ブログ

千葉県での動画制作・映像制作は低価格で満足度96%のGJC

千葉県は首都圏に位置し、海や里山の豊かな自然、個性豊かなレジャースポットなど様々な魅力がある地域です。
歴史ある街並みや四季折々の花などを楽しむことのできる観光地も豊富で、動画・映像制作に活用したい撮影地がたくさんあります。
千葉県でのおすすめロケ地をご紹介しましょう。

■「小湊鐵道」里山トロッコと上総鶴舞駅

房総半島の中央部、市原市の五井駅から大多喜町の上総中野駅を結ぶ「小湊鐵道」は、レトロな車両が走る懐かしの鉄道路線です。
昔の雰囲気が残り、多くの鉄道ファンを魅了しています。

車窓から見える里山の風景は四季折々に変化し、日本の原風景を感じさせます。
春には春の花々が咲き誇り、秋には沿線の木々が美しく色づく、そんな美しい景色が観光客に人気です。
2015年からは新たな観光列車「里山トロッコ」が導入され注目を集めています。

「里山トロッコ」の外観はSLですが、石炭で走っているのではなくボルボ製のディーゼルエンジンで走っており煙は出ません。
大正時代に「小湊鐵道」を走っていたSLを復元し、汽笛は本物のSLで使われていたものを転用しています。
また客車には窓ガラスのない展望車も用意されて解放感たっぷりに鉄道の旅を楽しむことができます。

「上総鶴舞駅」は関東の駅百選に認定された無人駅です。
山奥のひなびた駅として、様々なドラマやCM、雑誌のグラビアなどの撮影に使われています。
木造駅舎と単式ホームが特徴的で、駅舎横の大きな銀杏の木も撮影におすすめです。

■養老渓谷

房総エリア最大の温泉郷である養老温泉を流れる養老川で形成された渓谷が養老渓谷です。
都心から近い場所にあり、春のツツジ、夏の川遊びやホタル鑑賞、秋の紅葉などを目当てに多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

養老渓谷には粟又の滝、弘文洞跡、観音橋などの養老八景と呼ばれる景勝地があり撮影におすすめです。
地質学上でも貴重な断層が多くみられるため、「日本の地質百選」に選ばれています。

粟又の滝は、落差30m、長さ100mの滝で、付近では川遊びを楽しむことができます。
夏の時期に渓谷を飛び交うホタルの姿が美しく、映画の舞台としても活用されました。

■銚子電気鉄道「犬吠駅」「外川駅」

銚子電鉄は千葉県の東端を走る全長6.4kmのローカル線です。
銚子駅から、犬吠埼・外川漁港方面を結んでいます。
数ある駅舎のうち、犬吠埼灯台に近い「犬吠駅」と外川漁港のある「外川駅」が沿線随一の観光スポットと言えるでしょう。

「犬吠駅」は南欧風のモダンな造りの駅舎が印象的で、銚子電鉄の限定グッズや記念切符などのお土産が揃っています。
特に人気のお土産は名物「銚電のぬれ煎餅」です。
実演販売も行われており、ぬれせんを自分で焼く体験もできるため観光客に人気となっています。

「外川駅」は銚子電鉄の終着駅で、大正12年に建築されたレトロな木造駅舎です。
ローカル線の小さな駅舎に郷愁を感じる人も多いのではないでしょうか。

駅の正面からは長い坂道の下に太平洋が広がり、歩いて5分程度で外川漁港に出ます。
駅の近くにある外川ミニ郷土資料館では、江戸時代初期に計画的に整備された漁村と外川集落の歴史を学ぶことができます。

駅舎入り口の看板にはNHK朝の連続ドラマのロケ地として登場したことが記されています。
磯の香りと時が止まったようなロマンが漂う、映画の中に入り込んだような気分になるおすすめ撮影地です。

■屏風ヶ浦

屏風ヶ浦は「銚子ジオパーク」の中で1番の見どころです。
「ジオパーク」とは地球・大地(ジオ)と公園(パーク)を組み合わせた言葉で、地球を学び丸ごと楽しむことができる場所のことを表現しています。
2018年現在、日本には43地域の日本ジオパークが認定されていて、銚子ジオパークは2012年に認定されました。

屏風ヶ浦は雄大な風景が特徴で、高さ50~60mの断崖絶壁がまさに屏風のように連続し、迫力ある光景が広がっています。
イギリスにあるドーバー海峡にちなんで「東洋のドーバー」とも呼ばれています。

屏風ヶ浦の撮影には、銚子マリーナ隣接の海水浴場からがおすすめでしょう。
海水浴場からは屏風ヶ浦の真下に向かって遊歩道が整備されています。
断崖絶壁の何重にも重なる地層と荒々しい海の様子は必見です。

■中の島大橋

中の島大橋は木更津にある人気スポットです。
潮干狩り場として有名な中の島と、鳥居崎海浜公園を結ぶ歩道橋で、鮮やかな赤い色と曲線のフォルムの美しさが特徴となっています。
高さ27m、全長236mという巨大さで、歩道橋と呼ぶには大きすぎる橋に驚く人も多いのではないでしょうか。

江戸時代以来、海上輸送の拠点として発達してきた木更津は現在もその役目を果たしています。
そのため、巨大な船が通行できるよう中の島大橋は高さが必要となるのです。

2002年に放送されたドラマ「木更津キャッツアイ」のロケ地としても有名です。
ドラマの中では、この橋をおんぶで渡った男女は結ばれるという”赤い橋の伝説”というエピソードがありました。
その影響で中の島大橋は2010年に「恋人の聖地」に認定されています。

■佐原の町並み

香取市の佐原は、江戸時代から利根川の水上運送で「江戸まさり」と言われるほど栄えた水郷の町です。
小川沿いを中心に、土蔵造りの商家や町屋が並び江戸の雰囲気をそのままに残しています。
佐原の大祭りでは、街中を引き回される豪華絢爛な山車が見どころです。

佐原エリアは関東で初めて重要伝統的建造物群保存地域に指定されています。
伊能忠敬旧宅は国指定の史跡で、その他に県指定の文化財も13棟あります。
「北総の小江戸」と呼ばれる佐原の町並みは、江戸時代の面影を今に伝える歴史エリアです。

■館山湾花火大会

南房総の館山市は日本百景に選ばれた鏡ヶ浦が有名です。
千葉県内には「恋人の聖地」に選定されたスポットが5つあり、館山市も「恋人の聖地/鏡ヶ浦から富士の見えるまち館山」に選定されました。

毎年8月には鏡ヶ浦の北条海岸にて館山湾花火大会が開催されます。
花火が大小あわせ100発以上打ち上がる特大スターマインなど、約1万発の花火が海面に映る様が美しく名物となっています。
特に8号玉の水中花火は必見で、関東最大級の迫力に大きな歓声が上がります。

花火大会では全国学生フラメンコ連盟によるダンスも披露されます。
花火とフラメンコのコラボレーションは幻想的で花火大会の見どころの1つになっています。

■清水公園

野田市にある清水公園は「自然とともだち」をキャッチフレーズにした地元の人々に親しまれる公園です。
園内には約500種類の花や植物が植えられており、四季折々の美しさが人気となっています。
また、桜の花も多く日本さくら名所100選にも認定され、さらにツツジの名所としても知られています。

キャンプ場や釣り場もあり多くの人々が訪れます。
人気のフィールドアスレチックは全部で100ポイントを有する本格的な設備です。
チャレンジする人のレベルによって冒険コースや水上コースなど好みのコースを選択できるようになっています。

■ターザニア

長柄町にあるターザニアは、家族づれや若者グループに人気の施設です。
専用ハーネスで体を固定し、木から木へとまるでターザンの様に空中を移動して楽しむ森林冒険施設となっています。

自然の中でフィールドアスレチックや木のぼりとも違う楽しみ方ができ人気があります。
特に約445mもの長い距離を移動するロングジップスライドはスリル満点です。
その他にも60以上のアクティビティが充実しています。

ターザニアは、宿泊施設、レストラン、プールなどの施設が揃った複合リゾート「ソリル生命の森」内にあります。
自然を体験し、スリルを味わう人々の姿は撮影に活用できるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>