企業PR動画の成功事例14選!作り方や制作準備、コツまで紹介 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

企業PR動画の成功事例14選!作り方や制作準備、コツまで紹介

スマートフォンやタブレットなどの発達や普及に伴い、近年は空き時間に動画を楽しむ方が増えてきました。動画そのものを視聴する機会が多いことから、企業も動画を活用して自社の情報を届けようとするケースが多くなり、今では欠かせないものになっています。

企業が実際にプロモーション動画を活用するメリットも多いため、制作する企業も増えており、いかに販促効果を出せるかが鍵となります。そこで今回は、企業のプロモーション動画活用事例を元に、制作するメリットやポイントもご紹介しましょう。プロモーション動画の制作を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

企業PR動画とは?

 

企業PR動画とは、企業の認知度向上やブランディングを目的に企業のPRを行うための動画です。PR動画といっても、商品やサービスを紹介する動画から自社の活動を紹介する動画など、その種類は多岐にわたります。

そもそも「PR」とはPublic Relationの頭文字をとった言葉であり、「組織・団体とそれを取り巻く人と望ましい関係を築くための行動・考え方」といった意味で使われていました。現代では「広報」という意味合いで広く使用されていますが、ただ認知度を高めるだけでなく、企業と多くのユーザーをつなげてより良い関係を構築することが目的です。そのため、企業PR動画の目的も企業の存在を知ってもらう以外に、企業が実践する活動・取り組みを認めてもらうことも動画を制作する目的に含まれます。

動画以外の手段でも企業の活動や取り組みを紹介することは可能です。例えばテレビCMや雑誌広告などのマス広告は、多くの情報をたくさんの人に届けられる手段として企業PRに活用されてきました。

しかし、現在はインターネットの普及によってマス広告のように不特定多数ではなく、ターゲットのユーザーに対して直接アプローチできます。マス広告よりも効果的に企業の情報を広くアピールするなら動画が適していると言えるでしょう。

企業PR動画のターゲット

 

企業PR動画で狙うターゲットは、大きく3つに分けられます。

BtoB 企業向け

BtoC 消費者向け

求職者向け

各ターゲットについて企業PRの映像がもたらす効果・影響などをご紹介しましょう。

BtoB 企業向け

他企業へ自社の商品・サービスや取り組みなどをアピールしたい場合に、企業PR動画が役立ちます。自社のホームページで公開するのはもちろん、セミナーや展示会などのイベントで活用するケースもあります。

特に展示会などのイベントには多くの企業担当者が集まっているため、BtoBに向けた企業PRの映像は非常に効果的です。企業のブースで流しているだけで多くの人に見てもらえますし、一人ひとりに説明する手間も省けます。こうしたメリットから、すでに多くの企業がPR動画を制作し、イベント時に流しているのです。

また、近年はオンライン展示会が開催されるケースも増えてきました。オンライン展示会だと商品などの実物を見てもらうことが難しいため、わかりやすく説明するためにも動画が用いられています。

BtoC 消費者向け

ターゲットが実際に商品・サービスを利用する消費者の場合、企業PR動画を制作することで購買・消費活動につながりやすく、売上・認知度のアップも期待できます。ただし、消費者をターゲットとする場合、単純に商品・サービスの特徴を説明するだけでは企業PR動画とは言えません。

企業と消費者が良い関係を構築するために、企業に対して好感を持てるような映像を制作する必要があります。また、「この企業の商品なら安心」という信頼感や、「この企業の商品は知っている」といった親近感なども重要です。

これらは企業のブランディングにおいても重要な要素となってくるため、消費者向けの企業PR動画を制作する際は取り入れてみてください。

求職者向け

企業PR動画は単に商品・サービスを売り込むために活用されるものではありません。求職者向けに採用活動の中で企業PRの映像を活用することもできます。

求職者向けに自社が手掛ける事業について詳しく解説する動画や、社内の雰囲気が伝わるような動画、実際に働いている人のインタビュー動画なども企業PR動画に含まれます。こういった動画は潜在的な求職者に対して自社の認知度を高める効果が期待できます。

名前も知らない企業より、名前は聞いたことのある企業の方が、就職活動で応募する際のハードルも下がりやすいです。また、求職者側は企業PRの映像を参考にしながら面接時の話題づくりにもできるため、求職者・企業の両方にメリットがあると言えます。

目的で分類できる企業PR動画の種類

 

企業PR動画には様々な種類があります。なぜ企業PR動画を制作したいのかきちんと目的を明確にしないと効果的な映像が作れないため、どのような種類があるのかも把握しておきましょう。

商品・サービスの紹介

自社が手掛ける商品やサービスを紹介する動画もPR動画の種類に含まれます。「PR動画」と聞いて多くのユーザーがイメージするのも商品・サービスの紹介動画でしょう。商品・サービスの紹介動画は様々なものに紹介されていますが、特に効果を発揮するのが無形商材やサービスです。

日用品や家具・家電など、形ある商品に関しては動画だけでなくカタログやDM、展示会など、様々な手段でPRすることが可能です。実際にあるものを紹介するため、ターゲットとなるユーザーも商品をある程度イメージできます。

しかし、ソフトウェアやアプリケーションなどの商品やサービスなどの無形商材は、いくらテキストと画像で説明しようとしても情報量が限られてしまい、きちんと伝わらずに購買・消費活動までつながらない可能性が高いです。こうした問題点を解決できるのが「動画」になります。動画であればテキストや画像以上に多くの情報を相手に伝えることが可能です。

もちろん、形ある商品であっても動画にすればより具体的に使っている時のイメージが湧きやすくなり、購買・消費行動につなげやすくなります。

ブランディング観点

ブランディング観点で制作する企業PR動画は、企業のイメージアップを図りつつ、競合他社との差別化を図る際に効果的です。ブランディングで映像を制作する場合は、ストーリー形式で制作するのがおすすめです。

ストーリー形式にすることでユーザーの興味を引きつつ、イメージアップも図れます。消費者の感情を刺激し、共感を得られるような内容のブランディング動画を目指しましょう。

また「○○といえばこの企業」というイメージを、動画を通してつけることで他社との差別化を図り、消費者から選んでもらえる可能性も高まります。

採用関連の動画

企業PR動画には採用関連の動画も含まれます。採用関連の動画を制作することで、企業の情報を正しく求職者に向けて発信できたり、入社後のミスマッチを防げたりします。

求職者は企業の情報を十分に集めてから応募するケースが多いです。一般的には公式サイトやカタログ・パンフレットなどを見ますが、テキストや画像だけでは仕事について理解が難しい箇所も出てきてしまうでしょう。しかし、採用関連動画を制作すればテキストでは伝えられなかった部分まで伝わり、求職者の応募につながりやすくなります。

また、テキストでは伝わりづらい社内の雰囲気なども動画なら伝わりやすいです。社風が合わずにすぐ退職されてしまうと、企業側も採用コストの負担が大きくなってしまいます。ミスマッチを防ぐためにも動画制作がおすすめです。

企業の活動内容紹介(広報PR)

企業が取り組む活動を紹介する動画も、企業PR動画に含まれます。具体的には事業内容だけでなく、企業が地域貢献のために行っている活動やSDGsなどの国際的な取り組み、コンプライアンス遵守に向けた活動などです。

こうした活動はテキストなどで説明すると抽象的になってしまい、想像もしにくいです。しかし、映像を見ればどのような活動を行っているのかがすぐに理解できます。また、こうした映像で事業以外の取り組みを紹介すると、投資家からも評価を得やすくなります。消費者だけでなく投資家からのイメージアップも図れるのは、企業PR動画の魅力と言えるでしょう。

企業のプロモーション動画の制作費の相場

 

動画制作を行う場合、初めてだとどれくらいの費用感なのかわからない方も多いでしょう。一般的に企業のプロモーション動画を制作する場合の費用相場は、10万~200万円となります。ただし、内容やクオリティによって制作費用は大きく変動するので、あくまで参考程度に届けておきましょう。

より詳しく制作費の相場について知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連リンク

.c-relatedArticles__listItem { margin: 16px 0; border: 1px solid #e4e4e4; } @media (min-width: 1000px) { .c-relatedArticles__listItem { padding-top: 16px; padding-right: 16px; padding-bottom: 16px; } .c-relatedArticles__articleImage { left: 16px; } } @media (max-width: 999px) { .c-relatedArticles__listItem { padding-top: 8px; padding-right: 8px; padding-bottom: 8px; min-height: 92px; } .c-relatedArticles__articleImage { left: 8px; } }

企業がPR動画・映像を活用するメリット

 

企業のプロモーション動画活用事例は多くありますが、それは、メリットがあるからに他なりません。続いては、プロモーション動画を活用することで得られるメリットについてご紹介します。

短時間で多くの情報が伝わる

動画は、視覚と聴覚に訴えられる表現方法であるため、短い時間であっても多くの情報を伝えることができます。仮に静止画だった場合、文字や画像の情報のみの発信となりますが、動画にすれば音声が加わり、同じだけの時間を使っても情報量が格段に多くなるのです。静止画や文字と比較した場合、動画は約5,000倍もの情報量が伝えられると言われています。

視聴者側も文章を読む手間が省けるので、情報を瞬時に理解しやすくなります。限られた時間の中で、よりリアルな情報を伝えることができるというのは、プロモーション動画ならではのメリットです。

記憶に残りやすい

視覚と聴覚の両方に訴えかけられるとうことは、その分記憶に残りやすいというメリットもあります。例えば、BGMを組み合わせた動画にすれば、企業が持ってもらいたい商品やサービスのイメージをそのままの状態で伝えられます。可愛いキャラクターやCGなど、工夫次第で視聴者の共感・インパクト・親近感・感動などを与えることも可能です。

認知度の高さは、企業の信頼度にも直結します。ネームバリューがあるという理由で商品を選ぶという方も少なくないからです。

用途が広い

プロモーション動画は、ホームページや展示会・営業・広告など様々なシーンで活用できます。1度制作してしまえば同じ動画をあらゆる場面で使えるので、繰り返し使用できる点もメリットです。

新たに動画広告を制作する手間も時間もかからないため、企業にとって大変貴重なツールになります。用途が広いことは、プロモーション動画を制作する大きなメリットです。

企業PR動画の作り方

 

企業PR動画を制作するなら、どのような準備が必要で、どんな作り方になるのか把握しておくことも大切です。ここからは、企業PR動画の作り方についてご紹介します。

コンセプト・ターゲットを明確にする

動画を制作する前に、まずはコンセプトと誰に向けた動画にするのかを決めることが大切です。誰に・どんなことを伝えたいのかが明確になっていると、視聴者も理解しやすくなります。動画の内容が理解できると視聴者も共感でき、企業のPRに大きな効果をもたらしてくれます。

動画のコンセプトを決めるためにも、まずはターゲットを明確にしましょう。ターゲットは「50代男性」「女子高生向け」など大まかに決めるよりも、細かく設定した方が特定のユーザーに響く動画に仕上がります。

・BtoB向けなのか、BtoC向けなのか

・住んでいる場所

・性別

・年齢層

・趣味や嗜好

ターゲットが決まったら、動画のコンセプトを決めます。コンセプトは「どんなことを動画で伝えたいのか」を考えて設定しましょう。

ただし、色んな情報を伝えたいからといって複数のメッセージを動画に詰め込んでしまうと、視聴者も理解できなくなってしまい動画による効果が薄れてしまいます。コンセプトを決める際は伝えたい情報を1つに絞ることが大切です。

制作スケジュールを決める

次に制作スケジュールを決めておきます。動画制作はその動画によっても異なりますが、一般的には1~3ヶ月程度を目安に完成します。クオリティの高い動画に仕上げたい場合や長尺動画の場合、さらに期間を要する可能性も高いです。

動画を公開したい時期が決まっている場合は、逆算してスケジュールを決めるようにしましょう。例えば展示会のブースで流す動画を作りたい場合は、すでに動画を使用する日が決まっているため、その日にちを元に最低でも3ヶ月前には動画制作会社に問い合わせをした方が良いです。

制作スケジュールに余裕がないと、予想外のトラブルが発生した際に対応が難しくなってしまいます。余裕のあるスケジュールだと万が一トラブルが起きてもいいようにスケジュールを組めるので、動画の仕上がりも良くなります。そのため、制作スケジュールを決める際はなるべく余裕を持ったスケジュールにするのがおすすめです。

予算を設定する

いくら質の高い映像を作りたいからといっても、企業によって出せる予算は異なります。スケジュールが決まったら、どれくらいの予算をかけられるのか設定しておくことも大切です。予算によって動画に用いられる技術が違ってきます。

例えば予算が十分にあれば実写で撮影した映像を使ったり、3DCGなど高度な技術・ツールを用いた動画を作ったりすることもできます。予算を抑えたい場合は画像・テキストのみを用いたスライドショー形式の動画になる可能性が高いです。

どれくらいの予算だとどんな動画が完成するのか知りたい方は、動画制作会社のホームページをチェックしてみましょう。動画制作会社の実績には完成した動画の事例とかかった費用を掲載している場合もあります。費用感を知りたい時にもおすすめです。

また、動画制作会社の多くは予算に合わせてプランニングを行ってくれます。予算を決めてから制作会社に相談した方が、無駄にコストをかけずに企業PR動画を制作できるでしょう。

制作会社に相談する

企業PR動画は、企業のイメージアップを図るなどの目的を達成するために制作していきます。この目的を達成するためには、ある程度クオリティの高い動画を作らなければなりません。

動画制作自体は自社でも行えますが、そのノウハウがなければ企業PR動画の目的を果たせずに終わってしまう可能性もあります。むしろ、イメージダウンにつながってしまう可能性もあるため、注意が必要です。そのため、企業PR動画を制作するなら、プロの動画制作会社に相談するのがおすすめです。

動画制作会社の中でも、企業PR動画を制作した実績があるところを選びましょう。それぞれの制作会社によって強みは異なり、対応している動画の種類も違ってきます。

もし企業PR動画を作ったことがないところに依頼してしまうと、望んでいたものとは違う動画に仕上がってしまう可能性が高いです。予算に合った動画制作プランを提案してもらうためにも、多くの実績を持つ制作会社へ気軽に相談してみましょう。

 

企業PR動画の成功事例を価格帯ごとにご紹介

 

動画は予算によって、制作可能な尺や内容、演出、SNSや動画プラットフォームなど配信する媒体などでも変わってきます。ここで、参考として価格帯別に企業PR動画の成功事例をご紹介しましょう。

3~10万円:企業PR動画の成功事例

綿棒製品PR動画/株式会社山洋

 
動画の種類実写
費用3~10万円
動画の長さ30秒

株式会社山洋が販売する耳かき綿棒のPR動画です。商品名が「至福」であることから、日用品でありながらも贅沢品のように見せる構成や演出を取り入れています。

綿棒が独特な形状をしていることから、グラフィックを用いてわかりやすく機能性をアピールしているのも特徴です。また、被写体を実物より拡大して見せるマクロ写真を使い、綿棒の質感まで伝わってきます。

テロップを活用して訴求ポイントを強調しているため、わずか30秒でも商品の魅力を十分に伝えられる動画となっています。

メイク用綿棒PR動画/株式会社山洋

 
動画の種類イラストアニメーション
費用3~10万円
動画の長さ55秒

上記でもご紹介した株式会社山洋は、メイク用綿棒「nico」のPR動画も制作しています。こちらの動画ではイラストアニメーションによって、商品の特徴や魅力を伝えているのが特徴です。アニメーション動画にすることで、親しみやすさも感じやすいでしょう。

冒頭でメイクに特化した綿棒であることをアピールし、ターゲットの関心を引く工夫が施されています。具体的な使い方を提示しているので、商品の特徴や利便性が伝わりやすく、購買意欲の向上にも期待できます。

10~30万円:企業PR動画の成功事例

サイネージ用のコーヒー商品PR動画/タリーズコーヒージャパン株式会社

 
動画の種類実写
費用10~30万円
動画の長さ30秒

コーヒーショップのタリーズコーヒーは、店舗に設置されるサイネージ用に商品PR動画を制作しました。コーヒーを注ぐ瞬間やコーヒー豆を焙煎するシーンをスロー再生にすることで、コーヒーの味わいや香りを連想させ、「飲みたい」と思わせる動画に仕上がっています。

また、画面デザインをシンプルにしているのも特徴です。シンプルなデザインにすることで、視聴者に五感を刺激させるシーンをしっかり見せられるようにしています。

プロバイダーサービス紹介動画/株式会社ネットフォレスト

 
動画の種類実写
費用10~30万円
動画の長さ20秒

株式会社ネットフォレストは、ゲーマー向けのプロバイダーサービスをPRする目的で、動画を作成しました。冒頭に誰に向けたサービスなのかを表現しているので、ターゲット層の興味を引く動画となっています。

サービスの特長はポイントを絞って動画内に盛り込んでいるので、20秒程の動画でもメリットをしっかり伝えることが可能です。最後にはWebに誘導しているので、興味を持った視聴者がWebサイトにアクセスしてくれる可能性を高めています。

歯髄再生治療の認知度向上動画/アエラスバイオ株式会社

 
動画の種類3DCG動画
費用10~30万円
動画の長さ30秒

歯科関連事業を展開するアエラスバイオ株式会社は、歯髄再生治療の認知度向上のためにPR動画を制作しました。冒頭から歯の3DCG映像と「歯の神経は再生させる時代」というキャッチコピーを表示させ、先進の医療法だと強くアピールしています。

また、アニメーションによってわかりやすく治療法の概要を紹介しているので、誰もが直感的に理解できるようになっています。社名やWeb検索を誘導するカットを入れているので、会社の認知獲得にも期待できる動画です。

保険サービスの紹介動画/株式会社ライフプラザパートナーズ

 
動画の種類モーショングラフィックス
費用10~30万円
動画の長さ30秒

保険代理店の株式会社ライフプラザパートナーズは、新規顧客の獲得を目的にサービスの紹介動画を制作しました。ターゲットの関心を引くために、冒頭に「保険のプロ集団」というキャッチコピーを表示しています。さらに、取扱商品や相談体制をテロップでわかりやすく紹介し、サービスの優位性をアピールしています。

短い尺でもしっかり訴求ができるように、特に強調したい部分はエフェクトを入れて視聴者の注意を引いているのも特徴です。また、コーポレートカラーの赤をメインに、それを印象付けるために白と紺色を使うことで、インパクトのある画面デザインとなっています。

住宅販売サービス動画/まいほむ株式会社

 
動画の種類イラストアニメーション
費用10~30万円
動画の長さ15秒

まいほむ株式会社様は、新規顧客獲得を目的に住宅販売サービス紹介動画を制作しました。一戸建ての購入を検討する若い世代をターゲットに、アメコミ風のイラストアニメーションを用いています。リノベーション住宅ならリーズナブルに家を購入できることを、漫画を読んでいる感覚で理解できる構成が特徴です。

また、実際のリノベーション住宅の画像を動画に取り入れています。そのため、リノベーション住宅の良さや魅力的な住宅の提供が可能であることをしっかりアピールし、関心を持ってもらいやすい動画になっています。

歯科医院のサイネージ用動画/イターナル歯科クリニック

 
動画の種類アニメーション
費用10~30万円
動画の長さ15秒

イターナル歯科クリニックは、鉄道駅構内に設置されるサイネージ用に動画を制作しています。動画制作の目的は、インビザラインという歯科矯正のPRです。

動画では、強烈なビジュアルを持つキャラクターが登場し、コミカルにインビザラインを紹介しています。そのため、駅の中を行き交う人が思わず立ち止まって見てしまうPR動画になりました。

インビザラインは、今までの歯科矯正と比べて目立ちにくいというメリットがあります。目立ちたがりやのキャラと目立たないキャラを使うことで、その特長をアピールしています。

30万円~:企業PR動画の成功事例

アスファルト事業紹介動画/伊藤忠エネクス株式会社

 
動画の種類イラストアニメーション
費用30万円~
動画の長さ6分4秒

伊藤忠エネクス株式会社は、ステークホルダーに向けてアスファルト事業を紹介する動画を制作しました。カジュアルなイラストアニメーションで、アスファルトの現状から最新の事情、事業の優位性を紹介しています。

デフォルメ手法を用いることで、難しそうな事業内容もイメージしやすいものとなっています。まるで絵本を読んでいるような感覚で見ることができるので、6分の長さでも離脱されるリスクは低いでしょう。

企業採用動画/双葉電子工業株式会社

 
動画の種類アニメーション
費用30万円~
動画の長さ1分53秒

双葉電子工業株式会社は、採用PR動画を制作しました。社会に貢献するものづくりを行う会社であることをアニメーションでわかりやすく紹介しています。

ポップな色合いのイラストを用いることで、モノづくりの楽しさや仕事のワクワク感が表現されています。イラストは細部まで作り込んでいるので、約2分の短さでも多くの情報量を得ることが可能です。

ブランディング動画/ AIRDO株式会社

 
動画の種類実写
費用30万円~
動画の長さ3分

航空会社のAIRDO株式会社は、ブランドの世界観を伝える目的でブランディング動画を制作しました。映像では実際に働くスタッフのシーンを取り入れています。お客さんへの接客対応をはじめ、普段目にする機会が少ない整備士や運航乗務員の仕事シーンも取り入れ、仕事に対する熱意やサービス提供の安心感を伝えています。

また、拠点がある北海道の美しさや魅力が伝わる映像も入れることで、地域に愛着を持つ視聴者に強く訴求できる動画となりました。

オフィスビルのコンセプトPV/日鉄興和不動産株式会社

動画の種類実写
費用30万円~
動画の長さ2分27秒

日鉄興和不動産株式会社は、オフィスビルの新たな取り組みを発表するためにコンセプト動画を制作しました。実写映像でオフィスワーカーの日常を示し、オフィスビルの居心地の良さをアピールしています。

洗練されたオフィス空間とホスピタリティをアピールするために、全体的に上品で親しみやすいデザインで動画が作られているのも特徴です。楽しそうに働くワーカーの姿に、オフィスビルで働く魅力や新たな可能性が表現されており、オフィスワークに興味を引く動画となっています。

積算システムサービス紹介動画/株式会社エス・ビルドシステム

 
動画の種類実写・3DCG
費用30万円~
動画の長さ1分

株式会社エス・ビルドシステムは、積算システムサービスの紹介動画を制作しました。サイバー感のあるグラフィックや実写と3DCGを組み合わせることで、画期的なシステムであることをアピールしています。

動画に出演しているのは、「積算が面倒くさい」と感じているサイの顔をした会社員です。見た人が「なんだ?」と思わせる面白いキャラを出すことで、視聴者の興味を持たせています。また、冒頭から課題に触れ、その解決策にサービスを紹介する流れも強い訴求効果が期待できます。

企業PR動画/株式会社メイクス

 
動画の種類実写
費用30万円~
動画の長さ3分55秒

株式会社メイクスは、採用を目的に会社PR動画を制作しました。代表と社員のインタビューをメインとしており、求職者に仕事の魅力や会社の存在意義が伝わりやすい動画となっています。テロップやグラフィックはシンプルなものを使い、臨場感を演出しています。

また、インタビューでは人物の静止画にネームテロップを入れる工夫をすることで、登場人物の認知性を高めているのも特徴です。冒頭にはオフィス全体を見せる映像を入れ、職場の環境や雰囲気もアピールすることができます。

企業PRを成功させるための映像制作のポイント

 

最後に、プロモーション動画を制作する際に押さえたいポイントをご紹介します。

目的・ターゲットを明確にする

誰に何を伝えたいのかを明確にすることは、動画制作の基本です。目的とターゲットに見合った演出方法を計画することで、動画で支給する内容がより具体的なものになります。

特にターゲットの設定が曖昧なものになってしまうと、情報を届けるための動画を作ってもプロモーション効果が期待できない可能性があります。プロモーション動画を視聴してもらうことで、視聴者に何をして欲しいのかを定めることが重要です。

視聴者を引き込めるような冒頭・切り口にする

商品・サービスのプロモーション動画にする場合は、切り口も非常に重要です。視聴者が求めているものや、何を訴求すれば売上につながるかをしっかり見極めた上で、視聴者に与える印象を変えていきます。

例えば、役者を起用して動画そのもののクオリティを上げたり、敢えて素人の感想や意見を取り入れることで説得力を増したりするのも良いでしょう。ターゲティングにエリアが含まれているなら、それぞれの地域に特化した内容にしたり、エリアごとに発信する情報を変えたりするのもおすすめです。

プロの動画制作会社に依頼する

動画は、企業の顔になるものであり、自社に相応しいクオリティのものを制作する必要があります。目的やターゲットが明確になったとしても、高品質な動画にするために、従業員の負担も大きくなってしまうでしょう。

プロである動画制作会社に依頼すれば、こうした従業員の負担を減らし、品質の高い動画が制作できます。特に、長期的に様々な目的で活用するプロモーション動画であれば、定期的に何度も制作するものでないことも多いため、知識や経験・ノウハウを活かしたプロの視点で制作してもらう方がコストパフォーマンスも向上します。

動画制作・映像制作ならGJCへ

 

プロの動画制作会社に依頼する際は、既に多くの企業PR動画を手掛けてきた制作会社を選びましょう。制作会社のホームページなどに実績が掲載されている場合もあります。制作会社によっても得意なジャンルが異なるため、企業PR動画を多く手掛けているところだと安心して任せられます。

また、問い合わせ対応時のスピード感もチェックしておきましょう。レスポンスの早い会社はスムーズな動画制作も可能です。

一方、レスポンスの遅い会社はやり取りが遅れてしまい、その分動画の納期も延びてしまう可能性があります。素早く対応してくれる制作会社に依頼し、効果的な企業PR動画を制作しましょう。

制作実績4,000社以上を誇るGJCでは、企業規模や業界を問わず多くのお客様からご相談をいただき、動画制作・映像制作に取り組んでまいりました。弊社には実写やアニメーション、3DCGなど各ジャンルのプロクリエイターが在籍しているため、お客様のニーズにも柔軟にお応えできます。

短納期案件にももちろん対応いたします。企画・構成から画コンテづくり、概算のお見積りまで無料でご提案することも可能です。もし企業PR動画を制作したいものの、どこに相談すればいいか迷っている方は、ぜひGJCにお問い合わせください。

まとめ

 

プロモーション動画を活用している企業は年々増えています。そのため、ただ動画を制作するだけでは競合との差別化が図れず、期待していた販促効果が得られない可能性もあります。

今回紹介したプロモーション動画を制作するポイントを抑え、より効果の高い動画にするには、経験豊富な動画制作会社への依頼をおすすめします。GJCでは、数々のプロモーション動画の制作実績があり、企業に満足してもらえるようなクオリティを実現しています。
目的・ターゲティングから相談させていただけるので、お気軽にお問い合わせください。

 

Members制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact