Blog韓国の石油会社が駐車場の空き場所を知らせる方法を実施『HERE balloon』

手塚康司
手塚康司

代表取締役社長

最近、ガソリンが高騰しています。
それは、日本だけではないようです。

韓国の石油会社S-Oilが、ガソリンの無駄遣い削減を狙ったユニークなキャンペーンを実施したそうです。

そのキャンペーン名は『HERE balloon

この『HERE balloon』とは、広い駐車場の空き場所を一発で分かるようにし、グルグルと探し回らなくて済み、ガソリンが節約できるというものです。
調査によると、ソウルでは、駐車スペースを探すのに、車1台平均で毎日約500メートルそうこうしているようです。
これは、1ヵ月(30日)に換算すると、

500メートル×30日=15キロメートル
1カ月で15キロメートル分のガソリンを無駄に使っている計算になります。

そこで、思い立ったのがこのキャンペーン。
駐車スペースに黄色のヘリウム風船を置く斬新なアイデア。
まさに『HERE balloon』です。

仕組みは至って簡単。
駐車スペース空きがあると「HERE」と書かれた風船が浮き上がり、空きスペース教えてくれます。
そして、車が置かれると風船が低く沈んで、風船が見えなくなり、空きがないことを教えてくれます。

ここの駐車場は700台車がおけるようで、それを換算すると、

1日=車700台=23リットル×365日=8,395リットル

8,395リットルのガソリンが節約できる計算になります。

これは1年前に実施さらたキャンペーンのようですが、実際に実用化されると、ガソリン節約とともに、駐車スペースがすぐ見つかるのでドライバーもイライラから解放されそうです。
しかし、他の国でも似たような事が実験したようですが、風船が盗まれて意味がなかった等いうことです。
これには、みんなの協力が必要かもしれません・・・。

キャンペーン『HERE balloon』映像

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact