ブランディング動画とは?メリット・事例・ポイントについて解説! | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

ブランディング動画とは?メリット・事例・ポイントについて解説!

ブランディング動画は、企業自体の宣伝や商品・サービスの認知度拡大を目的として取り入れるケースが多く見られます。商品やサービスを知ってもらうことにもつながるため、売上向上などの相乗効果が期待できるためです。そこで今回は、ブランディング動画の目的やメリット、活用事例、ブランディング動画制作のポイント、費用相場などについて解説していきます。

ブランディング動画とは

 

ブランディングは、ブランドを形成するために行う活動です。売り込むことが主な目的ではなく、ブランドを認知してもらい購買意欲を掻き立てるために行われます。

ブランディングの最終的な役割には、ブランドイメージを定着させることがあります。ブランディング動画制作を行うのは、潜在顧客に対して企業理念や信念、ビジョンを視覚的に伝えるためです。そうすることで認知されていき、購入を検討する人も増えていきます。

ブランディング動画制作に注目が集まっている背景には、スマホの普及で時間や場所に捉われず、いつでも動画を視聴できるようになったことがあります。それに伴い、動画制作の需要は高まってきました。InstagramやYouTubeといったSNSを利用する機会が増え、以前よりも動画自体が身近なものになってきたため、ブランディング動画も大きな役割を担うようになってきたのです。

これまでと同じようなブランディング戦略だと、他の企業やブランドと差が生まれる可能性が高いです。トレンドになっている手法を取り入れるだけがすべてではありませんが、時代のニーズに合う戦略を練ることがブランド力の向上に欠かせません。そのため、ブランディング動画制作を前向きに検討し、認知度の向上を目指すケースは増えています。

動画で視覚的にアプローチすることにより、紙媒体や文字と写真だけの投稿より多くの情報を提供できます。短時間でイメージを持ってもらいやすい方法でもあるため効果的です。

ブランディング動画の目的

 

ブランディング動画制作の目的は、認知度を向上させること、共感してもらうこと、他と差別化してユーザーから選んでもらうことの3つが挙げられます。目的を理解しないまま動画制作にとりかかってしまうと、思ったような効果が得られない場合もあるので注意が必要です。

ブランディング動画を発信することで多くの人の目に触れるため、認知度自体は必然的に高まります。しかし、ただ認知度が高くなってもターゲット層にアプローチできていないと、結局そこまで効果が期待できなくなってしまいます。したがって、ターゲット層を意識したブランディング動画制作を行い、発信することが重要です。

自社の商品やサービスにより一層魅力を感じてもらい、信頼関係を築くための第一歩だと考えると良いでしょう。

ブランディング動画のメリット

 

ブランディング動画制作を行うことによって、企業が得られるメリットはいくつもあります。ここでは、視覚と聴覚でアプローチできること、視覚と聴覚でアプローチできること、BtoCだけではなくBtoBにも活用できる、という3つのメリットについて解説していきます。

視覚と聴覚でアプローチできる

動画は、静止画の文字や画像と違って動きがあります。そのため、より豊かな表現が可能です。文字や画像だと視覚からのアプローチしかできませんが、動画なら聴覚からもアプローチできます。

聴覚の要素が増えることで表現の自由度は格段に高まります。イメージに合う音楽やBGM、ナレーションを加えれば、視聴者を動画の中に引き込みやすくなるというメリットが生まれるのも動画ならではの特徴です。

SNSで拡散しやすい

ブランディング動画は、商品やサービスのPRを全面的に推しだした動画広告と違って、視聴者が共感しやすい内容になっています。そのため、TwitterやYouTube、FacebookなどのSNSで拡散されやすいというメリットも享受できるのです。ターゲット層とは異なる層に潜む潜在顧客へアプローチでき、新規顧客獲得につながる可能性も大いにあります。

SNSで拡散されると、広告費の削減にもつながるためメリットが大きいです。動画広告を出す前にブランディング動画制作を検討してみる価値は大いにあります。

BtoCだけではなくBtoBにも活用できる

動画マーケティングの対象には、消費者だけではなく企業も含まれます。一般消費者向けの商品やサービスはテレビCMなどを通して知る機会が多いです。そのため、BtoCのブランディング動画制作は日常的に行われてきたと言えるでしょう。

BtoBにおいてもブランディング動画の活用は効果が期待できます。これまで可視化されることがなかった商品やサービスの魅力を伝えられるようになるので、BtoBにおけるブランディングにも効果的です。ターゲットを絞り込めば、コストを抑えて成約に結び付けられる可能性も高まります。

ブランディング動画の活用シーン

 

ブランディング動画の活用シーンは多岐にわたります。具体的には、動画広告や展示会、採用活動が挙げられます。続いては、それぞれの役割などをみていきましょう。

動画広告

SNSや電車、ウェブCMなどで見る広告は動画広告が多い傾向があります。しかしブランディング動画を取り入れているケースもあるのです。ブランディング動画を取り入れることで、新規顧客獲得や企業の信頼獲得などの効果が期待できます。

電車内で流す場合は音が出ないので字幕付きがおすすめですが、セリフが多いと見ている方が内容を理解しにくくなってしまいます。映像だけで伝わるような工夫が必要です。配信する媒体に適した構成にしましょう。

展示会

自社で行うイベントでブランディング動画を使用するケースも多く見られます。ブランディング動画を使用することで、時間をかけることなく企業の実績や理念などをわかりやすく伝えられるためです。展示会に足を運んだ人から共感を得られれば、投資や受注について前向きに考えてもらいやすくなります。

展示会は、企業が自社についてPRする重要なマーケティングの場です。そこで興味・関心を持ってもらえることは、集客面における大きな武器になります。

採用活動

就活では、企業のブランド力を重視して応募先を選ぶケースが珍しくありません。ブランド力の高さを求職者にアピールするためには、ドキュメンタリー的な動画やストーリー性がある動画を制作し、SNSなどで配信するのがおすすめです。そのようなブランディング動画を配信することで、木々業の認知度向上やイメージ向上といった効果が期待できます。

複数の動画を制作する時は、内容に一貫性を持たせることが重要です。一貫性があると、イメージが定着しやすくなるためです。

 

ブランディング動画の事例

 

ブランディング動画制作の事例は、これまでに多数あります。続いては、どのような事例があるのか5つピックアップしてご紹介します。

AIRDOブランディングムービーの事例

AIRDOブランディングムービー事例詳細はこちら >>

AIRDO株式会社は、北海道に本社を置いている航空会社です。AIRDOブランドの世界感やコンセプトを多くの人に知ってもらうため、ブランディング動画制作を行いました。

従業員が仕事をしているシーンをストリングスの美しいBGMが彩ります。伝えたいメッセージを効果的に伝えられるようなデザインを意識して制作されました。

動画の中では、運航乗務員や整備士といった普段はなかなか目にする機会がない従業員に焦点を当てています。AIRDOだからこそ提供できる心地良い空の旅がどのように生み出されているのか知ることができます。

座談会動画の事例

座談会動画の事例詳細はこちら >>

新卒採用を行う際のPR動画として制作されました。新入社員が仕事のやりがいや社内の雰囲気について、座談会のような形式で語っているという内容です。これから採用される新卒者と年齢が近い新入社員が赤裸々な本音トークを繰り広げ、やりがいなどを紹介する一風変わった動画となっています。

トレンド感のある可愛らしいデザインと手書き風アニメーションが、座談会という固いイメージを払拭してくれます。そのため、一見すると固そうに見えますが、柔らかい雰囲気で共感を得やすくなっているのです。

赤坂インターシティAIRコンセプトPV制作の事例

赤坂インターシティAIRコンセプトPV制作の事例詳細はこちら >>

新型コロナウイルス感染症の影響によるオフィス離れが深刻化しています。そのような状況下で、オフィスビルとして新たな取り組みを発表する場で使う動画制作を行った事例です。コンセプトワードを軸にして、オフィスワーカーの日常を見せるという内容です。

都心部のオフィスビルならではの可能性を表現しています。最後まで飽きないように工夫を凝らすことで、しっかりとその魅力を感じ取ってもらえるような造りになっている点もポイントです。楽しそうに働いている様子を見せることにより、利用を前向きに検討できるように後押ししている部分も、ブランディング動画として効果的な要素です。

飲食PR動画の事例

飲食PR動画の事例詳細はこちら >>

ブランディング動画は、地域の観光PRにも役立ちます。岐阜県海津市の事例では地元で噂になっている美味しいお店を紹介し、「ここでしか味わえない食べ物」という観点から、地域の魅力を発信しています。大食いグルメ番組風にすることで、見ている人にとって馴染み深いシチュエーションとなり、ついつい見入ってしまう内容です。

限られた時間の中で少しでも多くの魅力を伝えるための工夫が凝らされています。雰囲気を盛り上げるために必要なBGMやSEにもこだわり、よりバラエティ番組のような仕上がりに近づけています。

歯科医療機器会社紹介動画の事例

歯科医療機器会社紹介動画の事例詳細はこちら >>

新卒採用を行う際のPR動画制作の事例です。採用対象となる学生に向けて、文章などでは伝わりにくい部分をしっかり知ってもらい、ブランド力の高さを再認識してもらうことが目的です。仕事内容や職場の雰囲気、社員の雰囲気を動画にすることで伝えやすくなるというメリットを活かし、採用活動に役立てたいという願いが込められています。

笑顔で仕事をしている様子などを映すことで、新卒で応募を考えている学生は応募しやすくなります。スタビライザーを使った滑らかな移動撮影を取り入れたことにより、動画自体のクオリティも高いです。

ブランディング動画制作のポイント

 

ブランディング動画制作を行う場合、いくつか押さえておきたいポイントがあります。次は、どのようなポイントを押さえておくとより効果的なブランディング動画制作を実現できるのか、解説していきます。

コンテンツごとに分ける

ブランディング動画制作を行う時は、興味や理解、価値、判断などのコンテンツに分けて配信するのがポイントです。なぜなら視聴する相手によって目的が変わるためです。商品やサービスをすでに知っているかどうかによっても、訴求すべきメッセージは変わります。

より多くの人に知ってもらうには、それぞれのコンテンツに合わせた動画を制作するのがおすすめです。そうすることで、興味関心を持ってもらう段階から購入の判断を迷っている段階まで、幅広くアプローチできます。

期待を持たせるような演出を取り入れる

商品やサービスを利用した時に「このようなことでもできるのか」という期待感を持たせることは重要なポイントです。期待をしていなければ購入の価値を見出せません。そのため、ブランディング動画でユーザーや潜在顧客の期待を煽る必要があります。

購買意欲を向上させるには、リアルとバーチャルの融合、アニメーションの導入などがおすすめです。演出に関して悩んでしまう時は、動画制作会社に相談してみましょう。

コンセプトは一貫させる

どのような宣伝方法にも言えることですが、内容にばらつきがあると伝えたいことが不明瞭になってしまいます。コンセプトが一貫していないと、本当に伝えたいブランドイメージも伝わりにくくなってしまうため、気を付けなければいけません。伝えるべきことが何か、決まってからブランディング動画を制作する必要があります。

背景やフォント、音楽など付随する部分も一貫性を持たせることが重要です。必要な部分を洗い出し、本当に伝えたいことやイメージを固めておくと一貫性のある動画を制作しやすくなります。

ブランディング動画制作の費用相場

条件によって費用相場が異なるため、依頼前に把握しておくと安心です。

・画像またはスライドショーのみ

画像またはスライドショーのみのブランディング動画の相場は、10万~30万円ほどです。

・社員インタビューや社内風景

社内で社員に演者として出てもらう場合、カメラは1台で済むケースが大半を占めます。そのため相場は30万~80万円ほどです。

・仕事密着動画やコンセプトムービー

仕事密着動画やコンセプトムービーを制作する場合は、社員に依頼する場合もあればプロに演じてもらうケースもあります。プロに依頼するとコストが高くなるので費用相場は80万~200万円と幅広いです。

・CGなどの特殊演出を使ったブランディング動画

CGなどの特殊演出を使ったブランディング動画も、社員に依頼する場合もあればプロに演じてもらうケースもあります。プロに依頼するとコストが高くなり、さらに動画編集の技術力も必要なので費用相場は200万円以上です。

ブランディング動画制作ならGJC

 

ブランディング動画制作を検討していて、依頼先で悩んでいるなら、ぜひGJCへご依頼ください。GJCではこれまでに多くの動画制作・映像制作を手掛けてきました。動画制作・映像制作を行うだけではなく、動画広告運用サービスやライブ配信サービス、ナレーション収録サービス、業務提携・パートナーサービスも提供しています。

企業プロモーション動画の制作実績も豊富です。ブランディングに貢献する動画制作を行っているので、ぜひ弊社にお任せください。

ブランディング動画制作のよくある質問

 

ブランディング動画とは?

ブランディング動画は、ブランドを形成するために制作されます。ブランドイメージを定着させることが最終的な目標になっていて、潜在顧客に対して企業理念・信念・ビジョンを視覚的に伝えるために用いられます。

スマホが普及したことで、気軽に動画を視聴できるようになりました。それがブランディング動画制作の注目度アップにも一役買っています。他社と差別化するための戦略としてブランディング動画を導入するケースも多く見られます。

ブランディング動画の活用シーンは?

ブランディング動画の活用シーンは、動画広告や展示会、採用活動などです。ブランディングすることによって、商品やサービスに対する注目度が高まったり、求職者が応募したいと感じるようになったりします。新規顧客獲得や信頼獲得にもつながるため、導入するメリットは大きいです。

様々な場面で活用されますが、場面ごとに適した構成にする必要があります。電車内なのかWebCMなのか、などを決めた上で制作するとより効果的です。

ブランディング動画の制作費用相場

ブランディング動画制作にかかる費用相場は、どのような条件かによって変わってきます。画像またはスライドショーのみであれば10万~30万円ほどと比較的コストを抑えられますが、CGなどの特殊演出を使ったブランディング動画を作りたい場合は技術料が必要になるため、相場が200万円以上と高額です。それを加味した上で、どのような動画を作りたいのか考える必要があります。

まとめ

 

ブランディング動画は、企業のイメージやブランドイメージを向上させるために効果的です。商品やサービスをより魅力的だと感じてもらうことや求職者に応募したいとおもってもらえることにもつながります。

動画制作を行うにはコストがかかるため、ブランディング動画制作にはどのくらいコストがかかるのか把握し、予算を加味した上で依頼することもポイントです。依頼先で迷ったら多くの実績を有するGJCまでお気軽にご相談ください。

 

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact