企業のプロモーション動画の活用事例を紹介 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog企業のプロモーション動画の活用事例を紹介

動画プロモーションはその名前の通り、動画を活用し広告や宣伝活動を行うことで、今やマーケティングの定番手法となっています。新聞やチラシといった広告は、文字を読むという見る人がアクションを起こす必要があります。

一方、パッと目に入りやすい動画プロモーションは、受け身な相手に対しても効果的なプロモーションが可能なことから、最近では活用する企業が増えています。そこで今回は、動画プロモーションの活用事例を詳しく紹介します。動画プロモーションの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

動画プロモーションのメリット

インターネットが普及し、動画が身近になったことも動画プロモーションの増加に大きく関係しています。ここでは、動画プロモーションのメリットをピックアップしてご紹介します。

短時間で情報量の多い内容を伝えられる

効果的にプロモーションを行うには、必要な情報を視聴者に届けることが大切です。文字や文章の広告では、伝えたい内容をすべて盛り込んでしまうと読んでいる方も途中で飽き、最後まで情報が届かない可能性があります。

そのため、いかに少ない言葉でアピールできるかが重要です。動画は文字や画像のように視覚からアピールする広告に比べて、音を効果的に使用することで聴覚からも伝えたい内容を訴えかけられます。

繰り返し使える

動画プロモーションは作るのに時間がかかるというデメリットがありますが、一度作ってしまえばその後何度も使用できる点はメリットです。動画サイトやインターネットなどのオンラインだけでなく、営業はもちろん、イベントや展示会でも繰り返し使用できます。プロモーションのために毎回販促ツールを作る必要がないため、手間を削減できます。

文章では表現しにくい細かなニュアンスも伝えられる

動画なら文字や文章、画像では伝えるのが難しいニュアンスや雰囲気も伝えやすいです。そのため、類似商品が多く販売されているものでも他との差別化がしやすくなります。また、この商品ならではの点や使用方法も効果的にユーザーにアピールできます。

動画プロモーションの活用方法

制作したプロモーション動画は、YouTubeをはじめ、facebook、Instagram、TikTokといったSNSを活用することで、ユーザーに視聴してもらえます。ここでは、動画プロモーションを効果的に活用するために、抑えておきたいポイントをご紹介します。

ターゲットを明確にする

動画プロモーションを作成するときは、誰に対し情報を届けたいのか、「ターゲット」を明確に設定することが大切です。その上で、どういった情報を伝えたいのか、「目的」もしっかり定めておきましょう。

アピールしたい相手や内容が曖昧では効果的なプロモーションは行えません。また、動画を視聴したユーザーに商品購入をしてほしいのか、それとも自社サイトへ誘導したいのかなど、求める目的によっても内容は変わってきます。効果的に集客や販促を行うためにも、誰にどのような情報を伝えたいのか、ターゲットと目的は明確に定めることが重要です。

視聴者を引き込む内容を意識する

プロモーション動画を効果的に活用するには、最初の数秒でいかに視聴者を引き込めるかが重要です。動画の冒頭は、ほとんどの人が目にします。そこで「面白そう」「もっと見たい」と思わせることができれば、最後まで動画を見てもらえます。

つまり、最初の数秒に視聴者を引き込む内容を作れるかが、効果的なプロモーションにつがるかどうかの鍵を握っているのです。その際注意しておきたいのが、動画を配信する媒体の特徴です。

例えば、YouTubeなら動画広告は最初の5秒間は必ず見なければならず、スキップできない5秒間が勝負となります。一方Twitterでは、自動再生では音声がオフになっているため、視覚から訴える内容が効果的です。

ストーリー性を持たせる

ストーリー性のある動画は、見ていて飽きにくく、続きが気になるため、一般的なアピール動画に比べて最後まで視聴してもらいやすくなります。ただし、最後まで見てもらうには、物語の始まりや転換、そして締めといった起承転結を意識する必要があります。

特に転結の部分が作り込まれていないと、見ていてつまらないばかりか、何が伝えたいのかもわからなくなってしまうため、気をつけましょう。

動画プロモーションの活用事例をご紹介

動画プロモーションは、商品やサービスの紹介だけでなく、企業のブランディングや採用活動にも活用されています。ここでは、企業がどのように動画プロモーションを使用しているのか、活用事例を紹介していきます。

商品やサービスの販促

新・既存に関係なく、売上を上げるには自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらうことが大切で、宣伝・広告などのマーケティングを効果的に行うことが欠かせません。販促のプロモーション動画を作成するときは、相手の求める情報をいかに届けるのか、ユーザーの視点に立った徹底的なリサーチが重要です。

購買意欲を高めるには、ユーザーに対し、商品の理念や利点に共感してもらうこと大切と言われています。

地方のプロモーション動画

最近は地方自治体が、その地域の観光地や名産物をアピールするため、プロモーション動画を制作する事例が多々あります。日本にはまだまだ魅力があふれているにも関わらず、知られていない観光地や名産物が全国各地で残っています。

動画なら魅力的や風景やグルメの魅力をありのまま伝えることが可能です。見ているユーザーに「ここに行きたい」と思ってもらえれば、観光客が増加し、地域経済の活性化にもつながります。

また、行ったことのない地域は、本当に良いところなのか、安心して楽しめるのかと不安を感じる人も少なくありません。そのため、プロモーション動画には、そうした不安を解消できる情報を加えると良いでしょう。

企業のブランディング

ブランディングとは、ある対象に対する価値観やイメージのことです。つまり、企業のブランディングとは、商品やサービスも含めて企業自体のイメージアップのため行われることが多いです。

具体的には、「この商品を買うならここ」「ここの製品なら安心」といったように、企業の価値や信頼性を高めることを目的としています。プロモーション動画は、多くの要素を盛り込めることに加え、ユーザーに対し直感的に伝えられるため、ブランディングに適しています。
企業のイメージが向上すれば、採用活動にも有利です。

志望者に対し、企業の認知度上げ、良い印象を与えることができれば、優れた人材が集まりやすくなるからです。また、ブランディングは株主や従業員、取引先などへの発信を目的とする場合もあります。

まとめ

動画プロモーションは文字や文章、画像だけの宣伝や広告に比べて、短時間でより多くの情報量を伝えられるため、より効果的なプロモーションが可能です。そのため、商品やサービスの紹介をはじめ、地域のプロモーションや企業のブランディング、そして有効な情報の啓蒙活動など、様々な用途に使われています。

しかし、動画プロモーションは伝えたい内容をただ盛り込めば良いというわけではありません。ターゲットと目的をしっかり設定すること、そしてYouTubeやTwitter、Instagramなど媒体の特徴に合わせて動画を作ることが大切です。実際の活用事例を参考にしながら、自社のターゲットと設定にあった動画を制作しましょう。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact