Blog動画が持つ性質と効果とは?動画制作をする際のポイントも紹介

近年、インターネット上には動画を用いたコンテンツや広告が増えてきています。今や現代において欠かせない存在となっており、日常的に目にするという方も多いのではないでしょうか?

具体的に、動画にはどのような効果があるのか気になるという方もたくさんいます。そこで今回は、性質や効果、制作するにあたって押さえておくべきポイントについてご紹介します。動画制作をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

動画の持つ特性とその効果とは?

これまではテキストが主流でしたが、ネットが普及したことで動画を用いて情報を発信するといった手段が広く使われるようになりました。私たちにとって非常に身近な存在であるため、普段目にする機会も少なくありません。

また、数々の成功事例があることにより、様々な業界から大きな注目を集めています。最近では、WEBマーケティングの分野で注目されており、動画の特徴を最大限に活かしたコンテンツが見受けられます。PRしたい商品やサービスに対するユーザーの関心を高めることを目的としており、会社そのものに興味を持ってもらう手法としても有効です。

情報媒体として急成長を遂げている動画ですが、一体なぜこれほどまでに話題になっているのでしょうか?その理由を知るためには、特性・特徴や得られる効果を把握する必要があります。動画ならではのメリットを理解した上で、得られる効果について考えましょう。

$動画の特徴と効果$

ここでは、動画が持つ特性・特徴や、得られる効果についてご紹介します。テキストとは違い、映像を用いて人々に発信しているため、短時間で多くの情報が伝わり、内容も理解しやすくなっていることが最大の特徴です。テキストで表示してある場合は、書かれている文字を全て読まなければいけませんが、動画の場合は流れてくる映像を見ていれば自然と情報が頭の中に入ってきます。

また、人間は90秒を超えると視聴することをやめてしまう傾向があるため、その時間内に伝えたい内容をまとめている動画が多く見受けられます。そのため、短時間でも理解できるようになっているのです。

他にも、記憶の残りやすく、見ている人々の感情を動かす効果が期待できるといったことが挙げられます。動画は耳と目から情報を取り込むため、五感を2つ使っていることになります。また、映像はよりリアルに物事を伝えられる手法として、非常に有効であるため、人々の感情を動かしやすいのです。

このように感情が動かされると、記憶にも残りやすくなることが分かっており、双方の相乗効果によって本来以上の力を発揮しています。さらに、マーケティング事業を手掛けている会社が実施した「コンテンツマーケティング調査」によると、静止画ではなく動画をWEBサイトに掲載したところ、CVRが86%アップしたという結果が出ています。

CVRとは、設定した目標に対し、コンテンツにアクセスしたユーザーがどれほど利用しているかということを指しているものです。例えば、そのコンテンツが商品販売を目的としているものであった場合、どれだけのユーザーが購入・申し込みをしているのかといった結果を把握できるようになっています。

このように、得られた成果を可視化することによって、効果も明確になるのです。他にも、動画配信自体がSEO対策として効果が期待できるという考えもあります。

ユーザーが知りたいと思っている情報を映像として発信することで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから高品質なコンテンツだと判断されれば、検索結果の上位に表示されやすくなります。それを見た新たなユーザーがコンテンツにアクセスするといった連鎖を生み出すことが、マーケティング分野において非常に重要です。

動画制作の方法

では、WEBマーケティングを目的としている場合、一体どのような方法で動画を制作すればいいのでしょうか?どのような特性・特徴を持ち、どのような効果を発揮するのかしっかりと理解した上で、動画制作を始めることが非常に重要です。

初心者の方も仕組みさえ理解しておけば、難しいことは何もありません。上手く活用していくために、大まかな流れを把握しておくのがおすすめです。以下では、制作過程について詳しくご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

$動画制作の方法$

WEBマーケティングにおいて自社の動画を制作する場合には、大きく分けて3つの方法があります。まず1つ目は、自社で制作を行うという方法です。全ての作業を自社で行うため、制作にかかる費用は最小限に抑えることができますが、ある程度の知識やスキルがないと難しいと考えられます。

このように動画制作のノウハウがある人材がいない限り、クオリティにあまり期待はできません。一から始めるとなると莫大な時間がかかってしまう恐れがあります。

2つ目は、動画編集サービスを利用するという方法です。これは、ノウハウがなくても手軽に制作でき、これまでの作業時間を大幅に短縮できます。近年、自動で写真やテキストを入力したり、BGMを挿入したりと、便利な機能が多数備わっているサービスが続々と登場しています。

しかし、このようなサービスを利用している会社は他にもあるため、使用している写真やテキスト、BGMなどがかぶってしまう可能性があるということをあらかじめ把握しておきましょう。完全にオリジナルで制作したい場合には、あまりおすすめの方法ではありません。

そして、3つ目は動画制作を専門に扱う会社に依頼するという方法です。プロに依頼することによって、より高いマーケティング効果が得られる動画を制作してもらえます。自社では作れないようなクオリティの高いものが出来上がるため、依頼する会社も増えています。

しかし、自社で制作するのとは違い、高コストになってしまうことが予想されるため、依頼することを躊躇っている方も多いです。そんな時は、高クオリティでスピーディー、かつ低価格で制作してくれるGJCがおすすめです。

かかる費用は業界相場の半額となっているため、負担を最小限に抑えられます。低価格でサービスを提供している会社は、ディレクターや編集者がデザイナーを兼任している場合が多いですが、GJCにはクオリティが高いデザインを実現する専門のデザインチームがあるため、品質にも期待できます。

また、企画・構成・絵コンテは全て発注前に無料で行ってくれるので、具体的にどのような仕上がりになるか想像しやすいです。どのような仕上がりになるかイメージできないと不安に感じる方もいるため、このようなサービスがあると安心して依頼できます。

動画制作をする際のポイント・注意点

様々な年齢層の人々に情報を伝えられる動画は、業界問わず活躍しています。では、より多くの人々に正確な情報を伝えるためには、どのようなことに注意して制作をすればいいのでしょうか?ここでは、押さえておくべきポイントや注意点についてご紹介します。

$ポイント・注意点$

まずは、どのような人々をターゲットにするか、何を目的としているのかということを明確にしておく必要があります。この2つが決まらない限り、内容も曖昧になってしまい、伝わりづらくなるので要注意です。

いつ・誰に・どんな時に見てほしいのか、そしてどのようなメッセージを伝えたいのかを明確にしておくことによって、意味のある動画が制作できます。また、欲張って一つの動画にあまりにも多くの情報を詰め込んでしまわないようにすることが大切です。

情報量が多すぎると、見る人は頭の中で整理できなくなり、大事な情報を見落としてしまう可能性があります。本や雑誌などのテキストがメインとなっている媒体であれば時間は無制限であるため、情報量が多少多くても問題ありませんが、動画は時間内で情報を伝えなければいけないので、ユーザーに伝えたいことを簡潔にまとめる必要があります。

そのようなことを防ぐためにも、簡潔に分かりやすくまとめることが非常に重要です。注意すべき点は他にもいくつかあります。

まとめ

今回は、映像を通じて情報を発信する動画の特徴・特性や効果についてご紹介しました。より多くの情報を分かりやすく短時間で伝えるためには、動画の本質をしっかりと理解することや、自社の目標を明確に設定することが大切です。

現代人にとって身近な存在であるからこそ、動画は非常に大きな影響を与えています。動画マーケティングが主流になってきている今、競合に負けないような戦略を考えることが重要です。

GJCでは、高クオリティのデザインを業界最安値で提供しています。動画制作を検討しているのであれば、ぜひ依頼してみてはいかがでしょうか?

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact