Blog世界中のブランドが、動画投稿アプリ「Vine」に注目

手塚康司
手塚康司

代表取締役社長

今、世界で注目を浴びているアプリのご紹介です。

その名も動画投稿アプリ「Vine」。

「Vine」とは、最長6秒のムービー撮影し、写真やGIFアニメ感覚で共有できる動画共有アプリで、米Twitter社のVine Labsが開発。価格は無料。
ユーザーがTwitterのフィードを通してショートビデオクリップを共有できます。
現在はiPhoneなどのiOSデバイス、また、先日Android版もリリースされて投稿数も増えています。

その動画投稿アプリ「Vine」を利用する企業が増え始めているようです。
6秒という制約のなかでさまざまな表現に挑戦が始まっています。

これまでにさまざまなブランドのソーシャルメディア戦略を手がけてきた、ロンドン在住のソーシャルストラテジスト、「マイケル・リットマン」は、

「Twitterのときは140文字で何が言えるかでしたが、いまは6秒のVineで何が伝えられるかが注目されています」。
「これはブランドにとって大きな可能性を秘めたものだ」と感じた・・・。

マイケル・リットマンが勧める、あなたの会社も「Vine」すべき3つの理由

  1. ファンがもっと身近になる

    Vineは広告の未来です。上手に活用すれば、たとえ企業の投稿でも、何かを売りつけられている感じを与えない、心地よい体験を生むことができるからです。これまでにないほど近い距離感で、ブランドのメッセージをファンに伝えられる可能性を秘めています。

  2. 新たな表現が生まれる

    制限は想像力を刺激します。Vineの6秒はストーリーを伝えるのに必要最小限の長さです。ほかのコンテンツをつくるときより、さらにブランドの個性を掘り下げていくようになり、そのメッセージの伝え方や表現方法にも新しい工夫が見られるようになります。

  3. シェアにも最適

    情報が溢れているこの時代、YouTubeの3分でさえ長く感じるようになりました。特にTwitterでシェアする動画コンテンツとしては、6秒のVineが最適なのです。今後Twitterとの連携がさらに強化されていくことで、その可能性もより広がっていくことでしょう。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact