Blog動画制作・編集の料金相場は?依頼方法や動画カテゴリ別などで解説

手塚康司
手塚康司

代表取締役社長

動画制作や編集は、自分でやろうと思えばできる人もいるでしょうが、専門的な知識がなければ難しいと感じてしまうものです。
そのため、法人や個人への依頼を検討する人もいるでしょう。
しかし、依頼した場合にどのくらい費用がかかるのか分からなければ、依頼してもいいものか決めにくくなってしまいます。

そこで今回は、個人もしくは法人に動画制作・編集を依頼した場合の料金相場、作業項目ごとの動画制作・編集の料金相場、動画カテゴリごとの動画制作・編集の料金相場、動画制作時の料金を抑える方法、動画制作会社の選び方のポイントについて解説していきます。

個人と法人で動画制作・編集の料金相場は?

まずは、個人もしくは法人に動画制作・編集を依頼した場合の料金相場から見ていきましょう。

個人に依頼する料金やメリット

個人に動画制作・編集を依頼した場合の料金相場は、5万円から10万円ほどだと言われています。

個人だとフリーランスでやっているため、クオリティがそこまで高くない仕上がりになってしまうのではないかと思っている人も少なくありません。
しかし最近は、知識やノウハウを豊富に持つフリーランサーも増えているので安心して任せ得られるケースが多くなっています。

またクラウドソーシングサービスを使って依頼する場合は、これまでの実績を確認することができます。
売上などのインパクトはそこまで大きくありませんが、確かな知識や実績を持つ人に依頼することは可能です。

個人への依頼は企業への依頼よりも費用を抑えられたり、よりニーズをくみ取った動画を制作してもらえたりするといったメリットが生まれます。

法人に依頼する料金やメリット

法人に動画制作・編集を依頼した場合の料金相場は、5万円から80万円ほどだと言われています。
かなり幅広い相場になっているのは、クオリティはどの程度を求めるのか、どの工程をどの法人に依頼するかによって差が生まれるからです。

法人の場合、プロデューサーやディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフ、アシスタント、ナレーター、モデルのヘアメイク、モデルのスタイリストなどの人件費も含まれている料金になります。
それぞれの専門家が専門的な知識を持ち寄って動画制作を行うため、クオリティは個人に依頼した場合よりも高くなりやすいです。

ただし、動画のタイプによっても料金が変わる場合があるため、正しい相場を把握するにはどのような動画を制作したいのかしっかりと考えておかなければいけません。

作業項目ごとの動画制作・編集の料金相場は?

動画制作・編集の料金は、作業項目によっても異なります。
では、作業項目に応じて料金がどのように変動するのかみていきましょう。

3万円~10万円

3万円~10万円の予算だと、短い尺の動画広告、SNS用動画を作成できます。
企画や簡易台本、プロナレーション、BGM・効果音が含まれています。
CGやアニメーションに関しては、簡易台本であれば可能です。

制作する本数を多くするための1本当たりのコストを抑えたい場合におすすめです。
GJCだからこそ提案可能なコストパフォーマンスを重視したプランになります。

10万円~30万円

10万円~30万円の予算だと、撮影やCGを用いてよりクオリティが高い動画を制作することができます。
企画・台本の作成やプロナレーション、BGM・効果音、CG・アニメーション、3DCG、撮影、キャスティングが含まれています。

映像の尺がおよそ30秒から180秒になるため、より伝えたい内容を伝えやすくなるでしょう。
それでありながら、コストをそこまでかけずに効果的な動画を作ることができるプランです。

30万円以上

予算が30万円以上ある場合は、本格的なCMや知名度が高いモデルを採用したクオリティが高い撮影ができ、ハイレベルなアニメーション・3DCGを使った動画を制作することができます。
企画・台本の作成やプロナレーション、BGM・効果音、CG・アニメーション、3DCG、撮影、キャスティングが含まれていますが、予算が多くなる分そのクオリティは全体的に高くなります。

動画カテゴリごとの動画制作・編集の料金相場は?

動画制作・編集の料金相場は、動画カテゴリによっても異なります。
次は、動画カテゴリごとの料金相場がどのくらいになっているのかみていきましょう。

商品紹介映像やサービス紹介映像、採用映像、テレビCM、WEB動画広告といったカテゴリごとの相場を知っておくことで、費用対効果についても知ることができるようになります。

商品紹介映像

商品紹介映像の相場は、10万円~100万円となっています。

販売数を高めるための動画制作を行います。
ただ動画制作を行うだけではなく、より効率的に集客ができるようにユーザーの行動を考慮した設置場所も考えているのです。
これまでの実績を活かし、より成果が出るような動画制作を行っています。

商品紹介映像を制作することによって、商品の良さを訴求しやすくなる、実際にその商品を使ったような疑似体験ができる、文字や画像だけでは伝わらない魅力・価値を伝えることができるようになります。

サービス紹介映像

サービス紹介映像の相場は、10万円~100万円となっています。

見える化することが難しいサービスの価値を伝えるためのサポート役を担います。
目に見えないサービスだといくら営業スタッフが事細かに説明したとしても購買活動に至らないというケースは少なくありません。
それでは、売上アップにつながらなくなってしまいます。

そのような場合にサービス紹介映像を制作しておくと、顧客にサービスの魅力を伝えやすくなります。
アニメーション技術などを駆使し、形のないサービスを視覚的に伝えられるような動画はとても効果的です。

採用映像

採用映像の相場は、25万円~100万円となっています。

採用活動に使用する動画は、職場の雰囲気がしっかりと伝わるかどうかが重要なポイントになります。
リアルな雰囲気を動画で伝えることができれば、ミスマッチを防ぐことにもつながるでしょう。

動画は第三者の視点から職場の様子を確認できるツールなので、企業と求職者双方のニーズに応えることができます。
知名度の向上はもちろんですが、採用にかかるコストを削減できるというメリットも生まれます。
求人誌やリクルートページの写真や文章だけでは伝わりにくい部分も伝えられるため、採用サイトとしての価値も向上するでしょう。

テレビCM

テレビCMの相場は、30万円~100万円となっています。

テレビCMを制作することで、企業の認知度を高め、問い合わせの数を増やすことができます。
CMを放送しているというだけで信頼されるようになりますし、イメージアップ効果も期待できるでしょう。

マーケティングの知識を盛り込んだテレビCMなら、知名度が高いタレントを起用しなくても成果をあげられる可能性が高くなります。
GJCはこれまでに多くの実績を残しているため、初めてテレビCMを制作するという場合でも安心してお任せください。

WEB動画広告

WEB動画広告の相場は、3万円~50万円となっています。

WEB動画広告は、YouTubeやFacebookなどで見かける広告がメインになります。
WEB上でその効果を発揮できるような広告を制作しているのです。
インターネットを使う時間が多くなっているため、WEB動画広告の需要はかなり高まっていると考えられます。

テレビCMと比べてみるとコストを抑えることができるだけではなく、効果を分析したり、ターゲティングをしたりすることも容易です。
そのため、より効率的にターゲット層に広告をと届けられるようになります。

動画制作時の料金を抑える方法

動画制作はどこに依頼するかによって料金が変わります。
しかし、そこまで安いものではないため料金を見て顕著してしまうこともあるでしょう。
そこで続いては、動画制作時の料金を抑える方法について解説していきます。

法人ではなく個人に依頼する

1つ目は、法人ではなく個人に依頼するという方法です。

依頼するクリエイターによって料金は異なりますが、法人に依頼した場合と比べるとかなりコストを抑えられるケースが多いです。
場合によっては、法人に依頼した時の半分くらいの料金になるケースもあります。

どのような動画を造りたいかというイメージが固まっていて、クリエイターに依頼すべき作業を絞り込めればより高い費用対効果が期待できるでしょう。
クラウドソーシングサービスで実績を確認しておけば、得意分野を理解して依頼することができるのでより効果的です。

相見積もりをして比較する

2つ目は、相見積もりをして比較するという方法です。

いくつかの法人や個人のクリエイターから見積もりを取ると、どのくらいが相場なのか知ることができます。
一般的な相場を比べてみて高すぎるところや低すぎるところは避けるようにした方が良いでしょう。
ただし、これまでの実績なども加味して考えないと思っていたような動画を完成させることができなくなってしまう可能性もあるので、見積もりを出してもらったところの実績も必ずチェックしておいてください。

制作したいと考えている動画のクオリティによっては、法人ではなく個人でも対応できるケースも少なくありません。
そのため、法人だけに固執しない方が良いと言えるでしょう。

用意できそうなものは用意する

3つ目は、用意できそうなものは用意するという方法です。

テレビCMはそれなりに高画質で高音質な素材があった方が良いと言われていますが、それ以外ならハイクオリティな素材がなくても問題ないというケースが多いです。
そのため、用意できそうなものは用意することでコストを抑えることが可能になります。

労力は必要になってしまいますが、予算を削減したいのであればこのような方法も視野に入れておくと良いでしょう。

動画制作会社の選び方のポイント

動画制作会社を選ぶなら、ニーズに合わせた動画を制作してくれるところにしたいと思うものです。
最後に、動画制作会社の選び方のポイントについてみていくことにしましょう。

見積もりを出してもらってから選ぶ

1つ目のポイントは、見積もりを出してもらってから選ぶということです。

動画制作にかかる料金は法人や個人によってまちまちなので、コストを少しでも抑えたいならどこか1つに決める前に見積もりを比べてみましょう。
気になっているところから見積もりを出してもらえば、相場や予算との兼ね合いを確認しやすくなります。

高額な料金設定をしているかどうかも知ることができるため、見積もりを出してもらってから選ぶことは重要なポイントだと言えます。
見積もりの内容を比べて費用対効果が高そうなところへ依頼するようにしましょう。

担当スタッフとの相性が良い会社を選ぶ

2つ目のポイントは、担当スタッフとの相性が良い会社を選ぶということです。

担当スタッフとは何度も打ち合わせを行うため、相性の良さが重要になります。
相性が良ければ気持ちも伝わりやすくなるので、打ち合わせもスムーズに進みやすくなるでしょう。

相性の良さは、双方が重視しているポイントが合致しているかどうかが指標になります。
あまりにも相性が悪いと感じる場合は、担当スタッフを変えてもらえないか打診してみることをおすすめします。
しかしそれでは完成までに時間がかかってしまうため、早い段階から相性はどうかしっかり見極めることが重要になるでしょう。

必要な作業だけ依頼できる会社を選ぶ

3つ目のポイントは、必要な作業だけ依頼できる会社を選ぶということです。

動画制作の工程の中で、一部だけ依頼したいと考えるケースもあります。
しかし中には、一部だけ依頼を受けるというやり方をしていないところもあるのです。
そのため、必要な作業だけ依頼できるかどうかはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

必要な作業だけ依頼するとかなりコストを抑えることができます。
個人のクリエイターは融通が効きやすいということも念頭において依頼先を選んでみてください。

まとめ

動画制作・編集はかなりコストがかかると思われています。
確かにクオリティを重視すればその分コストがかかってしまいますが、個人に依頼すれば料金を抑えられる可能性もあります。
また、法人でもプランの選び方によって料金が変動するため、予算に応じたプランを選べば問題ありません。

動画制作時の料金を抑える方法や動画制作会社の選び方のポイントも知っていれば、予算に合わせながらニーズに応えられるような動画を作れる可能性が高くなります。
どこへ依頼すべきか迷ったら、これまでに豊富な実績を持つGJCまでお気軽にご相談ください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact