企業のプロモーション動画の活用事例を紹介(活用事例・ハウツー系) | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog企業のプロモーション動画の活用事例を紹介(活用事例・ハウツー系)

現在、多くの企業が活用しているプロモーション動画は、マーケティング手法の定番となっています。
そこで今回は、プロモーション動画の魅力や活用事例、押さえておくべきポイントについてご紹介します。
動画制作を検討している人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

プロモーション動画とは?

そもそもプロモーション動画とは、商品やサービスの販売促進を目的としており、動画を通してその効果を高めるために有効な手段となっています。
テキストや画像だけの広告宣伝とは違い、映像や音声、テロップなど、表現方法が豊富であることから、情報を伝達しやすいとして多くの企業が取り入れているマーケティング手法です。
近年、インターネットが普及したことから、動画は私たちにとってより身近なものとなりました。
普段目にする機会も増えましたが、実際にプロモーション動画がどのような役割を果たしているか知らないという人も少なくありません。
そこで本記事では、映像や音声、テロップを使って情報を伝えるプロモーション動画の、メリットやデメリット、実際にどのように活用されているかについて詳しくみていきましょう。

メリット

では、プロモーション動画には一体どのようなメリットがあるのでしょうか?
以下では、動画を用いることで得られるメリットについてご紹介します。

短時間で多くの情報を伝えられる

静止画の場合、情報を伝える手段はテキストと画像のみですが、動画は映像や音声、テロップを使用できるため、短時間でより多くの情報を伝えられます。
視聴者は短時間で様々な情報を入手できることから、知りたいことや興味のあることがあれば、プロモーション動画を視聴する可能性が高いです。
また、工夫次第では視聴回数を伸ばすことも可能です。

需要が高まっている

スマートフォンやタブレットが普及した現代において、動画の需要は急速に高まっています。
以前まで動画を視聴する際にはパソコンを使用していましたが、現在はスマホで気軽に動画を視聴できるため、より多くの人々の目に触れるようになりました。
私たちにとって身近な存在になったからこそ、動画を用いた広告宣伝の需要が高まっているのです。

記憶に残りやすい

動画は視覚・聴覚に訴えかけることが可能であるため、人々の記憶に残りやすいことが大きなメリットとして挙げられます。
ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが提唱する「忘却曲線」によると、人間は文字を記憶してもその20分後には42%を忘れてしまうと言われています。
そして1時間後には、56%を忘れると言われており、時間が経つにつれほとんどの記憶を失くしてしまうのです。
しかし、アメリカ国立訓練研究所が提唱する「ラーニングピラミッド」によると、動画はテキストを活用したコンテンツと比較した際、記憶定着率が約2倍高いと言われています。
動画が人々の記憶に残りやすいことは、研究結果でもわかっているのです。
また、印象に強く残りそうなBGMやキャッチコピー、キャラクターを起用することで、より一層記憶に残りやすくなります。

デメリット

一方、プロモーション動画を活用することで、以下のようなデメリットが生じると考えられます。

技術・ノウハウが必要になる

販売促進の効果を引き出すためには、クオリティの高い動画を制作しなければいけません。
動画制作は誰でもできますが、視聴回数が稼げるような動画を作るには、技術やノウハウが必要になります。
労力と時間をかけて制作したとしても、視聴回数が伸びなければ意味がありません。
社内にクオリティの高い動画を制作できる技術とノウハウを持っている人材がいない場合、プロモーション動画が持つ本来の力を発揮できないのです。

場合によっては悪印象を与える可能性も

プロモーション動画は、商品やサービスの販売促進効果に期待できるマーケティング手法ですが、活用方法によって悪印象を与え、炎上してしまう可能性があります。
あまりにもクオリティの低い動画や、不適切な内容が含まれている動画は、視聴者に悪印象を与えます。
使い方次第で結果は大きく変わるため、注意しましょう。

活用事例をご紹介!

プロモーション動画の本来の目的は商品やサービスの販売促進ですが、最近では様々なシーンで活用されています。
以下では、プロモーション動画の活用事例についてご紹介します。

企業ブランディング

プロモーション動画は、企業ブランディングを高めるのにも活用できます。
視聴者への販売促進効果を高めたいのであれば、商品やサービスに関する情報だけではなく、企業自体のブランディングへの共感が重要となります。
信頼をおける企業を目指すために、プロモーション動画制作は欠かせません。

商品・サービス紹介

自社の商品やサービスの販売促進を図るため、多くの企業が紹介プロモーション動画を活用しています。
視聴者の視点に立って考えることで、よりニーズの高い動画を制作できるのです。
また、YouTubeでは概要欄に商品やサービスのリンクも掲載できることから、視聴者の行動促進にもつながっています。

観光プロモーション

観光地をPRすることを目的に、動画を通してその土地の魅力やおすすめの観光スポットなどを紹介しています。
視覚・聴覚で伝えることによって、より具体的に連想しやすくなるため、観光地をPRする手段として多く用いられています。

採用ブランディング

人材募集を行う会社で活用されているプロモーション動画です。
動画内では、主な仕事内容や会社の雰囲気、在籍している社員紹介など、会社についての説明を行います。

制作する上で押さえておきたいポイント

では、動画を制作する上で押さえておくべきポイントとは一体何でしょうか?
ここでは、効果を最大限に引き出す重要なポイントについてご紹介します。

・ターゲットや目的を明確にする

より販売促進効果の高い動画を制作するためには、あらかじめターゲットや目的を明確にしておくことが重要です。
この2つの設定が曖昧だった場合、誰にどのような情報を伝えれば良いのかわからなくなります。
不明確な内容のまま人々の関心を引き寄せるのは難しいため、必ず事前に明確にしておきましょう。

・動画の冒頭にこだわる

人間は自分の興味が湧かないものに対して非常に無関心な生き物です。
そのため、動画制作をする際は冒頭部分でどれだけ惹きつけられるかが勝負です。
動画は最初の数秒で判断できることから、「面白そう」「続きが見たい」と思ってもらえるような冒頭部分を作りましょう。

・プロに依頼する

プロモーション動画には様々なメリットがありますが、上述した通り技術力・ノウハウが必要になることや、悪印象を与える可能性があることなど、いくつかデメリットもあります。
このデメリットを失くすためには、動画制作のプロに依頼するのがおすすめです。
社内に動画を制作できるような人材がいなかったとしても、プロに委託することによって、クオリティの高い動画が完成するのです。
また、動画制作に関する正しい知識、経験があるプロであれば、人々の心を動かすような動画を作ることができるほか、トラブルも未然に防げます。

まとめ

今回は、プロモーション動画のメリット・デメリットや活用事例、重要なポイントについてご紹介しました。
よりクオリティの高い動画を求めるのであれば、動画・映像制作のプロ「GJC」に依頼するのがおすすめです。
GJCは、業界相場の半額となる圧倒的なコストパフォーマンスの高さで依頼できます。
これまでに4000社以上の制作実績もあり、顧客満足度も96%と非常に高いです。
プロモーション動画を制作しようと考えている人は、ぜひGJCに依頼してみてください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact