています。

このような360度動画の活用によってマーケティングに成功している事例はいくつもあります。
自社で360度動画を作ると時間や手間がかかってしまいますが、動画広告の業者では360度動画を既に取り入れているところも多いので、マーケティングに取り入れたい場合は業者へ相談してみるのもおすすめです。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>