ブログ

文京区での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

文京区は、東京都のほぼ中心部にあり、特別区に指定されています。
様々な楽しみ方ができるスポットが多数あり、ドラマなどのロケ地として採用されることも度々あります。

今回は、文京区で動画制作・映像制作のためのおすすめの撮影ロケ地をご紹介しましょう。
文京区を拠点にロケをしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

■文京シビックセンター

文京区本庁舎が入っている文京シビックセンターは、地上28階、地下4階、高さ142mとなっていて、東京23区内の区役所で最も高い建物です。
そんな文京シビックセンターには文京区本庁舎だけではなく、文京区保健所、文京シビックホール、展望室、シビックスカイレストラン椿山荘、JTB、行政情報センターなどがテナントとして入っています。

文京シビックセンターは、様々なドラマや映画のロケ地としても使用されていて、会議室や喫煙所、ラウンジなどをテレビで見たことがあるという方もいるはずです。
文京区の公式サイトでは、「ロケ撮影協力実績」を公開しているため、どのようなロケがいつ行われたのかを確認することができます。
気になる方はチェックしてみてください。

オフィス関係の動画制作・映像制作をしたいと考えている方は、文京シビックセンターはおすすめです。
「ロケ撮影協力実績」を参考にしながら、どこを使いたいか考えてみてください。

■六義園

六義園は、川五代将軍である徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自分自身の下屋敷として造った大名庭園です。
元々は平坦な敷地でしたが、丘を作るために土を盛り、千川上水を引いて池を造りました。
完成までに7年もかかった六義園は、起伏のある美しい回遊式築山泉水庭を現代に残しています。

時代の変化と共に、少し荒れることはありましたが、明治初期に三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎が購入します。
そこから再度整備されるようになり、1938年には東京市に寄贈、一般公開されるようになりました。

四季の変化に応じて様々な表情を見せてくれる美しい回遊式築山泉水庭の六義園は、長い年月が経った今でも愛され続けています。
春と秋にはライトアップも行われているので、昼と夜で違う楽しみ方ができるということでも評判になっています。

東京都内で日本の美しい庭園を見ることができるスポットとして紹介することができるはずです。
そのような動画制作・映像制作を行う場合のロケ地に起用してみてはいかがでしょうか。

■椿山荘

椿山荘は、広大な庭園を持つ宴会施設で、敷地内にはホテル椿山荘東京があります。
かつては、椿が自生する美しい景勝地ということで、「つばきやま」と呼ばれていました。

元々は、久留里藩黒田氏の下屋敷として整備されていましたが、山縣有朋が土地を購入し「椿山荘」と名付け、自分の屋敷としました。
その後長い年月が経ち、藤田観光の所有地となり、フォーシーズンズホテル椿山荘東京が開業するというように移り変わっていったのです。

現在庭園は一般公開されていて、四季折々の花々や史跡を無料で鑑賞することができます。
都会にありながら豊かな自然を感じることができる椿山荘は、六義園同様多くの人の癒しスポットとして愛され続けています。

そんな椿山荘は、六義園と合わせて美しい庭園を見ることができるスポットとして紹介することができるでしょう。
都内で四季を感じることができる場所のロケ地としても最適です。

■ファーブル資料館(虫の詩人の館)

ファーブル資料館は、土日だけ営業している小さな博物館です。
千駄木の住宅街にひっそりと佇んでいるため、つい見過ごしてしまいそうな場所にあります。

展示室は、1階と地下1階にあり、地下1階はファーブルの生家を再現したものが展示されています。
1階には、ファーブルの直筆ノートやファーブル昆虫記に因んだ標本などが展示されているため、子どもは間違いなく喜ぶと思いますが、昆虫に興味がある大人も楽しむことができるはずです。
昆虫に関する勉強会や標本を制作する教室なども行われているため、目的のイベントがいつ行われているのかをチェックすることで、より楽しみ方が広がる資料館です。

ファーブル資料館は、文京区内で子どもと一緒に週末を過ごすおすすめスポットを紹介する動画や映像制作のロケ地に最適な場所です。
ロケ地で悩んでいる方は、ぜひ検討してみてください。

■東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京カテドラル聖マリア大聖堂は、カトリック東京カテドラル関口教会にある大聖堂です。
大聖堂は、聖人などを記念して捧げられている場所のことを指し、東京カテドラル聖マリア大聖堂は無原罪の聖マリアを記念し、捧げられています。

ミサや講座などが行われていますが、誰でも参加することができます。
キリスト教に興味・関心がある方、洗礼を望む方など様々な方を対象にした講座が用意されているので、キリスト教信者ではないけど講座を受けてみたいという方も受け入れています。
また、結婚式も行っているので、大聖堂で挙式を挙げたいという方の相談も受け付けているようです。

東京カテドラル聖マリア大聖堂は非常に神聖な場所ですが、撮影許可を撮り、マナーを守れば動画制作や映像制作のロケ地として使用することもできるはずです。
利用したいと考えている場合は、カトリック東京カテドラル関口教会に問い合わせてみてください。

■湯島天満宮

湯島天満宮は、湯島天神や湯島神社として多くに人に愛されています。
学問の神様である菅原道真が祀られているため、受験生が合格祈願のために訪れることも多いという特徴があります。

そんな湯島天満宮は、学業の神様としてだけではなく、宝くじ運や縁結び、病気回復など様々な御利益があるといわれているので、子どもから大人まで多くの人が参拝にきます。
そのことから、都内有数のパワースポットとしての知名度も高いことがわかります。

非常に知名度の高い神社なので、七五三参りやお宮参りなどをする人も多くなっています。予約を知れば撮影をしてもらうことも可能です。

湯島天満宮は、文京区のパワースポットを紹介する動画制作や映像制作のロケ地に最適です。
パワースポットと呼ばれている場所は多数あるため、その中のどこでロケをするか迷った時には、湯島天満宮を選んでみてはいかがでしょうか。

■日本サッカーミュージアム

日本サッカーミュージアムは、2002年に開催されたワールドカップ日韓大会を記念して建設されました。
日本のサッカーに関する歴史やワールドカップ日韓大会に関する資料が展示されています。
サッカーの未来を形作るための博物館として貢献したいと考えているため、今後はさらに充実した展示になっていくでしょう。

歴代の日本代表が来ていたユニフォームや日本代表のロッカールームを再現した展示などを見ることができるので、サッカーファンなら特に楽しむことができるスポットです。
学校・サッカークラブ学習プログラムや職業体験プログラムといったプログラムも用意されているため、子どもから大人までそれぞれの楽しみ方ができるミュージアムになっています。
普段は体験できないような体験ができるため、日本サッカーミュージアムに足を運ぶ際にはプログラムに参加することをおすすめします。

日本のサッカーの歴史などを取り上げる動画制作や映像制作を行う際のロケ地に最適な場所と言えるでしょう。
イベントなども行われているので、楽しみながら学べる様子を映像に残すことで、興味を持つ人もさらに多くなるはずです。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>