企業のプロモーション動画活用事例を紹介!実際に製作するメリットやポイントは? | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog企業のプロモーション動画活用事例を紹介!実際に製作するメリットやポイントは?

スマートフォンやタブレットなどの発達や普及に伴い、近年は空き時間に動画を楽しむ方が増えてきました。動画そのものを視聴する機会が多いことから、企業も動画を活用して自社の情報を届けようとするケースが多くなり、今では欠かせないものになっています。

企業が実際にプロモーション動画を活用するメリットも多いため、制作する企業も増えており、いかに販促効果を出せるかが鍵となります。そこで今回は、企業のプロモーション動画活用事例を元に、制作するメリットやポイントもご紹介しましょう。プロモーション動画の制作を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

実際のプロモーション動画活用事例

実際に企業はどのようにプロモーション動画を活用しているのでしょうか?
今回は3つの活用事例をご紹介します。

オンライン説明会・事業紹介

企業のオンライン説明会や事業紹介などに活用するケースです。自社の歴史や実績、理念・ビジョンなど、限りある時間の中で企業に関する情報をふんだんに盛り込んだ動画となっています。

インターネット上で行えるオンライン説明会の需要は非常に高く、様々な部署に所属している従業員のインタビューを取り入れるケースも多いです。従業員が仕事のやりがいや企業の魅力を話す映像や職場の雰囲気は、求職中の人々にとっても有益な情報になります。

工場や施設の場合、外部からは見えにくい施設内の様子や製造過程などを伝えることができるため、「ここで働きたい」という思いを持ってもらうきっかけになることも多いです。インパクトを与える印象的な動画にすれば、事業紹介の動画であっても再生数が増え拡散される可能性も十分にあります。

商品やサービスの紹介・ハウツー動画

自社で取り扱っている商品やサービスの紹介動画として、多くの企業がプロモーション動画を活用しています。企業が売上を維持したりさらなる売上向上を目指したりするには、マーケティングに効果の高いプロモーション動画が有効です。

店舗の販促として活用するだけでなく、オンラインやSNSなどで掲載する方法もあるため、幅広い用途で活用できます。特に、商品の使い方を紹介するHOW TO(ハウツー)動画であれば、実際に使用する時のイメージがわきやすくなり、顧客満足度も高まります。そのため、新規顧客獲得を目的に活用している企業が多いのです。

インバウンド向けのプロモーション動画

インバウンド向けにも、プロモーション動画を活用する企業はたくさんあります。インバウンド向けというのは、主に外国人観光客に向けたPRや集客を目的にした動画であり、言葉を使わない方法でアピールできるといったメリットがあります。官公庁や旅行会社などで多く活用される事例となっており、日本の印象をより感じられるような和の空間やBGMなどを盛り込む動画が特徴です。

外国人が魅力を語るシーンや、実際に企業に携わり活躍している様子を入れて、日本の文化に興味を持っている外国人に発信できるため、多くの方に視聴してもらえる動画にすることができます。インバウンド向けの動画は素材と編集がクオリティを大きく左右するため、プロに依頼するケースも多いです。

企業がプロモーション動画を活用するメリット

企業のプロモーション動画活用事例は多くありますが、それは、メリットがあるからに他なりません。続いては、プロモーション動画を活用することで得られるメリットについてご紹介します。

短時間で多くの情報が伝わる

動画は、視覚と聴覚に訴えられる表現方法であるため、短い時間であっても多くの情報を伝えることができます。仮に静止画だった場合、文字や画像の情報のみの発信となりますが、動画にすれば音声が加わり、同じだけの時間を使っても情報量が格段に多くなるのです。静止画や文字と比較した場合、動画は約5,000倍もの情報量が伝えられると言われています。

視聴者側も文章を読む手間が省けるので、情報を瞬時に理解しやすくなります。限られた時間の中で、よりリアルな情報を伝えることができるというのは、プロモーション動画ならではのメリットです。

記憶に残りやすい

視覚と聴覚の両方に訴えかけられるとうことは、その分記憶に残りやすいというメリットもあります。例えば、BGMを組み合わせた動画にすれば、企業が持ってもらいたい商品やサービスのイメージをそのままの状態で伝えられます。可愛いキャラクターやCGなど、工夫次第で視聴者の共感・インパクト・親近感・感動などを与えることも可能です。

認知度の高さは、企業の信頼度にも直結します。ネームバリューがあるという理由で商品を選ぶという方も少なくないからです。

用途が広い

プロモーション動画は、ホームページや展示会・営業・広告など様々なシーンで活用できます。1度制作してしまえば同じ動画をあらゆる場面で使えるので、繰り返し使用できる点もメリットです。

新たに動画広告を制作する手間も時間もかからないため、企業にとって大変貴重なツールになります。用途が広いことは、プロモーション動画を制作する大きなメリットです。

プロモーション動画を制作するポイント

最後に、プロモーション動画を制作する際に押さえたいポイントをご紹介します。

目的・ターゲットを明確にする

誰に何を伝えたいのかを明確にすることは、動画制作の基本です。目的とターゲットに見合った演出方法を計画することで、動画で支給する内容がより具体的なものになります。

特にターゲットの設定が曖昧なものになってしまうと、情報を届けるための動画を作ってもプロモーション効果が期待できない可能性があります。プロモーション動画を視聴してもらうことで、視聴者に何をして欲しいのかを定めることが重要です。

視聴者を引き込めるような冒頭・切り口にする

商品・サービスのプロモーション動画にする場合は、切り口も非常に重要です。視聴者が求めているものや、何を訴求すれば売上につながるかをしっかり見極めた上で、視聴者に与える印象を変えていきます。

例えば、役者を起用して動画そのもののクオリティを上げたり、敢えて素人の感想や意見を取り入れることで説得力を増したりするのも良いでしょう。ターゲティングにエリアが含まれているなら、それぞれの地域に特化した内容にしたり、エリアごとに発信する情報を変えたりするのもおすすめです。

プロの動画制作会社に依頼する

動画は、企業の顔になるものであり、自社に相応しいクオリティのものを制作する必要があります。目的やターゲットが明確になったとしても、高品質な動画にするために、従業員の負担も大きくなってしまうでしょう。

プロである動画制作会社に依頼すれば、こうした従業員の負担を減らし、品質の高い動画が制作できます。特に、長期的に様々な目的で活用するプロモーション動画であれば、定期的に何度も制作するものでないことも多いため、知識や経験・ノウハウを活かしたプロの視点で制作してもらう方がコストパフォーマンスも向上します。

まとめ

プロモーション動画を活用している企業は年々増えています。そのため、ただ動画を制作するだけでは競合との差別化が図れず、期待していた販促効果が得られない可能性もあります。

今回紹介したプロモーション動画を制作するポイントを抑え、より効果の高い動画にするには、経験豊富な動画制作会社への依頼をおすすめします。GJCでは、数々のプロモーション動画の制作実績があり、企業に満足してもらえるようなクオリティを実現しています。
目的・ターゲティングから相談させていただけるので、お気軽にお問い合わせください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact