Blogamazon広告とは?種類や特徴、仕組みを事例をもとにご紹介!

amazon広告は、費用対効果が高いとして注目を集めている広告です。
amazonに出品し、売上げを高めたいと考えているのであれば、まず出稿を考えた方が良い広告でもあります。
なぜかというと、amazonには商品を購入したいと考えている人がアクセスするため、購買行動につながりやすいからです。
今回は、そんなamazon広告の特徴やメリット、種類などについて解説していきます。

««相場の半額でお見積りします»» 動画制作をご検討の方はこちら

動画制作3000社以上!あなたの会社の動画制作を成功に導く会社グローバルジャパンコーポレーション

amazon広告の特徴・メリット

amazon広告は、注目を集めている広告の1つです。
まずは、amazon広告が持つ特徴やメリットから解説していきます。

・購買意欲があるユーザーに対して直接アプローチができる
amazon広告は、購買意欲があるユーザーをメインに配信することができます。
幅広い層にアプローチすることでも売上げにはつながりますが、購買意欲があるユーザーに対して直接アプローチができればより効果的です。
広告費を払っているのであれば、少しでも売上げにつながった方が良いと考えるものです。
そのため、費用対効果が高くなりやすいamazon広告は他の広告と比べてみると魅力的だと感じやすくなっています。

・amazon広告を利用すると見つけてもらいやすくなる
amazon広告を利用することによって、1ページ目のユーザーが見やすい場所に商品を掲載できるというメリットが生まれます。
ユーザーが見やすい場所に商品を掲載できるので、商品を見つけてもらいやすくなるのです。
amazonに出品することでも売上げを高められますが、広告を出稿すれば相乗効果がより大きな売上げを目指すことができます。

・豊富なデータによるターゲティングが可能
amazon広告のメリットには、豊富なデータによるターゲティングが可能になっているという点も挙げられます。
amazonのユーザー数は非常に多いため、豊富な顧客データを有しています。
そのデータを利用したターゲティングを行うことができるため、購買意欲が比較的高い層にアプローチできるのです。
自社のECサイトの場合は、顧客に関する情報がないため、これまでにどのようなものを買っているのか、どのようなものを好むのかといった情報を得ることができません。
そのため、それぞれの好みに合う広告を配信するというハードルが非常に高くなってしまいます。
それを踏まえて考えてみると、豊富なデータによるターゲティングが可能になるという点はamazon広告ならではのメリットだと考えられます。

・競合商品のページにも表示できる
amazonには、たくさんの商品が出品されていて、競合となる商品ももちろんあります。
それはデメリットだと感じてしまうかもしれませんが、競合商品のページにも表示できるので必ずしもデメリットだと言い切ることはできないのです。
一般的なECサイトではそのような仕組みになっていません。
つまり、これはamazonならではの特徴ということになります。

・購入してもらってレビューが増えるとより売れる
amazon広告を掲載し、商品が売れると上位に表示されるようになっていきます。
またamazon側が人気の商品だと認識した場合、上位表示を継続することができ、売上げもさらに高まっていくのです。
購入数が増えるということは、その分レビューも増えていくということになります。
レビューが増えていくと、商品を購入しようか迷っている人への後押しができます。
実際に購入した人のリアルな意見を確認できるという点も、amazonのメリットの1つです。

amazon広告には、この様なメリットが存在しているため、出稿を検討するケースが増えています。
購買行動につなげるためには、メリットが多い広告を掲載したいと考得る人が多いこともあり、amazon広告の注目度は高まっていると言えるでしょう。

引用・参照サイト
【入門】Amazon広告とは?特徴や種類、仕組みを分かりやすく解説
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説
【2020年最新版】Amazon広告で成果を出すための全てと配信方法を解説

amazon広告の種類

amazon広告にはいくつかの種類があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。
大きな括りでは、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、スポンサーディスプレイ広告、そしてその他の広告という4つに分類できます。
しかしそれをさらに細かく分けると、ディスプレイ広告・動画広告、カスタム広告、AmazonDSP(Demand-Side Platform)を含む6つの広告に分けることができるのです。
それぞれの広告がどのような特徴を持っているか、メリット・デメリットにはどのようなものがあるのかみていきましょう。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、ページに馴染みやすいのでクリック率が高いという特徴があります。
検索結果のページや商品詳細ページに掲載されます。
自動生成できるので、簡単に始められるというのはスポンサープロダクト広告のメリットだと言えるでしょう。
amazon広告の中でも多く利用されている広告なので、まずはスポンサープロダクト広告から始めてみることをおすすめします。
ただし、中古品など商品によっては広告の対象外となってしまうので注意が必要です。

引用・参照サイト
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説
スポンサープロダクト広告

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、ヘッドライン広告と呼ばれていたものになります。
宣伝したいブランドをまとめて押すことができるという特徴を持っています。
この広告が表示されるのは、検索結果ページの上部です。
商品だけではなく、ブランドのロゴも合わせて表示できるので、ブランドの商品だということをユーザーに紹介しやすくなるというメリットを持っています。
ただしこの広告もスポンサープロダクト広告と同じように商品によっては広告の対象外になる可能性があるので注意しなければいけません。

引用・参照サイト
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説
スポンサーブランド広告

スポンサーディスプレイ広告(ベータ版)

スポンサーディスプレイ広告(ベータ版)は、商品ディスプレイ広告と同じものです。
競合商品を見ている人に対して、自社の商品を紹介するという広告になります。
商品の詳細ページに掲載されます。
商品購買意欲が高いユーザーに対するアプローチができるという点がメリットです。
商品を目にする機会を増やせるため、売上げアップに貢献する可能性が高いと考えられます。
ただし、日本では現段階で利用不可となっているという点に注意しなければいけません。

引用・参照サイト
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説
スポンサーディスプレイ広告

ディスプレイ広告・動画広告

ディスプレイ広告・動画広告は、Amazon Media Groupという名称で呼ばれていた広告です。
掲載時期や掲載場所、掲載料金を指定することができるという特徴を持っています。
トップページや検索結果ページ、レビューページ、ランキングページなど様々な場所に設置できることはメリットだと言えます。
細かいターゲティングができるのもディスプレイ広告・動画広告の魅力です。
しかし、ディスプレイ広告の場合だと出稿金額が150万円からとなっているので初心者向けではありません。

引用・参照サイト
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説

カスタム広告

カスタム広告は、幅広いカスタマイズが可能な広告です。
ライブイベントと連携したり、チラシや輸送箱間のデザインまでカスタマイズしたりできます。
斬新な広告として注目度が高まっています。
公式ページやチラシなどの掲載できる広告です。
幅広い場面でアプローチできるのはメリットだと言えますが、細かい部分までカスタマイズをするのが面倒だと感じる人には向いていない広告だと言えます。

引用・参照サイト
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説

動画制作3000社以上!あなたの会社の動画制作を成功に導く会社グローバルジャパンコーポレーション

ストア

ストアは、広告を掲載しているブランドの専用ページです。
複数ページに渡って商品を宣伝するサイトを無料で作ることができます。
好みのデザインにカスタマイズしたり、ブランドストーリーの共有をしたりできるため、ユーザーからの興味を惹きやすくなります。
ただし、作成に手間がかかってしまうのでそれが面倒だと感じてしまう人もいるでしょう。
その手間を惜しまないのであれば、魅力的な宣伝方法になるのでおすすめです。

引用・参照サイト
【最新情報】Amazon広告の仕組みと7つのメニュー

amazon外への配信(Amazon DSP)

Amazon DSPは、amazon以外へ広告を配信できるというサービスです。
amazonで商品をチェックした履歴や購入した履歴をもとにして細かくターゲティングできるという特徴を持っています。
Ad Exchangeの掲載枠を使用することによって、ディスプレイ広告や動画広告を表示することができるというものになるため、より幅広い層にアプローチが可能になります。
Amazon DSPでは、amazonに出品していない商品に関する広告も掲載可能です。
広告をクリックした場合、amazonに出品している商品は商品ページに誘導し、amazonに出品していない商品だとそれぞれのホームページに誘導するという形になります。
Amazon DSPを利用するのであれば、amazonが運用するマネージメンドサービス、一部でしか取り扱いがありませんが自分自身で運用できるセルフサービスという2種類があります。
どちらが適しているかよく考えてから運用を開始した方が、満足度の高い結果を得られる可能性が高まるでしょう。

引用・参照サイト
【入門】Amazon広告とは?特徴や種類、仕組みを分かりやすく解説

amazon広告の費用

amazon広告は、どのタイプを選択したとしてもクリック課金制となっています。
つまり、amazonやそのほかの場所に掲載しているだけでは費用が発生しないということになります。
ユーザーのアクションがどのくらいあるのかという実態に応じて費用が発生するため、費用対効果はかなり高いと考えられるのです。
それだけではなく、最低出稿料も決められていません。
広告を出す側が1日当たりの予算やクリックの単価を決められるという特徴も持ち合わせています。

引用・参照サイト
【入門】Amazon広告とは?特徴や種類、仕組みを分かりやすく解説

ターゲティングの種類

amazon広告を掲載するためは、ターゲティングを決めておかなければいけません。
amazon広告の場合は、細かくターゲットを設定できるため、より的確なアプローチがしやすくなります。
最初のうちはどうしたらいいのか変わらないと思いますが、慣れてきたら手動で詳細設定を行うとより大きな効果が期待できるのでおすすめです。
ここでは、amazon広告を利用した際のターゲティングの種類について解説していきます。

キーワードターゲティング

1つ目は、キーワードターゲティングというものです。
キーワードターゲティングは、検索されそうなキーワードをあらかじめ登録しておくという方法になります。
amazonで検索しようとした際に表示されるサジェストを参考にするのがおすすめです。
例えば、デスクライトを出品するのであれば

・デスクライト おしゃれ
・デスクライト コードレス
・デスクライト 充電式
・デスクライド led

といったキーワードを設定すると、ユーザーが検索した時に目に留まりやすくなります。

商品ターゲティング

2つ目の商品ターゲティングは、出品予定の商品と似ている商品や該当するカテゴリー、ブランドなどを選択する方法です。
出品する商品と似ている商品であれば、検索するユーザーのニーズに応えられるのではないかという予測ができます。
その予測に基づいてターゲティングするのです。
例えば、子ども用の歯ブラシを購入した人に対して子ども用のスプーンやフォークのセットを表示したり、花粉症対策のアイテム購入した人には目薬などを表示したりといったイメージです。

ディスプレイ広告による詳細なターゲティング

3つ目のディスプレイ広告による詳細なターゲティングは、商品ターゲティングだけではなく興味や関心に基づいたより詳細なターゲティングが可能となっています。
過去の履歴を参考にしたライフスタイルターゲティング、都道府県ごとに分けるエリアターゲティング、年齢・性別・職業などによって分けるでもグラフィックターゲティング、amazonを使い始めたばかりの人に向けたニューカスタマーターゲティングに分けることができます。

引用・参照サイト
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説

amazon広告の始め方

amazon広告の始め方についてもあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

・amazonアカウントを作成する
amazonアカウントを作成し、出品申請や商品の登録を行います。
そして、全て済ませたら広告の設定に移ります。
広告を設定する際に確認しておきたいのが、ベンダーとセラーのどちらに当てはまるかという点です。
ベンダーはamazonに商品を卸している出品者、セラーはamazonに商品を出品している小売業者のことを指します。

・スポンサープロダクト広告を設定する
ここでは、多くの人が活用しているスポンサープロダクト広告について解説していきます。
スポンサープロダクト広告を利用する場合、まずはセラーセントラルに入り、「広告」、「セラー広告」という順でクリックします。
そして、「広告設定画面」をクリックし、キャンペーンを作成してください。
キャンペーン名や1日当たりの予算、ターゲティングの方法などを決めます。
ターゲティングの方法にはオートとマニュアルがありますが、慣れるまではオートで問題ありません。

・オートターゲティングの設定方法
オートターゲティングは、広告グループ名を決め、掲載する商品を選択します。
そして、入札額を入力して完了となります。
オートターゲティングを利用すると幅広い層にアプローチができますが、クリック数も多くなるので広告費が高くなってしまう可能性が高いです。

・マニュアルターゲティングの設定方法
マニュアルターゲティングは、出品者自身がキーワードを決めることが可能です。
広告グループ名を決め、掲載する商品を選択します。
そして、入札額を入力後、キーワードを入力します。
状況に応じて入札額やキーワードを変更することも可能です。

引用・参照サイト
【入門】Amazon広告とは?特徴や種類、仕組みを分かりやすく解説
【2020年最新版】今から始めても遅くない!Amazon広告の必要性と具体的事例を解説

おすすめは動画広告

amazon広告を掲載しようと考えているのであれば、どれを選択するかが重要になるのです。
数ある広告の中でも動画広告を利用することで、短い時間でより多くの情報を見ている人に伝えられるというメリットを享受できます。
サイバーエージェント・オンラインビデオ総研が行った調査から、動画広告の市場が大幅に拡大していくという予想がなされています。
なぜかというと、ユーザーの動画視聴環境はどんどん改善されていて、動画を活用したコンテンツの数自体が拡大していくと考えられているからです。
現在よりも豊富な動画広告フォーマットが登場する可能性も期待できますし、個性的な特徴をも動画媒体が増えていく可能性も高いと考えることができます。
さらに、動画広告の市場が拡大していくことによって、公正な広告が流通しやすくなるとも考察できます。
情報開示も適切になされるようになっていけば、安心して利用できる環境も整っていくでしょう。
このようなことを踏まえて考えてみると、動画広告は将来性が高いと言えるのです。
商品をより多くの人に知ってもらうためのアプローチをしたいなら、動画広告は必要不可欠になっていきます。

引用・参照サイト
Amazon広告の種類~ディスプレイ広告・動画広告編~
2018年、国内動画広告の市場調査を実施

まとめ

amazon広告は、購買意欲があるユーザーに対して直接アプローチができたり、豊富なデータによるターゲティングが可能になったりするため、利用することで売上げを増やすことにつながります。
購入してもらってレビューが増えるとより売れやすくなる、競合商品のページにも表示できるといったメリットもあるため、利用を検討してみる価値はあると言えます。
amazon以外へ広告を配信できるAmazon DSPというサービスも提供しているため、幅広い層にアプローチをすることも可能です。
オートターゲティングを設定しておけば、データを集めることができるので、はじめの一歩としておすすめです。
amazon広告の掲載を検討しているのであれば、今回の記事を参考に前向きに考えてみてください。

動画制作3000社以上!あなたの会社の動画制作を成功に導く会社グローバルジャパンコーポレーション

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。【全国対応】
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact