Blog動画・映像制作会社おすすめ7選!依頼するメリットや選び方も紹介

IT技術が発展したことで、現在は多岐に渡る種類の動画制作・映像制作が可能になり、様々なメッセージを伝えられる動画・映像の企画は企業にとって重要だと考えられています。
しかし、視聴者により印象深い動画・映像を作るには、企画から綿密に練る必要があります。
ただ、企画を練るのに時間をかけたからといって、良い動画・映像に仕上がるとは言い切れません。
何を伝えるのか、ターゲットは誰なのかが十分に意識できていないと、うまく相手に伝えられるものが作れないからです。
そんな時は、動画・映像制作会社に依頼するのがおすすめです。
プロさながらの仕上がりで、マーケティング戦略にも抜群の動画・映像が作れるでしょう。
そこで今回は、動画・映像制作会社に依頼するメリットやおすすめの映像制作会社をご紹介します。

実績が豊富な映像制作会社

動画・映像制作会社を選ぶときに重要なのが、その会社の得意を見極めることです。
ここではまず、実績が豊富な映像制作会社をご紹介します。

$実績が豊富な映像制作会社$

・株式会社サムシングファン

動画・映像制作はもちろん映像活用や運用方法、SEO最適化などを得意としています。動画を作るには企画が大切なポイントになりますが、それ以上に作った動画をどのように活用していくかも理解していなければなりません。
しかし、これまで動画・映像を取り入れたマーケティング戦略を手がけていなかった企業の場合、どのように運用・活用すべきか悩んでしまうケースがあります。
株式会社サムシングファンは、そんな企業にこそおすすめしたい映像制作会社です。
動画配信サービス・完全リモートでの制作納品・ニーズに最適な動画クリエイターとのマッチングなども提供しているので、様々なサービスを利用できます。
最先端技術を駆使した撮影をはじめ、ハイレベルな動画・映像もできるので、安心して任せられます。

・東北新社

東北新社は、テレビCM・コンピューターグラフィックスなど多岐に渡る事業を展開しており、動画・映像と一口にいっても劇場用・テレビ制作における配給や配給に至るまで一貫して提供しています。
企画・演出・編集まで全て行ってくれるため、ハイクオリティの仕上がりが期待できます。
受賞歴も多数あり、1993年には日清カップヌードルCMがカンヌ国際映画祭グランプリを獲得しました。
国内を代表する大手企業との取引も多く、国内トップを争う実績のある映像制作会社だと言えます。

・株式会社CACTAS

株式会社CACTASはWEB動画制作に特化しており、大手企業や中小企業・スタートアップ企業・ベンチャー企業など多くの企業において年間300本以上の実績がある映像制作会社です。
2018年に創業したばかりですが、動画広告をはじめYouTube動画・サービス紹介動画・イベント動画・採用動画・企業VIPなど多岐に渡る動画・映像に対応できるのが特徴です。
クリエイターネットワークは国内最大級となっており、独自のAI編集ツールやノウハウを駆使したハイクオリティ動画が低コストで仕上がります。
動画施策コンサルティングや運用・活用方法、出稿などもスピーディーかつ丁寧に対応してくれるので安心して依頼できます。

株式会社Global Japan Corporation(GJC)

株式会社GJCは、マーケティング・プロモーション向け動画・映像制作を得意としているほか、ログ解析・ワークショップ等のリサーチやターゲットの課題解決を図るコンテンツ設計を行います。高品質でありながら成果のある動画・映像を制作できることから、三菱商事株式会社やサントリー酒類株式会社など、大手企業をはじめとした4000社60業種以上もの実績があります。最新技術を駆使した動画・映像制作であっても、低価格での制作を可能としており、低コストでハイクオリティの仕上がりが特徴です。

マーケティングに強い映像制作会社

続いて、マーケティングに強い映像制作会社をご紹介します。

$マーケティングに強い映像制作会社$

・株式会社LOCUS

株式会社LOCUSでは、動画の企画から完成までを一貫して行っており、VRやドローンといった最先端技術を用いて幅広いニーズに応じた制作が可能です。動画クリエイターは700名以上で取引者数は1600社以上、年間では1500本以上の動画・映像を制作している会社です。動画コンサルティングサービスや運用支援なども行っているほか、マーケティング・企業コミュニケーション・採用の各担当者が適切な解決策を提案しています。

・プルークス

プルークスは大手の映像制作会社で、年間1000本以上の動画・映像制作を実現しています。
さらに、毎年300社ほどの新規クライアントが増加しており、多くの企業が注目している映像制作会社です。
再生数・視聴者数獲得・視聴維持率獲得などを目的とした動画・映像制作が得意で、代理店を通さずに依頼できるため低コストで制作できます。
様々な種類の広告動画を手がけていますが、他にもサービス・アプリ紹介・ゲーム・展示会・社内総会・セミナーなど幅広い映像への対応が可能です。

・モバーシャル株式会社

モバーシャル株式会社では、クリエイティブ・マーケティング・アカウントの分野でチームを組んでおり、動画・映像制作に関して全て内製しています。動画広告はもちろん、ライブ配信やドローン空撮、YouTubeアカウント運営なども手がけており、運用代行やマーケティング活動も得意としています。
動画・映像を用いて、幅広いマーケティングサービスを受けることができるのも魅力の1つです。

制作会社に依頼するメリットは?

動画・映像を制作会社に依頼するメリットはとても多いです。
ここでは、実際に制作会社へ依頼するメリットをご紹介します。

$メリット$

通常であれば、動画・映像の企画・撮影・編集・配信まで全て自社内で行う必要がありますが、制作会社に依頼することで以下のようなメリットがあります。

・品質の高い動画・映像ができる

近年では、動画編集ソフトや簡単に動画作成ができる素材や機器が増えてきました。
しかし、それらを用いて自社内でマーケティングを目的に動画・映像を制作しようとした場合、簡単なものは作れても専門的な知識を基に作れるわけではないため、品質が劣ってしまう可能性があります。
制作会社に依頼すれば、整った設備において専門知識を駆使して自社に最適な動画・映像が制作できます。
特に、他とは違うWEB広告を配信して新規顧客獲得を目指したい場合や、より印象に残るような動画に仕上げたいと考えている場合は、企画の段階でしっかりとターゲットや伝えたい内容を明確にする必要があります。
自社で制作するよりも、短い期間でハイクオリティの仕上がりが期待できるという点は、大きなメリットです。

・制作した動画・映像をプロモーションやイベント運営に活かせる

制作会社は、広告代理店やイベント会社といった関連会社とのつながりがあります。
そのため、制作を依頼して完成したらそのままプロモーションやイベント運営へと活かすことができるのです。
動画・映像制作後にプロモーションだけでなくイベントを企画しているケースも多いですが、大規模なイベントともなると準備に時間を要します。
しかし、広告代理店やイベント会社とのつながりがある映像制作会社に依頼することで、運用・活用段階までスムーズに進められるようになるのです。

制作会社の選び方のポイン

では、映像制作会社を選ぶ際にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

$選び方$

選び方のポイントには、制作会社の実績や品質・スピードなどが挙げられます。

・制作実績

動画・映像の品質は、制作実績が大きく影響します。
品質を測るために参考にできる要素なので、依頼を検討している映像制作会社のホームページで確認してみてください。
ほとんどの制作会社では、実績や動画制作事例、取引者数などを紹介しています。

・ニーズに合うか

どんなに実績があって品質の高い動画・映像が作れても、自社のニーズに適してなければ意味がありません。
制作の目的やイメージなど、ニーズに合う会社を選ぶ必要があります。
制作会社によって、得意不得意が当然あるので、自社が求めるものを得意とする会社を探すことがポイントです。

・スピード

動画・映像制作サービスを手がける会社では、動画の種類によって機材を調整したり作業工数を明確に決めたりその見積もりが変動します。
しかし、自社のスケジュールの兼ね合いもあるため、納期間に合うよう注意しなければなりません。
スピーディーに対応してもらえるかどうか、また期日までに間に合うかどうかも重視すべきポイントです。

制作会社に依頼する際のコツ・注意点

最後に、映像制作会社に依頼する際のコツや注意点をご紹介します。

$コツ・注意点$

実際に映像制作会社に依頼する際には、予算以上に費用がかかってしまう可能性があります。
特に、最先端技術を用いた動画・映像を依頼する場合は、その分人員と最新機材導入で費用が高くなってしまうため注意が必要です。
一方、制作会社の中には少額案件を受けてくれないケースがあります。
では、コストを抑えつつ品質の良い動画・映像を依頼するにはどうすれば良いのでしょうか?

・コンセプトを明確にする

動画・映像制作には企画から運用までの流れがありますが、その中のうち自社でも可能な部分を考えましょう。
企画・撮影まで自社でできるのであれば、撮影データを用意して編集のみを依頼することも可能です。

・複数の動画・映像をまとめて依頼する

定期的に動画・映像運用を企画している場合や、今後も作る計画があるなら、まとめて発注することでコストを抑えることができます。
動画の種類にもよりますが、数ヶ月先に動画・映像制作の依頼予定があるなら、複数まとめて依頼するようにしましょう。

まとめ

最近では、専門知識がなくてもスマートフォンや動画サイトなどを使って簡単に動画・映像制作ができるようになりました。
しかし、より品質の高い動画・映像を考えているのであれば、プロの映像制作会社に依頼することをおすすめします。
実績のある制作会社で自社のニーズに合う動画・映像を依頼すれば、求めている仕上がり以上のクオリティが期待できるでしょう。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact