ブログ

兵庫県明石市での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

兵庫県明石市は、明石海峡に面している中核都市です。
明石海峡大橋ができるまでは、明石市と淡路島の間を運航していた「明石淡路フェリー」が、淡路島と本州を結ぶ移動手段となっており、神戸観光などにも利用されていました。
そのため、明石市と淡路市は今でもつながりが強い都市と言えるでしょう。

明石市は、東西に細長い都市です。
様々なドラマのロケ地にも起用されているスポットも多数あり、「魚の棚商店街」や「明石城」といった観光地もいくつもあります。
神戸からのアクセスもしやすいので、多くの人が足を運ぶエリアになっているのです。

今回は、魅力的なスポットが多数ある明石市で動画制作や映像制作のロケ地におすすめのスポットをご紹介しましょう。
兵庫県内でロケを行う際の参考にしてみてください。

■兵庫県立明石公園

兵庫県立明石公園は、明石城跡を整備した都市公園です。兵庫県立明石公園内には、明石城があったことを思い出させてくれる堀や石垣などがあります。
その他にも、スポーツ施設や図書館などがあるため、多くの人が足を運ぶスポットの1つになっているのです。

そんな兵庫県立明石公園には、クスノキやオダマキ、ヤマモモなど多くの木が植えられています。
その中でも、公園の真ん中にある桜掘の周囲は森のようになっています。
また、剛ノ池の周囲にはおよそ2000本ものソメイヨシノが植えられているため、春には多くの花見客が詰め掛ける人気のスポットになっているのです。

兵庫県立明石公園は、多くの木々に囲まれているため、四季の変化を感じることができる公園です。
多くの人で賑わうスポットでもあるので、家族で足を運べるおすすめスポットや人気のお花見スポットを紹介する動画や映像制作のロケ地に起用することができるでしょう。

■中崎公会堂

中崎公会堂は、1911年に建築された公共建築物で、明石市内の現存している公共建築物の中で最古の建物になります。
2000年に明石市の都市景観形成重要建築物に選ばれた中崎公会堂は、2012年には国の登録有形文化財にも指定されました。
中崎公会堂は、かつて明石郡にあった1つの町と11の村が共同で建設したもので、加護谷祐太郎が設計した建物です。

中崎公会堂が建てられた頃は、西洋風の建物が流行っていました。
しかし中崎公会堂は、あえて日本古来の建築スタイルで建てられ、まるで仏教の寺院を彷彿させるような景観となっています。
現在は、町の象徴として多くの人から愛されている建築物です。

明石市の都市景観形成重要建築物や国の登録有形文化財に選ばれている中崎公会堂は、歴史的にも重要な建築物です。
そのため、明石市の歴史について取り上げる動画や映像制作のロケに最適な場所と言えます。
ただし、利用には許可が必要になるので、きちんと確認をしてからロケを行うようにしましょう。

■魚の棚商店街

魚の棚商店街は、明石市にある商業施設で、「明石銀座通り」から「明淡国道」までをつないでいるアーケード街のことです。
魚の棚商店街では、魚介類や練り物などを取り扱っている店舗が100軒以上連なっていて、明石市の名物である明石焼きのお店もいくつもあります。
県内外から多くの人が足を運ぶスポットになっています。

そんな魚の棚商店街は、明石城の築城と同じタイミングで誕生しました。
その当時は、町割によって「東魚町」と「西魚町」が作られました。東魚町では主に鮮魚を取り扱い、西魚町では主に干物を取り扱っていたと言われています。
その後、西魚町は廃れていき、徐々にアーケードなどが整備されて行く中で、現在の魚の棚商店街が誕生しました。

魚の棚商店街は、新鮮な魚を手に入れることができるということで、人気が高いショッピングスポットになっています。
そのため明石市のおすすめショッピングスポットを紹介したり、観光スポットとして動画や映像制作のロケに起用したりできるでしょう。
イベントも行っているので、魚の棚商店街ならではの動画を撮影することも可能です。

■明石市立天文科学館

明石市立天文科学館は、日本標準子午線がある明石市を代表するスポットの1つです。
日本標準子午線が通っている場所にあるのが明石市立天文科学館となっています。大きな時計が目印になる建物で、象徴的な建物として知られています。

そんな明石市立天文科学館には、オープン当時から稼働しているプラネタリウムがあります。
そのプラネタリウムは、明石市立天文科学館の大きな魅力の1つで、今でも多くの人に愛されています。
また、明石市立天文科学館のプラネタリウム投影機は日本最古のもので、生の語りを聞きながら美しい星空を楽しむことができるのです。

このことからも、明石市立天文科学館は天文好きな人であれば1度は足を運んでみたいスポットといえるでしょう。
そんな魅力を持つ明石市立天文科学館は、明石市の観光スポットの紹介において欠かすことができない場所の1つです。
ロケに関しては、明石市立天文科学館に事前に確認し、撮影可能かチェックしておいてください。

■大蔵海岸公園

大蔵海岸公園は、明石海峡大橋が最も美しく見えるスポットと言われています。世界最長のつり橋として知られている明石海峡大橋を一望することができる大蔵海岸公園は、散歩やランニングにも最適なので多くの人が足を運びます。
美しい景観を眺めながらの散歩やランニングは、とても気持ちが良いのでおすすめです。

大蔵海岸公園から見える明石海峡大橋は、昼間だけではなくライトアップされる夜もロマンチックで美しいのでぜひ訪れてみてください。
夜のライトアップされた明石大橋は多くのカップルにも人気のスポットとなっています。
交通の便も良いので、公共交通機関で足を運びやすいスポットでもあります。

兵庫県明石市には大蔵海岸公園のように、デートにオススメなスポットもあります。
そのため、おすすめのデートスポットを紹介する動画制作や映像制作のロケも行うことができるでしょう。
そのような動画や映像を制作する場合のロケ地の1つに大蔵海岸公園を起用してみてはいかがでしょうか。

■明石市立文化博物館

明石市立文化博物館は、明石市の歴史や文化について知ることができる博物館です。
常設展示と展覧会が開催されており、様々な展示物を目にすることができます。常設展示では、「明石のあけぼの」、「大昔の明石」、「畿内への入り口・明石」、「明石の焼き物」、「明石の農業」、「明石の漁業」、「明石城と城下町」、「のびゆく明石」という8つテーマに沿った展示物を見ることができます。

展覧会は、1ヶ月くらいのペースで展示物が変更されるので、その都度異なった展示物を見ることができます。
明石の歴史をさらに深くまで追求することができる展示や明石市にゆかりのある作家の作品など、展覧会の内容は多岐にわたります。
また、十二単や鎧を着用できるイベントや、さをり織り・機織り体験などのイベントも行われているので、家族でイベントを楽しむこともできるでしょう。

明石市立文化博物館は、明石市の歴史を知りたい人にはぜひ足を運んでもらいた場所の1つです。
そのため、明石市の歴史を紹介する動画や映像制作では、ぜひ起用したい場所の1つと言えます。
ただし、博物館であるため一般の方も多く訪れるだけでなく、企業の展示物も数多く展示されているので、撮影に可否に関しては事前に問い合わせをし、撮影可能であるかを確認しましょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>