ブログ

動画広告を作成するなら知っておきたい広告の種類

新しい商品やサービス、自社のことをより多くの人に認知してもらう、興味を持ってもらうために広告を出すことは現在では非常に一般的な手法です。
効果的な広告は、商品の持つ魅力をより引き立たせ、売上を拡大することで、会社に大きな利益をもたらすことに繋がります。
しかし、広告手法の選択を間違えてしまうと、利益を拡大するどころか無駄な広告が会社や商品自体を潰してしまうこともあるのです。
そのため、広告を出す際には、PRしたい商品やサービスに合わせて、広告手法を見極めることが大切になります。
そこで今回は、広告の種類とそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。
どんな広告があるのかわからない、自社の消費にどんな広告が向いているのかわからない、という方はぜひ参考にしてみてください。

■インターネット広告

インターネット広告とは、インターネット上のウェブサイトやSNS、アプリなどに対して配信する広告手法です。
スマートフォンやタブレットの普及に伴い、インターネット広告を使用する企業は日増しに増えています。
インターネット広告はテレビ広告に次ぐ市場規模を誇っており、今最も注目されている広告手法です。

・SNS広告

SNS(ソーシャルメディア)広告とは、TwitterやFacebookなどのSNSを使用して配信する広告です。スマートフォンやタブレットの普及が進み、SNSの利用者が急激に増えたことで、TwitterやFacebook広告を中心に需要が高まってきています。

広告を掲載する場合には、タイムラインに広告を埋め込んで配信する「インフィード広告」が多く使用されています。
タイムラインに埋め込まれているので、自然な形でユーザーの目に入れることができるのが特徴です。
ユーザーは「面白い」「ためになった」という感情を持つと、それを他人と共有する「シェア」や「リツイート」という行動を起こしやすくなります。
これによって、より多くのユーザーに見てもらうことができるでしょう。
特に、若い世代へのSNSの影響力は凄まじく、広告によっては制作者が予想もしていなかった程の効果を発揮することがあるのです。
タイムラインに表示させることで拡散しやすく、よい広告であれば短期間で大きな効果が出ることもあります。

・アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、インターネット上にあるウェブサイトや個人のブログに広告を掲載してもらい、商品やサービスが成約された際に広告費が発生する広告です。広告の内容はレビュー形式が一般的であり、商品やサービスの認知度や信頼度を高めることが期待できます。
ターゲット層から認知度や人気の高いウェブサイトやブログと提携し、アフィリエイトサイトを増やすことで費用対効果を高めることができる広告手法といえます。
広告を継続的に掲載してもらうことでより多くの利益を生み出すことができるでしょう。
また、実際に商品やサービスを購入した際にしか広告費が発生しないため、無駄に広告費を垂れ流してしまうといったリスクが低いのもよいポイントです。

・リスティング広告

リスティング広告とは、インターネットで何かを検索した時に、検索結果に連動して表示される広告です。
リスティング広告の主な掲載媒体は、GoogleとYahoo!です。
ユーザーが検索したキーワードに関連している広告を表示させることができるので、費用帯効果の高い広告手法になります。
リスティング広告は、クリックされたら課金される体系をとっているため、クリックされた数しか費用がかからないところも魅力のひとつです。

SEOとの違いは、お金を出せば検索結果の上部に表示させることができるところです。SEOの場合だと、検索エンジンのランキングアルゴリズムによって上部に表示されるサイトが決まってしまいます。そのため、検索結果の上部にサイトを表示させるためには、ユーザーが満足できる情報をより多く提供していることが求められます。
しかし、この条件を満たすためには、多くの時間と労力が必要になります。SEOでの顧客獲得も大切なことですが、まずはリスティング広告から始めるのも一つの手と言えます。

・リマーケティング広告

リマーケティング広告とは、一度サイトに来てもらうことができたけれど購入に至らなかったユーザーに広告を配信する広告です。
普段サイトで商品を購入しているユーザーであっても、初回時には購入に至らない場合がほとんどなのです。
商品を購入しようとする時、一度では決められず購入を悩んだり、他社と金額を比較したりするのは当然のことと言えるでしょう。広告を配信しなくても戻ってきてくれる人もいますが、そのままサイトの存在を忘れてしまう人も大勢います。そのため、自社のサイトで商品を購入してもらうためには、サイトから離脱した後が重要なポイントになるのです。

そもそも商品やサービスに興味を持ちサイトまで来たユーザーであるため、広告を配信しもう一度見てもらうことで顧客になる確率が高いと考えられます。
ユーザーの購買意欲を再熱させる広告として非常に有効な広告手法です。

・動画広告

動画広告とは、ウェブサイトで動画広告を表示させる広告手法です。
YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで動画を見る際に、動画の前後や途中で広告動画が流れるのを見たことがある方は多いのではないでしょうか。
動画と変わらない大きさで広告を流すことができるため、テレビCMにも劣らない宣伝効果があると言えるでしょう。

YouTubeやニコニコ動画は圧倒的な再生数を持つため、より多くのユーザーに向けて大規模に宣伝したい企業におすすめの広告手法になります。
5秒でスキップすることのできる動画広告もありますが、たった5秒であっても見てもらうことが大切なのです。
また、動画を一定時間視聴されたら課金されるという体系をとっているため低予算で始めることができるのもよい点と言えるでしょう。

・アドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、ウェブサイトやSNSなどの複数の広告媒体を集めて広告ネットワークを作り、そのネットワーク内のサイトへ広告を配信する広告です。
ターゲット層が多く見ていると思われるウェブサイトやアプリ、ブログなどに向けてピンポイントに配信することができます。

これまでは、それぞれの媒体へ個別で広告配信の手続きをしたり、媒体ごとに課金形態が違うために手間がかかってしまったりしていました。
しかし、アドネットワーク広告ができたことで、その手間が解消されたのです。
時間や曜日、地域の指定などの細かい配信設定もでき、広告の効果をより高くすることができるでしょう。
ウェブ広告には欠かせない媒体のひとつになりました。

・バナー広告

バナー広告とは、リンクつきの画像や動画を表示し、ユーザーがクリックすると広告主のウェブサイトへ飛ぶ広告です。
画像やアニメーションなどを使った目立つものが多く、ウェブサイトの中でもユーザーの目に入りやすいため、より多くのユーザーに広告を見てもらうことができます。
他のインターネット広告と比べると費用は高くなることもありますが、認知度拡大に非常に向いている広告手法になります。

■その他の広告

・テレビⅭⅯ

みなさんが最も目にする広告がテレビCMかと思います。
テレビCMの中には、限られた地方のみで放送する「ローカルCM」と全国で放送する「全国CM」があります。

ローカルCMの場合、全国CMと比べると視聴者は減りますが、数%の視聴率で数万から数十万人ほどの目に入れることができるでしょう。
ローカルCMは地方や地域に密着した広告手法であり、同じCMを長期間使い続けることが多くあります。
その地域の人なら誰でも知っている「口ずさむことができるCM」というものが誰でもひとつは思いつくのではないでしょうか。
お年寄りから小さな子どもまで知っているCMというのはすごいものです。広告としての効果が最大限に発揮されているといえますね。

全国CMの場合には、ローカルCMよりも多くの人に見てもらうことができるため、より大きな効果が期待できるでしょう。
最近では、CMで使われている曲が大ヒットしたり、CMの面白さがSNSで話題になったりするなど、CMが注目されることが増えてきました。
視聴者の記憶に残るCMを制作することで、企業のイメージをあげることができるところも魅力的なポイントであるといえるでしょう。

また、テレビCMには、30秒のCMを3か月放送する「タイム」と、15秒のCMを短期間放送する「スポット」の2種類があります。
タイムの場合、長期間CMを放送することでより多くの人の認知度と理解度を高めることができ、高い効果が期待できます。
スポットの場合は、短期間での放送形態であるため、CMを臨機応変に活用したり修正したりすることができ、期間限定の商品などを発売するときに便利な広告手法になります。

・ラジオ

ラジオを使っての広告は、ラジオの放送中に流されるコマーシャルでの広告になります。
年配の方や運転中の方に聴かれることが多く、認知度や理解度は低くなりますが低予算で流すことができるところがよいポイントです。時間帯によって視聴者の年齢層が変わるため、ターゲットがより聞いていると思われる時間帯に流すことが重要になります。

ラジオは、パーソナリティーが視聴者に語り掛けるように放送されるため、まるでコミュニケーションをとっているかのような感覚になれるところがラジオの魅力です。
親近感を持ちやすいため、集客数の向上が期待できるでしょう。
低予算で広告を出したい、ユーザーに親近感を持ってもらいたいという場合におすすめの広告手法です。

・雑誌

雑誌に広告を掲載する方法です。
広告で使用するページ数や掲載場所によって金額が違う場合が多く、掲載雑誌や掲載場所によっては高額になってしまうこともあります。
しかし、無料の媒体と比べると、とても見栄えがよいところが特徴となります。
一般的には、発行部数は数万から数十万部であり、多くの人に見てもらうことが期待できるでしょう。 また、ターゲット層が多く見ると思われる雑誌に絞って掲載することで、無駄が少なく、より高い効果が期待できるでしょう。
ターゲット層が明確な商品やサービスの場合、定期的に掲載することで商品を覚えてもらいやすくなります。
そのため、ターゲットの年齢層やライフスタイルに合わせた雑誌に掲載することが何よりも重要なポイントになります。
ターゲット層が明確である、定期的に掲載し認知度を高めていきたい、という場合に向いている広告手法です。

・新聞

新聞の広告スペースに広告を掲載する広告手法になります。
新聞はユーザーからの信頼度が高い広告媒体であるため、新聞に広告を掲載することで企業の信頼度を高めることができるでしょう。
ページ全体を使っての広告や、記事の下部のみを使っての広告などの種類があり、文字やイラストを加えての広告も出せるところが魅力と言えます。
広告媒体に信頼があり、説得力のある広告を掲載したい場合におすすめの広告手法です。

・折り込みチラシ

折り込みチラシは、新聞と一緒に配達される広告です。
発行部数は、名前の通り「折り込み」ですので、新聞の発行部数に比例します。
新聞と一緒に届くためユーザーの目に留まりやすく、多くの人に見てもらうことが期待できます。
「チラシを見たいから新聞をとっている」と言う主婦も多く、それだけチラシの効果は大きいのです。

配達地域を選ぶことができるため、地域のスーパーや商店街、ショッピングモールなどの情報が多く、地域密着型の広告手法であると言えます。
また、新聞の休刊日以外は配布日の指定をすることもでき、低予算で制作することができます。
広告と一緒に割引券などを付けている企業も多く、購入に直接繋げることのできる広告としてとても有効な広告手法といえます。

・交通広告

電車やバス、タクシーなどの公共交通機関で見かける広告です。
電車やバスの中にある中吊りポスターや窓に貼ってあるステッカー、電光掲示板などがあります。
公共交通機関は通勤や通学で使われることが多く、毎日広告が目に入ることになります。一定時間同じ広告を見せることによって、ユーザーの購買意欲を効果的に高めることができる広告手法になります。

・DⅯ

DM(ダイレクトメール)は自宅に紙広告を郵送し、情報を届ける広告手法です。
自社を利用しているお客様に、新商品やキャンペーンのお知らせなどを伝えるために使われることが多く、たくさんの企業に活用されています。

自分が信頼を置いている企業や、これまでに使ったことのある商品などは誰でも興味が持ちやすいものです。
定期的にDMを送ることで、お客様のリピート率を上げることが期待できるでしょう。自社を利用したことのあるお客様へ新しい情報を届けたい、新商品を知ってもらいたい場合におすすめの広告手法です。

■今から広告を出すなら

上記で述べている通り、近年ではスマートフォンやタブレットの普及と共にインターネットを使った広告の需要が高まってきています。
特に、動画広告はインターネット広告の中でも、最も伸びていると言われる広告手法であり、影響力がとても大きいものです。
SNS広告やバナー広告など、インターネット広告を代表している広告でも動画を使った広告が多く、それだけ動画は効果的と言えます。

テキストや静止画だけでなく、視覚と聴覚を使うことで、ユーザーの記憶に残りやすくすることができます。
記憶に残らなければ商品やサービスの購入には繋がらず、広告を出す意味がありません。幅広い用途で使用することができ、より費用対効果の高い広告にするためには、動画制作が有効な手段の一つと言えるでしょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。広告の種類と特徴についてご紹介させていただきました。
近年ではスマートフォンやタブレットの利用者が増え、インターネット媒体を利用する企業が日々増加しています。
インターネット上で広告を配信することで、より多くの人へ情報を届けることができるようになったのです。

しかし、どの広告がダメでどの広告が良いということはありません。広告にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。企業の方針や商品の特徴に合わせて広告手法を選ぶことが大切です。それぞれの特徴を参考にし、最も効果が期待できそうな広告媒体を見つけましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画制作の費用対効果を上げるための6つのポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>