ブログ

動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント

動画制作を考えている方の中には、「動画は作りたいけれど、料金が高い」と感じている方がとても多いと思います。特に、動画制作が初めての方にとっては、なかなか踏み出すことができないですよね。
まずは、動画制作にかかる費用よりも、「動画によってどんな効果が期待できるのか」を考えてみましょう。

例えば、新しい社員の募集をするとします。新しく入社した社員が企業に合わず、数カ月でやめてしまっては、時間も費用も全てが無駄になってしまいますよね。
求人動画を作ることによって、応募者は会社の雰囲気や社員の様子などをもっと身近に感じることができ、よりイメージがしやすくなります。
企業側が、「どんな人材を求めているか」ということをしっかりと伝えることができればロスも少なくなるはずです。
動画制作は高額に感じますが、企業が本当に求めている人材一人の採用で動画制作の費用は回収できてしまうのです。

近年では若者だけでなく、スマートフォンを利用している方のテレビ離れが話題になっていますよね。
そのため、ウェブ上に動画広告を掲載する企業が増え、今では最も利用されている宣伝方法になりました。そこで今回は、ウェブ上に掲載する動画広告の費用対効果を上げるポイントについてご紹介したいと思います。

■Twitter、Facebookに制作した動画を掲載する

多くの人が利用しているTwitterやFacebookなどのSNSのタイムラインに表示される動画広告をインフィード動画広告といいます。ユーザーがタイムラインを見る際に視界に入るため、動画を自然に見てもらうことができます。スクロースしてしまえば視界に入ることがないですし、簡単に動画を閉じることもできるため不快に思われることが少ない形式です。
TwitterやFacebookは、面白い内容や興味を持つ内容の場合、気軽に拡散することができるので、多くの人に見てもらうことができるのもよいところです。

また、TwitterやFacebookはテレビとの親和性も高く、テレビとSNSの両方で動画を配信することで効果が高くなるというデータもあります。テレビを見ながら番組の内容に関係している呟きをするユーザーは非常に多く、スマートフォンを利用しているユーザーをターゲットにしたい場合にはとてもおすすめの形式です。

・費用対効果を上げるためには

この配信形式のデメリットは、常にタイムラインを見ている人は少ないということです。広告に気づかなかったり、流し見をされてしまったりすると動画を見てもらえなくなってしまいます。そのため、この配信形式で費用対効果を上げるためには「流し見をしていてもつい視界に留めてしまうような動画」を作ることが何よりも重要になります。

また、取り込みたい年齢層や職業などに合わせて、拡散したくなるような動画を作らなくてはいけません。ターゲットとしているユーザーにとって、「ためになる」、「共感できる」といった内容の動画であれば、広告であっても拡散されます。近年ではSNSの影響力は非常に高く、動画次第では制作者も驚くほど注目を集めることもできるのです。

■YouTubeやニコニコ動画に制作した動画を掲載する

YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで動画を見る際に、動画の最初や最後、途中で広告動画を配信する形式をインストリーム広告動画といいます。YouTubeやニコニコ動画は圧倒的な再生力があるため、より多くのユーザーに向けて大規模に宣伝したいと考える企業におすすめの形式です。非常に多くの企業が使用しており、見たことがある方も多いのではないでしょうか。動画と同じサイズで広告動画も流すことができるため、大きな画面で音や映像を使ったテレビ広告にも負けない宣伝をすることができます。

この動画広告は数秒後にスキップして飛ばすことのできる、スキッパブル広告とスキップすることができないノンスキッパブル広告という二種類のものがあります。ノンスキッパブル広告の場合は、広告を最後まで見てもらうことができるため、印象に残りやすく商品の魅力をしっかりと伝えることができるのがよいところです。

・費用対効果を上げるためには

スキッパブル広告の場合でもノンスキッパブル広告の場合でも、動画視聴前に必ずユーザーの目に入れることができるため興味を持ってもらいやすい形式です。この形式で最も大切なポイントになるのは、スキップさせない動画を作ることです。そのためには、最初の5秒でユーザーの印象に残る動画を作ることが重要になります。

しかし、インパクトばかりを追求してしまうと、動画の視聴前にユーザーを不快な思いにさせてしまうことがあります。早く動画を見たいユーザーにとっては、広告動画は邪魔な存在です。一度不快感を与えてしまうと、今後見てもらうことが非常に難しくなってしまうでしょう。

たった5秒の間にユーザーを惹き込むことのできる動画制作は、プロでも難しいことです。効果の高い動画を制作するためには、素人が作るのではなくセンスのある編集者に依頼するのが一番よいでしょう。視聴者の好奇心をくすぐるような動画であれば、商品購入やお問い合わせ数増加といった効果を上げることに繋がりやすくなります。

■ウェブサイトに制作した動画を掲載する

Yahooのトップページや、ウェブ上の様々な情報を収集しているキュレーションサイトなどで見かける動画広告をインディスプレイ動画広告といいます。インディスプレイ広告を使用する最も大きなメリットは、動画サイトでなくても動画広告を流すことができるところです。そのため、YouTubeやニコニコ動画といった動画サイトを利用しないユーザーにも動画を見てもらうことができるため、多くの人に興味を持ってもらうことができます。

動画サイトでなくても、ターゲット層が多く利用しているサイト内で動画を流すことができるので、自然と視界に入り不快感を与えることも少ないでしょう。しかし、流れている動画が無音のものなら問題はありませんが、サイトを開いた瞬間、突然音がなってしまうような場合にはユーザーに不快感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

・費用対効果を上げるためには

インディスプレイ広告を配信する際には、掲載するサイト選びが重要になります。Yahooのトップページなどに掲載する場合には問題ありませんが、動画のターゲット層に合わせて掲載するサイトを選ぶことが費用対効果を高めるポイントになってくるでしょう。ターゲット層が見ているであろうキュレーションサイトに掲載するなど、ターゲットの絞り込みが重要です。そのサイトを利用するユーザーが興味を持ちやすいもの、悩みを解消するような動画にすることで、視聴率をあげ印象に残りやくすることができます。

■スクロールしたときに制作した動画を表示させる

スマートフォンやパソコンなどで、ページをスクロールした際に表示される動画広告をインリード動画広告といいます。スマートフォンの場合、サイトなどを見ているときにはスクロールする回数が多く、非常に目につきやすい形式になります。そのため、スマートフォンを使用しているユーザーへ向けた商品やサービスを宣伝するための形式として非常に注目されています。

しかし、スクロールした際に動画が表示されることは、場合によってはユーザーに不快感を与えてしまうこともあります。サイトを閲覧している時に表示されるため、多くのユーザーの目に留まりますが、その分うっとうしいと感じられてしまうことも多くあります。

・費用対効果を上げるためには

インリード動画広告で費用対効果を高めるためには、ユーザーが興味を持ち、思わず見てしまうような動画を作ることが重要になります。スクロールした際に動画が表示されることは、あまり気分のよいものではありませんよね。悪い印象にしないためには、つい見入ってしまうような動画を作る必要があります。

また、サイトの内容と関連性の高い広告動画だと興味を待ってもらいやすくなり、動画の効果も高まります。そのため、インリード動画広告の場合にも、掲載サイト選びが非常に大切になるでしょう。

さらに動画の費用対効果を上げるためには、動画の完成後や配信後にも動画をよいものにするために行動することが大切です。

■制作した動画でテストマーケティングをする

動画広告を掲載する目的は、より多くの人に見てもらい商品購入やお問い合わせ数を増やすためですよね。しかし、その効果を確かめるためには実際に動画を掲載してみてからでないとわかりません。まずは、限られた期間と範囲で動画を掲載してみましょう。

動画広告を掲載するためには高いコストがかかります。いきなり高いコストをかけて動画を掲載するよりも、お試し期間を作り限られたサイトで試してみることで、動画の効果を確認することができるでしょう。お試しの期間や予算などを決め、「動画の効果があったのか」「なかった場合には何を改善したらよいのか」を明確にする必要があります。

動画の完成後や配信後に、動画の修正をしたいと考えることは少なくありません。そんな時のために、動画の修正や手直しに無料で対応してくれる制作会社に依頼しているととても心強いでしょう。制作会社の中には「手直し無料」や「完成から〇ヵ月の期間は作り直し無料」などのサービスをしている会社もあります。動画制作を依頼する場合には、そのような制作会社に依頼するのがおすすめです。

■制作した動画の効果の確かめ方

・動画の再生回数

動画の効果を確かめる際に最も調べやすいのが再生回数です。多くのユーザーに興味を持ってもらった動画の場合には、再生回数が伸びているでしょう。思うように再生回数が伸びない場合には、ユーザーにおもしろいと思ってもらえるような個性のある動画に変える必要があるかもしれません。

・視聴完了率

スキッパブル広告の場合、数秒後に広告をスキップすることができるため、興味がない動画の場合、最後まで見てもらうことができません。そのため、スキップされずに最後まで動画を見られた視聴完了率を確認してみましょう。視聴完了率が高いほど、ユーザーに興味を持ってもらえる「効果の高い動画」といえます。また、「動画の何秒後にスキップされているのか」といったことを確認することで、修正や次の動画制作に生かすことができるでしょう。

完全視聴率が思うように伸びない場合には、スキップができるまでの5秒の間にユーザーに興味を持ってもらえていないことがわかります。そのため、動画の最初の5秒を見直す必要があります。また、動画の視聴時間が長い場合にも完全視聴率は下がりやすくなります。どの部分でスキップされやすいのかを分析して、視聴時間を短くしてみましょう。

・拡散数

SNSでの拡散を狙った動画を作ったにも関わらず、あまり拡散されていない場合には動画の内容やターゲット層などを見直す必要があるかもしれません。効果の低い動画をそのままにしていても、費用の無駄になってしまいます。広告動画の場合には、少しの改善で効果が各段に上がることが少なくないのです。

・利用者の声

動画を配信したことによって「お問い合わせ数がどのくらいあったのか」「商品購入者がどのくらい増えたのか」ということもわかりやすい効果のひとつです。この場合にも、「どのくらい増えたら効果があったといえるのか」ということを事前に明確にしておくことで、動画の改善点などが見えてくるでしょう。思うようにお問い合わせ数や購入者が増えない場合には、お問い合わせや購入に一歩踏み切る後押しが必要になるかもしれません。

近年では動画サイトの人気が高まり、サイトの利用者もどんどん増えています。それに加えて、スマートフォンやパソコンを使って、簡単に動画を撮影したり編集したりすることができるようになりました。そのため、似たような動画が多く、興味を持ってもらえるようなインパクトのある動画でないと目立つことが難しくなってきています。そのため、素人が制作する広告動画では思うよう効果が表れず、掲載費用ばかりがかかってしまうことも少なくありません。動画制作のプロに依頼し、より効果の高い動画を作ることが大切です。

■まとめ:動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント

いかがでしたでしょうか?ウェブ上での動画広告の費用対効果を上げるポイントについてご紹介させていただきました。 動画広告といっても配信形式は年々増えてきており、様々な宣伝方法があります。そのどれにも共通していることが、「興味や関心を持ってもらう動画を作る」と「獲得したいターゲット層に合わせて配信形式と掲載サイト選びをする」ことです。そのためには、配信形式とターゲット層に合わせて、より効果の高い動画を制作してもらえる制作会社を見つけることが大切です。

また、動画は制作したら終わりではありません。より効果のある動画を作り、配信後もさらに効果の高い動画にするために行動しなくてはいけません。実績動画とともに、アフターフォローが整っていることも確認し、自分に合った制作会社を選びましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>