Blog広告クリエイティブとは?種類や成果を出すためのポイントを紹介

最近よく耳にする「広告クリエイティブ」とは一体どのようなものなのかご存じでしょうか?
インターネットの普及により、様々な手段で企業のPRが行われるようになりました。

私たちが普段何気なく目にしているものの中にもあるかもしれません。
そこで今回は、「広告クリエイティブ」とは一体何か、その種類や成果を出すためのポイントについてご紹介します。

広告クリエイティブとは

では、まず初めにどのような媒体なのかについてご紹介していきます。
広告クリエイティブとは、広告の運用のための制作物を指す言葉です。

動画を視聴する際に流れてくる宣伝動画や、バナー、チラシなど、特定の何かをPRするために制作されている素材全般をそのように呼んでいます。
制作された広告クリエイティブのクオリティは、宣伝効果に大きく影響する非常に重要な役割を果たしています。

広告クリエイティブの重要性

従来の広告物との違いは、受け手に与える印象です。
広告らしさが抑えられているため、より自然にその存在をアピールすることができ、見ている側も不自然に感じることなく受け取れます。
あからさまに分かるように宣伝していると、受け手も警戒してしまうため、情報が入りにくくなってしまいます。

また、広告はより多くの人々に注目されなければいけません。
そのためには、受け手が広告にどのようなことを求めているか考える必要があります。
しかし、人それぞれ受け取り方や感じ方は異なるものです。
誰もが注目する広告を制作するには、そのクオリティが非常に重要になってきます。
デザインや情報量、構成など、様々な工夫をして発信することによって、より多くの人々に伝わるのです。

広告の種類

私たちの目に触れる機会が多くなった広告クリエイティブは、大きく分けて2つに分類されます。
以下では、それぞれの特徴やどのような方法で宣伝をしているかなどについてご紹介します。

オンライン広告

Web上で展開されている広告のことを言い、リスティング・ディスプレイ・ネイティブ・SNS広告などが含まれます。
GoogleやYahoo!などで検索をした際に、検索結果の画面に表示されるリスティング広告は、ユーザーが検索したワードに関連する広告を表示するため、より直接的なアプローチが可能です。

ディスプレイ広告は、各サイトの定められた枠に掲載されており、基本的にはバナー表示になっています。
ネット上に掲載されている記事やニュース、動画などの欄に、自然と溶け込むように表示されているのがネイティブ広告です。

Instagram、Twitter、LINE、Facebookなどで配信されている広告のことをSNS広告と言います。

オフライン広告

4大マス、交通機関、タクシー、野外で見かけるオフライン広告についてご紹介します。
テレビCM、雑誌、新聞、ラジオを通して行う4大マス広告は、以前から採用されていた宣伝法であるため、私たちにとって馴染み深いものではないでしょうか?

交通広告は、電車やバス、新幹線などの交通機関で見かけたことがあるという方も多いでしょう。
交通機関は、毎日の通勤や通学の際に見かけるので、自然と記憶にも残りやすいです。
先ほどご紹介した交通機関とは違い、タクシー広告は特定のターゲットに短時間で多くの情報を提供することが可能です。
車内には運転手と利用者しかいないため、広告に集中できます。

野外広告は、街中にある大型スクリーンや、商業施設・駅構内にあるデジタルサイネージを通して、多くの人々にアプローチしています。

広告クリエイティブの最近の流行

広告動画の活用幅が拡大していく中で、現在どのようなことがトレンドになっているのでしょうか?
ネットは私たちの想像を遥かに超えるスピードで進化しています。
最近では、バナーよりも、動画広告が主流になってきていると言われており、広告クリエイティブの変化が見られます。

今までは当たり前のように思っているバナー広告も、ネットが普及する以前はテキストがメインで採用されていたため、主流ではありませんでした。
バナー広告が登場したのは最近のことで、スマホ利用者の増加に伴い、どんどん拡大していきました。

バナー広告は現在に至るまで拡大し続けているので、目にする機会もあるでしょう。
しかし、それを上回る需要を誇っているのが動画広告です。
5Gが本格始動し始め、今後さらに加速していくことが予想されています。

テキストや画像で表示されるバナー広告よりも、動画で解説したり、紹介したりする方が、ユーザーに伝わりやすいため、動画広告が急激に増えているのです。
実際にこの手法で広告を表示している企業は多く見受けられます。

広告クリエイティブの作成例

動画制作の最先端を行く株式会社GJCを見れば、広告クリエイティブのトレンドが分かるでしょう。
実際に動画・映像制作会社のGJCが制作した広告動画についてみていきましょう。

$広告クリエイティブの作成例$

様々な分野を扱っているGJCでは、会社や学校、店舗のPR、CG・アニメーション、商品・サービス紹介、リクルート、SNSなど、多岐にわたる動画を制作しています。
具体的な例を3つご紹介します。

例えば、会社を紹介する動画では、代表取締役を務めている方のプロフィールや、会社概要、業務内容などが掲載されています。
また、CGやアニメーション分野で掲載されているのは、従来のサービスと比較してどのような点が優れているのか、誰をターゲットにしているのかなどの情報です。
さらに、商品・サービスの紹介には、特徴や強み、機能性など、アピールしたいポイントが動画になっています。

このように、様々な動画を制作するGJCの制作メンバーは、代表取締役、撮影技術責任者、ディレクター、編集クリエイター、デザイナーで構成されており、それぞれが知識やスキル、経験を活かしながら制作に取り組んでいます。
GJCは実力のあるメンバーが揃っているだけではなく、確かな実績もあるため、様々な場所からオファーが来るのです。

動画に限らず、Web制作やパンフレットの作成など、幅広い場面で活躍を遂げています。
三菱商事株式会社、サントリー酒類株式会社、ソフトバンクなど、大手メーカーとも契約してきた実績があり、顧客からの満足度も高いです。

広告クリエイティブの制作する際のステップとポイント

成果を出せるような動画を制作するには、どのような方法で行えばいいのでしょうか?
以下では、動画広告を制作する際の、全体の動きについてみていきましょう。
大きく分けて4つのステップがあります。

$広告クリエイティブのステップとポイント$

まずステップ1は、ユーザーに伝えたい情報を明確にし、整理することが重要です。
情報整理を怠ってしまうと、一体何を誰に伝えていいか分からなくなってしまうので、必ず行いましょう。

動画制作をするにあたって欠かせないのは、目指すべきゴールを設定すること、どのような人々をターゲットにするのかということです。
最終的にどうなりたいのか具体的な理想像がないと、広告の目的が曖昧になってしまうだけではなく、結果としてユーザーに情報が伝えられなくなってしまいます。
また、ターゲットを明確にすることも重要です。

年齢や性別、職業などの詳細や、一人ひとりが抱いている感情、趣味など、それぞれで異なるため、どのような層をターゲットにするか考えなければいけません。
明確にすることによって、広告を制作しやすくなるのではないでしょうか?

ステップ2は、ユーザーに伝えたいメッセージやアピールポイントを複数用意することです。
思わず惹きつけられてしまう広告は、訴求が明確になっており、さらに案がいくつか用意されています。
実際に、どのような訴求をすればいいかは、始めてみなければ分かりません。

価格や期間、How Toについてなど、より具体的な内容を記載するのが成果を得られるコツです。
そのため、魅力的に感じるアピールポイントを作り、ターゲットに響くようなメッセージを用意しましょう。

ステップ3は、広告動画の構成を明確にすることです。
構成には、問題提起型、プロダクトデモ型、ストレートオファーの3つがあり、動画内で何を伝えたいかによって、採用する構成を変える必要があります。
それぞれの構成案をみていきましょう。

問題提起型とは、多くの人に共通することや、誰にでも当てはまるようなテーマを提示し、それについての解決策や機能の詳細、メリット・デメリットなどを紹介していきます。
重要なのは、その動画に興味を持ってもらえるように、冒頭部分でユーザーを確保できるような演出で構成して、検索へと導くことです。
受け手側も「面白そうだな」と思えば、最後まで見続けるでしょう。

次にプロダクトデモ型とは、問題提起型とは違い、ストーリー性はありません。
宣伝したい商品やサービスの特徴を「買いたい」と思ってもらえるようにアピールしていきます。
ストレートオファー型は、店舗情報やキャンペーン、セールなどを伝えたい時に採用されている構成です。

ユーザーの購買意欲を高めるために、分かりやすく情報を伝えます。
動画を制作するにあたって、どのような構成で作っていくのかは非常に重要なことなので、必ず決めましょう。

ステップ4は、広告動画で得た成果を確認することです。
成果を見ないまま続けていると、良かった点や改善が必要な点を見逃してしまい、いつまでも成長しません。
反省を次に活かすからこそ、確実な成果が得られるのです。

再生回数やユーザーからの評価、検索した回数などをしっかりとチェックし、今後につなげましょう。
このように、着実にステップを踏むことによって、確かな成果が得られます。
何をどのような人々に伝えるかなどの情報を整理し、面白いと思ってもらえるような構成で制作していくことが欠かせません。

まとめ

今回は、広告クリエイティブがどのようなものなのか、種類や成果の出し方についてご紹介してきました。
多くの人々にメッセージを伝えるためには、様々な工夫をしなければいけません。
動画制作をしている方や、今後始めようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact