2022年の動画トレンド「案件動画」 | 動画制作・映像制作会社のグローバル・ジャパン・コーポレーション

Blog2022年の動画トレンド「案件動画」

企業はこれまで商品やサービスを宣伝する際、CMを活用してきましたが、近年その流れは変化しつつあります。SNSの普及により、動画コンテンツの需要が高まっています。中でも、企業は「案件動画」を活用したマーケティング手法を用いて、より大きな効果を得ているのです。今回は、案件動画について詳しくご紹介します。

SNS運用の重要性とは

InstagramやTwitter、YouTubeなど、SNSは現代において今や欠かせない情報発信ツールとなっており、老若男女を問わず多くの人々が利用しています。生活の中心となっていると言っても過言ではなく、個人としての利用はもちろん、企業が情報発信をする目的でアカウントを開設しているケースも増えてきました。ここでは、SNSの重要性についてご紹介します。

SNSの利用率が高い

Instagram、Twitter、YouTube、LINE、Facebookなど、SNSは私たちにとって身近な存在です。日常的に利用するものであり、1日あたりの利用時間が長い人も多いはずです。総務省が2021年に発表した「令和2年通信利用動向調査」において、全世代でのSNS利用率は約70%という結果が出ています。

若年層にいたっては、約80~90%と非常に利用率が高いことも明らかになりました。また、60歳以上の高齢者の利用率も高く、SNSは全世代にとって需要の高いサービスであることがわかります。このように、世代を問わず多くの人々が利用することから、企業にとってビジネスの成長に欠かせない存在として活用されているのです。

検索ツールとして活用できる

InstagramやTwitterには「ハッシュタグ」という機能が搭載されていることから、検索ツールとして活用しているユーザーも多いです。検索したいワードの頭文字に「#」マークを付けると、検索内容に関連した投稿が表示されます。ユーザー目線で書かれた投稿を閲覧できるため、参考にしやすいのです。

また、1つの投稿に複数のハッシュタグを記載することで、関連タグとしてより多くの人々の目に届きやすくなります。ブランド、企業としての知名度が低かったとしても、ハッシュタグを活用することで大きな宣伝効果を得られるようになるのです。SNS運用は企業野新たなマーケティング手法として注目が高まっています。

2022年のトレンドは「案件動画」

ここまでSNS運用の重要性についてご紹介しましたが、その中でも特に注目されているのが案件動画です。「提供:○○
と概要欄に記載されてある動画を見たことがある人もいるのではないでしょうか。案件動画とは、企業が影響力のあるインフルエンサーやユーチューバーに依頼し、宣伝したい商品やサービスを動画内で紹介してもらうというコンテンツです。

案件動画は、「提供動画」「タイアップ動画」とも呼ばれており、様々な企業がこの手法を活用しています。以前までは、人気タレントを起用してCMを制作するのが主流でした。しかし、最近では多くの企業がSNS的な考え方を取り入れており、より大きな宣伝効果を得られるよう案件動画を宣伝媒体として採用しています。

案件動画で得られる効果とは

ビジネスの成長において必要不可欠な存在となっている案件動画ですが、実際には一体どのような効果があるのでしょうか?ここでは、具体的なメリットについてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

話題性が期待できる

影響力のあるインフルエンサーやユーチューバーに依頼することで、話題性を作ることができます。フォロワー数や登録者数が多いため、それに伴い動画を閲覧するユーザーの数も多くなります。すでに環境が整っている状態で商品やサービスを宣伝できれば、SNSで拡散される可能性も高まるのです。

インフルエンサーやユーチューバーが複数のSNSを利用していることも大きな強みです。バズるには話題性を作ることが欠かせません。

ユーザーの購買意欲を高めやすい

動画を閲覧しているユーザーの購買意欲を高めやすいのも、案件動画の強みです。ユーザーは商品やサービスを紹介しているインフルエンサー、ユーチューバーに興味を持った状態で動画を再生しているため、その商品やサービスについて知りたいという意欲が高まりやすいのです。

また、ユーザーに近い目線で紹介していることで、購買意欲をより高めやすくなります。抵抗感が少ないのもメリットです。

商品・サービスの詳細を伝えられる

CMの場合、15~30秒と限られた時間の中で商品やサービスの特徴、良さを伝えなければいけませんが、案件動画の場合、動画の特徴を活かしてより詳しい情報を伝えられます。動画は、映像、音声、テロップ、BGMなど、様々な効果を挿入できるため、誰が見てもわかりやすい内容に仕上げられます。

動画内で商品やサービスを初めて知った人でも、「何に使うのか」「どんな効果が得られるのか」など、購入する上で知りたい情報を得られるのです。動画ならではの特徴を活かせば、具体的な情報を多くのユーザーに届けられます。

コストを抑えられる

案件動画は他の広告媒体よりもコストを抑えて宣伝できるのが大きなメリットです。CMを制作する場合、タレントを起用するための費用や放映料など、制作費として多額のコストがかかってしまいます。また、必ずしも制作したCMがヒットするわけではなく、思ったように利益が得られず、場合によっては赤字になる可能性もあります。

しかし、案件動画であれば発生するのは依頼料のみであるため、CMを制作するコストを大幅に削減できるのです。完成した動画は何度でも見返すことができるのも、案件動画ならではの特徴です。

案件動画の依頼方法

ここまでインフルエンサーやユーチューバーなどに依頼する一般的な案件動画の依頼方法についてご紹介しましたが、他にもいくつか依頼方法があります。ぜひ、以下を参考にしてみてください。

マッチングサービスを活用する

商品やサービスを紹介してもらいたい相手に直接依頼するのではなく、お互いに受発注したいと考えている人が利用するマッチングサービスを活用する方法があります。需要と供給が一致しているため、効果を出しやすいのがメリットとして挙げられます。ただし、マッチングサービスを利用する場合、手数料や仲介料が発生する可能性があるため、必ず調べてから始めましょう。

動画制作会社に依頼する

動画制作を専門としている制作会社に依頼し、よりクオリティの高い動画を作成してもらう方法があります。制作会社には、専門デザイナーや編集に強い社員などが多数在籍しているため、安心して任せられます。十分な知識や経験がない場合、制作に費やした時間や費用、労力を無駄にしてしまう可能性があります。

確実な効果を得たいのであれば、動画制作会社に依頼するのがおすすめです。依頼する制作会社を選ぶ際は、あらかじめ実績やコスト、導入企業などをチェックしておきましょう。

まとめ

2022年の動画トレンドとして注目されている案件動画は、企業にとって様々なメリットがあるとわかりました。ビジネスの成長においてSNSの運用は欠かせないものとなっています。GJCではこれまでに1,500本以上の制作実績を誇っており、ユーザーの購買意欲を促進する動画を制作しています。

構成作成、デザイン、編集、コストなど、どの面から見ても非常に魅力的です。マーケティング・セールスの知見を武器とし、大きな効果が期待できる動画に仕上げます。商品やサービスをより多くの人々に知ってもらいたいのであれば、ぜひGJCまでご相談ください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact