ブログ

すぐに創れる!あなたのブランドを高めるための動画とは?

本日は「すぐに創れる!あなたのブランドを高めるための動画とは?」です。

買い物をしたり、展示会に行ったり
、 あるいは技術発表会などに行くと必ずと言っていいほど目にするものがあります。

それが「動画」です。

だからなのか、動画を創ろう!というようなメッセージを
目にすることが多くなっています。

そして、動画を創るための手順や撮影方法などを
教えてくれる教材やサービスも増えてまいりました。
とはいえ、その質はどうかというとまだまだ伸び代があるように感じてしまいます。

とくにオンラインビジネスで用いられている動画をみると、
こういう要素があるともっと
楽しくて面白い動画になるのになーと思うことが非常に多いのです。

実は、そのような動画を創ることは
それほどハードルが高いわけではなく、意外と簡単にできることを、
あなたはご存知ですか?種類はいくつかあるのですが、
その中でももっとも簡単に作成できる動画が、
「プロモーション動画」です。

すごく手軽に創れるので、
毎日創って発信することができます。

このプロモーション動画というのは、
あなたのブランドを創り続けるのにすごく適している動画です。

プロモーション動画には、このような目的があります。

日々の出来事に少しスパイスを加えたり、ぶっちゃけてみたり、
あるいは仕事風景を撮影・編集してブログなどにアップしてみることで、
視聴者に対してあなたのことに興味を持ってもらうことが目的です。

さきほど、編集してということを言いましたが、
実はプロモーション動画は編集いらずの動画です。

なぜかというと、プロモーション動画はスマートフォンで撮影して、
編集はアプリがすべてやってくれるからです。

撮影したものをアプリに取り込むことで、
すぐに編集が終わります。
そして、そのままブログなどのオンラインメディアにアップすることができるのです。

だから編集いらずなのです。
しかも、アプリには音楽が内蔵されているので
それを付けることも簡単にできます。

では、どういうものを撮影するかというと、
見ている人が「すごい!」と思ってもらえるようなものを撮影することです。
そして意識するべきは「与えたい印象」や「思ってもらいたいこと」です。
見ている人が何も感じないというのであれば、
それは無価値なコンテンツということです。

実は動画は印象を伝えるのに非常に適しているメディアです。
文字だけ、写真だけ、というのでは印象は伝わりませんし、わかってもらえません。

なので、動画を使って印象を持ってもらうことを頭に入れておいてください。
どう思ってもらうか?を意識すればプロモーション動画を
創るのはさほど難しいものではありません。

まずは作ってみましょう!

何度か作れば慣れていき、
視聴者にあなたのことを強く印象づけることができます。

そして、ずっと忘れずに覚えていてもらうことができるのです。

自分で作る動画と業者に依頼する動画を目的で分けて
制作することでコスト下げることも可能ですね。

是非、動画を積極的に活用してください。

〈動画制作のご依頼、ご相談はこちら〉
https://gjc.me/contact/

執筆者

映像の専門学校を卒業後、 大手飲食チェーンや東京、大阪、福岡の営業会社で 営業とマーケティングを学んだ後に同社の代表取締役に就任。
広告・プロモーション全般から動画マーケティングまで幅広い知見でブログなど情報発信を行っている。

  • 著者連絡先:info@global-japan-corporation.com
  • 著者SNS:https://www.facebook.com/gjc00/
  • 著者の動画撮影、編集の実績
    • 株式会社リクルート
    • ソフトバンクグループ
    • 株式会社NTTドコモ
    • 株式会社ベネッセコーポレーション
    • 大日本印刷株式会社
    • 大王製紙株式会社
    • 株式会社バンダイナムコエンターテイメント
    • 株式会社ヤクルト本社
    • 株式会社宝島社
    • ユニ・チャーム株式会社
    • 株式会社 小学館
    • 株式会社フジクリエイティブコーポレーション
    • テレビ朝日映株式会社
    • 千葉テレビ放送
  • 著者の得意とする動画カテゴリ:プロモーション動画全般

映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>