Blogイギリスで「コカ・コーラ」のCMが放送禁止に・・・

手塚康司
手塚康司

代表取締役社長

今回は、イギリスで放送禁止になったCMのご紹介です。

そのCMは、イギリスの「コカ・コーラ」のCMで、視聴者から誤解を招くとして放送禁止になったようです。

CMの内容は、登場人物が犬の散歩やダンスなどさまざまなアクティビティをしながら楽しく体を動かし、コカ・コーラ1缶分のカロリー(140kcal)を消費している様子が描かれています。

しかし、CMを見た視聴者から、CMの中に出てくるアクティビティを1つこなせば140kcalを消費できると勘違いしてしまう、とのクレームが入ったという。(実際のところは、犬の散歩25分、クラブでダンス10分、大爆笑75秒、勝利のダンス1回を全部合わせて140kcalという意味。)
これに対しイギリスの広告基準局は、消費者に間違った情報を与えかねないとし、放送を取りやめるよう要請したそうです

コカ・コーラは、糖分の多く、肥満の原因になるとしてこのところ売り上げが低迷しているとのこと。
そこで、消費者が健康的なアクティビティに励めば、140kcalなんてあっという間に燃やせるということを謳ったCM制作したそうです。

このCMは、イギリスとアメリカで放送されており、イギリスだけが放送禁止になったようです。
引き続き放送されているアメリカでは、「どんなものだって飲み過ぎたり食べ過ぎたりすれば体に悪い。そんなことわざわざCMで説明されなきゃわからんのかイギリス人は」「広告が“釣る”のなんて普通のことじゃん。イギリス人はマジメだな」と嘲笑の声が集まっているようです。

放送禁止になった「コカ・コーラ」のCM

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact