動画制作会社の選び方チェックリスト | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog動画制作会社の選び方チェックリスト

動画制作会社を比較検討する際に見極めるべきポイント

近年、マーケティングや集客などを目的に多くの企業で動画を導入するようになりました。
IT 技術の発展に伴い、動画制作や編集も容易になり、企業独自に制作するケースも増えています。
しかし、少しでも多くの人に視聴してもらうには、動画の質や仕上がりが重要です。
費用対効果の高い動画を制作したいなら、動画制作会社に依頼することをおすすめします。
専門的な知識のある動画制作会社に依頼すれば、よりインパクトのある動画を作ることができるからです。
そこで今回は、動画制作会社の選び方について解説していきます。
動画制作会社をどのように選べば良いのか、ポイントが知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

選び方のポイントは品質・実績・スピード

品質の高さ

動画や映像を動画制作会社に依頼することは、品質の高い動画が仕上がるのはもちろん、
実際にプロモーションやイベント運営など様々な場面で活かせるなどの多くのメリットがあります。
では、動画制作会社はどのように選べば良いのでしょうか?
選び方のポイントは、品質・実績・スピードです。
どんなに安くても、条件が良くても、仕上がった動画・映像の品質が悪ければ意味がありません。
企業が独自で制作する以上のクオリティを実現できるからこそ、動画制作会社に依頼するメリットがあるからです。
動画制作会社が制作する動画・映像は、専門的な知識を基にして制作するので、企業に合わせて最適なものに仕上げることができます。
新規顧客獲得を目指したい・企業PR 動画としてWeb 広告に載せたい、といった明確な目的があるなら、高い品質の動画・映像を制作してくれる会社を選ぶ必要があります。
実際に制作した事例を見て、動画・映像の品質がどうか確認することが大切です。
実際に利用した企業の口コミや活用事例を参考にしてみるのもおすすめです。

実績がある

制作実績は、動画・映像の品質にも直結します。
実際に動画制作会社が手掛ける動画・映像の品質を確認するためにも、実績があるかどうかも確認しましょう。
HP には、動画制作事例や実績、取引数などを掲載していることが多いです。
実績が豊富な動画制作会社では、年間数百本以上の制作実績がある所もあります。

スピード

実際に動画・映像を依頼すると、動画制作会社はその目的に応じて機材調整や作業工数を踏まえて見積もりを出します。
スケジュールは制作する動画の内容によって異なりますが、自社のスケジュールの都合も考えると、できるだけスピーディに仕上げられる所の方が望ましいです。
間に合わせたい期日があるなら、それまでに間に合うかどうかも制作会社を選ぶ際のポイントになります。

ニーズにマッチした動画が制作できるか

実績があり品質が高いことに加えてスピーディに制作してくれても、目的に沿わない動画・映像に仕上がってしまえば意味がありません。
なぜ動画を制作したいのか、目的が明確になっているなら、依頼先にしっかりと伝わるようにする必要があります。
中には検討している動画制作会社が、自社のニーズとマッチしない可能性もあります。
動画制作会社によって、どんな動画・映像が得意なのかも異なるからです。
自社が求めているニーズと合うかどうかは、制作会社との相性が重要になります。

どこまで依頼できるか

IT 技術が向上したこともあり、現在は専門的な知識がなくても動画を撮影できるようになりました。
そのため、自社で動画・映像自体の撮影は終わっていて、編集だけを依頼したいといったケースも多いです。
動画制作会社によっては、必要な作業だけでも依頼可能な所があります。
撮影から編集まで全ての工程を依頼するのか、全行程の一部のみ依頼するのかによっても、会社選びは変わってきます。
全行程の一部だけを依頼するなら、その分費用も抑えることができるため、自社でできる作業とそうでない部分を明確化することも大切です。

動画制作会社を選ぶタイミングと依頼するコツ

では、実際に動画制作会社を選ぶタイミングはいつが良いのでしょうか?
ここでは、適切なタイミングや依頼する際のコツをご紹介します。

どのタイミングで動画制作会社を決定するべき?

選び方のポイントを踏まえて、「この会社なら大丈夫」とすぐさま依頼先を決定するのはまだ早いです。
タイミングとしては、見積もりを出してもらい、担当スタッフとの相性を判断してからがベストです。

・見積もりを確認してから

適切なタイミングとしては、見積もり確認後がおすすめです。
動画・映像の制作にかかる費用やスピードは依頼先によって異なるので、相場や予算を踏まえて見積もりを確認する必要があります。
相場や予算を遥かに超える金額を提示されたり、期日までに間に合わなかったりするケースもあるので、必ず見積もりを確認してから依頼するか判断するようにしましょう。

・担当スタッフとの相性を判断してから

検討している動画制作会社の担当スタッフとの相性も、会社選びに重要なポイントになります。
どんなに条件が良くても、担当スタッフとの相性が悪ければ質の高い動画・映像はできません。
お互いが重視していることが一致していれば動画・映像完成までスムーズにいきますが、そうでなければ時間がかかってしまう可能性もあります。
「担当スタッフとは合わない」と感じるなら、なるべく早いうちに別の動画制作会社に依頼するか、担当を変更してもらってください。

依頼する際のコツ

続いて、実際に動画・映像制作を依頼するコツです。
依頼する際のコツとしては、コンセプトを決めておくこと・複数まとめて依頼することが挙げられます。

・コンセプトを決めておく

動画・映像制作においては、コンセプトを決めているかが仕上がりに大きく影響します。
制作する動画・映像の企画・運用までの流れがある中で、どんなコンセプトを持って進めていきたいのかが明確になっていないと、後々完成までに時間がかかってしまうことになります。
予め自社でできること、そうでないことも踏まえてコンセプトを決めておかなければなりません。

・複数まとめて依頼する

動画制作会社の中には、少額の案件では引き受けてくれない場合も少なくありません。
定期的に動画・映像を運用していきたいといった場合や、今後も制作する可能性が高い場合には、できるだけ複数の動画をまとめて依頼するようにしましょう。

「破格の安さ」を売りにしている所は注意しよう

最近では、格安で制作してくれる動画制作会社も増えてきています。
コスト面を重視して、安い費用で動画・映像を制作してくれる会社を選びたいといった考えを持っている企業も多いかもしれません。
しかし、こうした破格の安さを売りにしている所は注意しなければならないことがあります。

安さだけで選ぶのはNG

そもそも、動画・映像を自社のマーケティング戦略として活用しようと思っているなら、求めるべきは品質です。
そのため、安さだけで動画制作会社を決めるのはできるだけ避けなければなりません。
安さが売りになっている所は、安さの理由をきちんと確認しましょう。
もし、人件費を下げることで格安での動画・映像制作を実現しているなら、経験の浅いスタッフに編集を任せたり、完成までに時間がかかってしまったりする可能性もあります。
制作工程を簡素化するためのシステム導入が安さの理由ならば、そこまで心配する必要はありません。
ただ、動画・映像制作自体が相場より安くても、オプションとして修正費用が発生する場合もあります。
オプションや別料金になっている部分があるなら、見落としのないようによく確認しておきましょう。
安いということは、その分動画制作会社の利益が少ないことを意味します。
専門知識を駆使してクオリティの高い動画・映像を制作するには、ある程度まとまった費用がかかるものです。
ニーズに合わせた品質の高い動画を期待しているなら、企画・提案・撮影・編集などそれぞれの技術が確かな所をおすすめします。

費用を少しでも抑えたいなら

少しでも費用を抑えたいと考えているのであれば、全行程の一部を自社で行うことも視野入れてみてください。
例えば、データを準備して、それを基に動画にしてもらうパターンや、動画を自社で撮影して、それを編集してもらうパターンなどがあります。

・データを準備する

始めから動画を撮影するのではなく、パンフレットやチラシなどの静止画のデータをまとめることで動画・映像にするという方法もあります。そのまま流すだけではスライドショーになってしまいますが、静止画の組み合わせ方やテロップ挿入など工夫すれば質の高い動画・映像として仕上げることもできるのです。
静止画のデータを予め準備しておけば、動画制作会社にそのデータを基に動画・映像に編集してもらえます。
自社でデータだけ準備しておくだけでも、費用負担が少なくなります。

・自社で撮影する

自社で撮影というと難しいのではないかと考える人は多いかもしれません。
それでも、最近では通常のカメラやスマートフォンのカメラでも美しく撮影できる機能が充実しています。
会社内にカメラが趣味の人や、動画撮影に詳しい人がいれば、自社で撮影するのも方法の1 つです。
三脚を使用したり、カメラを固定したりすればブレ防止ができ、アングルも調整しやすくなります。
動画編集は知識がないと難しいケースもありますが、便利なアプリも登場してきているので、動画編集も自社で行うことは可能です。ただ、コスト面を優先するあまり、当初の動画・映像制作の目的やニーズに沿わないものになってしまわないよう注意しなければなりません。
また、動画制作会社では、プロデューサー・ディレクター・構成作家・カメラマン・編集者など、それぞれの専門家が1 つの動画・映像制作に携わるため、自社で撮影するよりも当然クオリティは高くなります。
自社で撮影してデータを用意するだけでも、プロに編集を任せることができます。
少しでも費用を抑えたいなら、一部の工程のみ自社で行うといった方法を取るようにしましょう。

複数の動画制作会社を比較して検討しよう

よりインパクトのある印象深い動画・映像に仕上げるには、動画制作会社に依頼するのが得策です。
その上で、よりニーズに合う動画・映像を実現するには動画制作会社選びが非常に重要になります。
動画制作会社を検討する時には、最初から1 社に絞るのではなく、複数の会社を比較することが大切です。
先に述べたように、制作会社選びの際には制作する動画の質の高さや実績、スピード、ニーズなどのポイントを踏まえながら見極める必要があります。
動画制作会社は、当然ながらそれぞれ売りにしている特徴が異なり、得意とする分野も違います。
よりマーケティングに強い動画・映像を期待しているなら、プロさながらの仕上がりのマーケティングに特化したものが仕上がる会社を選びましょう。
多少コストがかかっても信頼できる所に依頼したいなら、実績が豊富で年間制作本数が多いかどうかを踏まえて選ぶことをおすすめします。
自社の目的とニーズに合わせて、いくつかの動画制作会社を比較しながら検討していくことが、視聴者にとって印象部会動画・映像を作る鍵となります。
自社でできることをまず考え、必要ならば企画の段階から動画制作会社と打ち合わせしてみてください。
企画は、視聴者にどのようなメッセージを届けたいかによって変わるため、綿密に練る必要があります。
動画制作会社の中には、企画・構成力に強い会社もたくさんあります。
プロに任せることで、様々なメッセージを伝えられる動画・映像にできるでしょう。

まとめ

今回は、数ある動画制作会社の選び方チェックポイントとして、比較検討に見極めるべきポイントをご紹介しました。
IT 技術の発展に伴い、素人でも気軽に美しい写真や動画が撮影できる時代になりました。
しかし、マーケティングにおける動画・映像制作となると専門知識を持ったプロに勝るものはありません。
動画制作会社では、企画から構成、デザイン、スピードなどプロさながらのクオリティでより視聴者の心を掴む動画・映像を制作しています。
実際に依頼を検討しているなら、まずは自社が思い描く理想のマーケティング戦略において、動画制作会社に求めるものは何かを明確化しましょう。
そして、それを基に複数の会社を比較して検討してみてください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact