Blogyoutube広告とは?種類や費用がかかる仕組み、設定方法などをご紹介!

手塚康司
手塚康司

代表取締役社長

映像により高い訴求力が魅力の動画広告は、インターネットの普及により一般的な広告手法として認知されるようになりました。
youtubeを視聴している時に再生前や再生途中、再生終了後に表示されるyoutube広告も、そんな動画広告の一つです。
数多く存在する動画プラットフォームの中でも圧倒的なユーザー数を誇るyoutubeは、動画広告の配信先として効果が期待できるため、自社の商品やサービスについて広告を打ち出そうと検討する場合もあるでしょう。
しかし、動画広告を始めて行う際は、広告の表示場所や表示タイミング、費用など、わからないこともたくさんあります。
そこで今回はyoutube広告について、種類や費用がかかる仕組み、実際の設定方法などを解説していきます。

youtube広告のメリット

動画共有サービスのyoutubeには動画の視聴前や、ページ上に表示できる「TrueView」という広告を出すことができます。
この広告はPCだけでなくタブレットやスマートフォンからの視聴でも表示させられます。
広告主から人気があり、年々需要が高まっているyoutube広告ですが、動画広告を出稿することにどんなメリットがあるのでしょうか?
まずは、youtube広告の3つのメリットと効果をみていきます。

費用対効果がよい

youtube広告の特徴の一つに、ユーザーが広告をスキップした場合、広告費用が発生しないという点があります。
“広告をスキップする=その商品やサービスには興味がない”と判断できることから、興味を持ってくれるユーザーにのみ、広告費用をかけてアプローチすることができるのです。
また、テレビCMと違い、視聴回数や視聴率、クリック率やコンバージョン率などが可視化されるので分析し対策を立てやすいといった効果もあります。
これは非常に効率が良く、費用対効果が高いといえるでしょう。

セグメント機能やターゲティング設定ができる

youtube広告ではセグメント機能を使うことでターゲットを細かく絞ることができます。
地域はもちろん、性別や年齢、好みやキーワード、曜日や時間帯など細かく設定できるので特定のターゲットにもピンポイントで配信しやすいです。
地域や性別、年齢といったユーザーの特性だけでなく、趣味や興味などの傾向からさまざまな要素が抽出できるので確度の高いターゲティングが可能です。
たとえば、メンズファッションのショッピングサイトなら10~20代男性のみに配信したり、アンチエイジングのスキンケアブランドなら40代以降の女性のみに配信したり、といった設定ができます。

youtubeのユーザー数が多くリーチしやすい

youtubeは日本だけでなく多くの国で活用されている動画共有サービスで、視聴者の数は20億人以上ともいわれています。
現在もユーザーの数は増加を続けており、Googleは2016年に「youtubeはテレビよりも80%以上の広告効果がある」とのレポートを発表しました。
また、「広告主は現在の6倍の予算をyoutubeへの広告出稿に回すべき」ともしており、youtube広告によってより多くのリーチを得ることが可能としています。

【引用元】
「YouTubeの動画広告は大きく3種類!特徴や始め方をわかりやすく解説

3.YouTube広告のメリット

・「YouTube広告の効果とは?メリットとデメリットを解説

2-1. YouTube広告の効果・メリット

・「YouTube広告は本当に効果があるのか?選び方や特徴・種類・メリットを探る

1. 世界で20億人が利用するYouTube
5. YouTube広告のメリット

youtube広告の種類

さまざまなメリットや効果が期待できるyoutube広告ですが、表示方法や表示場所などによって次の5種類に分けられています。

・ディスプレイ広告
・オーバーレイ広告
・インストリーム広告
・バンパー広告
・TrueViewディスカバリー広告

ここではこの5種類について、それぞれの特徴やメリットとデメリット、課金形態などを解説していきます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、動画再生ページの右肩に表示される広告です。
「おすすめ動画」の上に表示されるのでユーザーの視界に入りやすく、動画を連続視聴する時には長く見てもらえます。
ディスプレイ広告はユーザーがクリックすると詳細な広告が表示されたり、自社サイトへ移動したりします。
興味や関心を持ったユーザーにアプローチしやすいのと、クリック課金方式なので、効率のよい予算設定ができる点がメリットといえるでしょう。
ただし、興味関心の低いユーザーに対してはリーチが難しいというデメリットもあります。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、動画を覆うように(オーバーレイ)して広告を表示させる手法をいいます。
30秒以上表示されると課金が始まり、その後は表示時間によって広告費用が加算されていきますが、29秒以内にユーザーが消した場合は課金されません。
オーバーレイ広告はユーザーが消さない限り表示され続けるメリットはあるものの、そもそも動画が視聴されなければ広告自体が表示されないというデメリットがあります。

インストリーム広告

インストリーム広告とは動画再生前、再生途中、再生終了後に表示される動画広告です。
広告の表示開始から5秒後に手動でスキップできるスキップ可能な「スキッパブル広告
と、スキップできずに15秒や20秒の動画広告を表示する「ノンスキッパブル広告」の2種類があります。
スキッパブル広告の場合、スキップされた際の広告費用は発生しませんが、ノンスキッパブル広告の場合は、1,000回広告が表示されるごとに費用が発生するインプレッション型の課金方式です。
スキッパブル広告は効率がいいですが、5秒で訴求しなければならないのでユーザーへのリーチが難しい点、ノンスキッパブル広告はスキップできないためにユーザーにストレスを与えてしまう点がデメリットといえるでしょう。

バンパー広告

インストリーム広告と同様に、動画再生前、再生途中、再生終了後に6秒の動画広告を表示させるのがバンパー広告です。
スキップができないので確実にユーザーから見てもらえますが、6秒と時間が短いためにユーザーの気を引けるような構成にするなどの工夫が求められます。
そのため、商品やサービスの認知度を高めるために活用されることが多いです。
課金形態はノンスキッパブル広告と同様に、1,000回の広告表示によって費用が発生するインプレッション型課金です。

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告とは、youtubeの検索結果部分に表示させる広告です。
検索結果の一番上に表示されるため、ユーザーの目に留まりやすい特徴があります。
また、ユーザーが広告をクリックして再生させるので、広告に対してネガティブな印象を持たれにくいです。
しかし、実際にクリックされなければ再生されないので興味関心の低いユーザーにはリーチしにくいというデメリットもあります。
課金形態はユーザーがクリックし、広告動画を再生させて初めて費用が発生するクリック課金方式です。

【引用元】
「Youtube広告の種類と、目的を達成するための選び方のコツ

Youtube広告の5つの種類

「YouTube広告の種類|目的の決め方から配信方法まですべてわかる完全マニュアル

2.事例で解説!YouTube広告商品の種類は5つ

youtube広告の出稿方法

では最後に、youtube広告の出稿方法について解説していきます。

1.「Google広告」へログインし、新しいキャンペーンを作成する

画像引用元:「YouTube動画広告で認知度アップ!今さら聞けない仕組みや出稿方法を解説

ページメニューで“キャンペーン”を選択し、プラスボタンをクリックして新しいキャンペーンの作成を行います。
表示されたページで“+新しいキャンペーンを作成”を選択しましょう。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅

2.目標とキャンペーンの設定を行う
次は、キャンペーンで達成したい目標と、設定を行っていきます。
目標の設定は選択方式で、“販売促進”や“見込み顧客の獲得”など選べるようになっているので、具体的な目的がある場合は選択してください。
特に目標を決めていない場合や、とりあえず動画広告を作ってみたいという場合は“目標を設定せずにキャンペーンを作成する”を選択しましょう。
キャンペーンの設定では“動画”を選択し、続行ボタンをクリックします。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

そうすると、キャンペーンのサブタイプの設定画面に移行するので、選択肢の中から希望するものを選びます。
それぞれに詳細な解説があるので、自社の商品やサービスにもっとも効果的だと思われるものを選ぶといいでしょう。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

3.キャンペーンの名前と入札戦略を設定する
続いて、キャンペーン名を入力し、入札戦略などの設定を行っていきます。
入札戦略はキャンペーンによって“上限広告視聴単価”や” “目標インプレッション単価”から選ぶことになります。
他にも予算と配信期間を決める項目や、“youtube検索結果”“youtube動画”など、どの場所に広告動画を配信するのかを設定できるネットワークの項目があるのでチェックしましょう。
“ディスプレイネットワークの動画パートナー”とは、youtube以外に動画広告を配信する設定になります。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

4.キャンペーンのターゲティング設定
どういったユーザー層に動画広告を配信するか、ターゲティングを行っていきます。
性別や年齢、子どもの有無や世帯年収など細かく選択できるので、効果的にターゲットを絞ることが可能です。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

さらにキーワードの設定も行っていきます。
興味関心の高いユーザーとマッチングできるように、配信する動画広告と関連性の高いキーワードを直接入力していくか、自社サイトとの競合サイトのURLを入力することで、自動でキーワードを抽出するか、どちらかの方法で設定可能です。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

キーワードに加え、トピックを指定することでターゲットの絞り込みを行います。
アートやエンターテインメント、ゲームやショッピングなど、特定のテーマに関するコンテンツを選択することで、該当するすべてのトピックで広告動画が表示されるようになるので、ターゲットの絞り込みに便利です。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

5.動画広告を作成・登録し、広告配信を行う
各種設定が完了したら、最後に配信する動画の設定を行います。
広告として配信する動画はyoutube上にアップロードしてあることが前提であるため、注意が必要です。
広告管理画面にて動画のURLまたはタイトルで検索を行い、選択します。
広告のフォーマット・遷移先のURL・プレビューを確認し、登録したら完成です。

画像引用元:「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

【引用元】
「Youtube広告の種類と、目的を達成するための選び方のコツ」
Youtube広告の出稿の流れ

「YouTube動画広告で認知度アップ!今さら聞けない仕組みや出稿方法を解説」

動画広告をYouTube(ユーチューブ)に出稿する流れ

「YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅」

YouTube 広告の掲載の設定方法

まとめ

今回はyoutube広告について、その種類や費用といった基礎から実際に動画広告を配信するまでの手順を解説してきました。
世界で20億人を超える人たちが毎日のように利用するyoutubeは、今も利用者が増加し続けており、今後も成長が見込めるプラットフォームの一つといえるでしょう。
そんなyoutubeは広告配信先としてもとても魅力があります。
地域や性別、年齢や家族構成など、ユーザーの属性に応じてターゲットの絞り込みを行えるyoutube広告は高い費用対効果が期待できます。
youtube広告に興味があるならぜひ一度チャレンジしてみてください。

MembersMembers制作メンバー

早いレスポンス、心地よい対応、高い専門性で
お客様と一緒に制作を進行していきます。

  • 手塚 康司
    代表取締役
    手塚 康司

    顧客ファーストの制作サービスとマーケティング的観点から制作する動画をぜひ体験してください。

  • 鬼塚 智己
    クリエイティブ・ディレクター
    鬼塚 智己

    顧客の課題解決を第一とし、映像、デザイン、ビジネス視点を組み合わせたアプローチでゴールを目指します。

  • 平原 昌樹
    撮影技術責任者
    平原 昌樹

    予算が限られたなかでもハイエンドの撮影機材を使ったような撮影効果を出す方法を提案。価格以上の撮影クオリティを実現します。

  • 藤田 秀幸
    営業・制作進行責任者
    藤田 秀幸

    お客様の動画に対する要望を最大限実現するため、最適なお見積りとご提案、スムーズなプロジェクト進行でサポートします。

Contact無料でご相談・お見積り・提案が可能です。
まずは気軽にお問い合わせください。

ご要望に沿う「最適な無料提案」と業界相場の「半額のお見積り」を受け取っていただけますか?どんな会社か知りたい方向けに資料もご用意しています。

Contact