ブログ

商品紹介動画の効果を最大化するために知っておきたいポイント

最近は企業や商品の公式サイト、SNS、通販サイトなどで商品を紹介した動画を目にする機会が増えています。
動画にすることで商品の仕様や良さ、使い方をアピールできるので購入催促の効果に期待できるでしょう。
一般的にBtoC向け商品に使われるイメージがありますが、実はBtoB向け商品のマーケティングでも良い効果をもたらしてくれます。

しかし、いずれにしても活用方法や制作のポイントを掴んでいないと、一定以上の効果を出してくれない可能性があるでしょう。
そこで、今回は商品紹介動画の効果を最大化するために知っておくべき知識をご紹介していきます。

■商品紹介動画とは?

商品紹介動画とはその名の通り、マーケティング対象の商品を紹介するために作成された動画です。
紹介するだけなら静止画と文章でも可能ですが、動画ならではの魅力で商品をプロモーションすることができます。

静止画の場合、立体物の形状や質感など商品アピールに欠かせない情報が見えにくく、一面的な部分しか伝えられません。
しかし、動画なら実際に商品を使っている様子を収めることができるので、サイズ感や使用感などのイメージも伝えやすくなります。

例えば、文字でサイズが記載されていても、それだけではイメージが掴みにくい方は多いでしょう。
女性の手にもなじみやすいコンパクトさが商品の魅力である場合、単純に女性が持つ仕草以外に、テーブルや台に起き、他のものと比較させながら商品を回り込むように撮影すれば、形状や商品の質も一緒に訴求できます。
使い方が複雑な商品もプロセスを追った動画は分かりやすく説明できるでしょう。

■訴えたいことを十分に伝えられる

商品によってデザインや性能のこだわりは異なりますが、こだわった部分は消費者に最も訴えたい情報と言えるのではないでしょうか。
シンプルにデザインや性能を見せるのも良いのですが、使用者が笑顔になっている姿など一緒に写せば、消費者も商品に対して期待感を抱く効果があります。また、動画はBGMを付けることができるので、どんな音楽を使うかによっても動画の雰囲気は変わり、商品にまつわる気分を十分に伝えることができます。

■情報量の多さは動画ならではの魅力

画像と文字で全ての情報を入れようとすると、分厚い説明書になってしまうかもしれません。
特に複雑な商品はその傾向があるでしょう。
しかし、あまりに説明が多くて難しい商品は消費者の目に留まりにくいものです。

動画の良さは短い動画でもたくさんの情報量を詰め込めることです。
商品の姿に合わせて動いたり、音が加わったりするので様々な情報を一度に伝えられると同時に、記憶にも残りやすくなります。
例えば、テレビショッピングでは声のトーンや表情で全体の雰囲気が表現され、さらにインパクトのある動きやテロップが加わるので、チラシ以上に訴求力があります。

また、動画は使い方や設置方法も伝えることが可能です。紙のマニュアルの場合、詳細に伝えようとするとページ数が増え、逆に分かりにくくなってしまうでしょう。
その点、動画は実際の操作を見ることができるので、シンプルに理解することができます。

■商品紹介動画のメリットと活用シーン

商品紹介動画を使うことで主に2つのメリットを得られるでしょう。

・商品をリアルに伝えられ、購入意欲を強める

商品のイメージを掴むために画像を見る消費者は多くいます。
しかし、静止画だけだと実際に購入してみるとイメージとだいぶ違うとガッカリしてしまうケースも少なくありません。
やはり静止画だけでは十分に特性や機能、デザインなどを伝えきれない部分があります。

その点、動画は使っている場面や素材の質感をリアルに表現できます。
画像よりも直接実物を見ている感覚になるので、商品に対するイメージも湧きやすくなり、興味や関心を引くきっかけにつながりやすいわけです。

使い方を説明している動画は疑似体験効果を持たせることができます。
疑似体験を通じて商品の使用感や使い勝手を感覚的に理解できるので、自然と購入意欲を強める効果に期待できるでしょう。

・購入後の期待値のズレを軽減

購入後にガッカリしてしまう理由は商品に対する理解が浅く、期待ばかり大きくなっているからでしょう。
動画は動きや音、テロップなどを通じて商品をリアルに分かりやすく説明できるので、静止画や文字だけの説明よりも深く商品を理解できます。
特に使用感に理解が深まると自分が使っている時の姿を思い浮かべやすく、購入後の期待値のズレを軽減することができると考えられます。

■活用シーンの事例

ここで商品紹介動画の活用シーンは様々なものがあるので、いくつか活用シーンをご紹介しましょう。

・シンクロ・フードの事例

飲食店の出店開業や運営者をサポートする事業を行うシンクロ・フードでは、BtoB向けのアプリ紹介の動画を作成しています。
アプリを使えば飲食店のオーナーは気軽に食材を発注できるというものなのですが、イラストを使い分かりやすくアプリの使い方を紹介した動画です。
デジタルが苦手な方もこれを見ればアプリの操作の不自由することはないでしょう。

https://www.locus-inc.co.jp/services/production/explainer.html

・ディライトクリエイションの事例

ディライトクリエイションでは獣医師監修のペット用品専門のブランドを立ち上げています。
そのブランドの商品である犬用の靴下を紹介する動画を制作しました。
犬の肉球は冷えや乾燥にとても敏感で、動画ではなぜ靴下が必要なのか商品のベネフィットを伝えています。
また、実際に靴下を使用した犬の姿は愛犬家の好む演出なので、購入意欲も高まるでしょう。

https://www.locus-inc.co.jp/works/470/

・コネクシオン株式会社

コネクシオン株式会社は自社のサービスを紹介する動画を制作しました。
堅い説明にならないように、モバイルワークスタイルを行っている人をイメージにCGやグラフィックでモバイルワークが醸し出す未来感を演出した動画となっています。
サービスの提供価値にフォーカスしており、視聴者にしっかりメリットを理解してもらうことができるでしょう。

https://www.locus-inc.co.jp/works/332/

・三井住友海上

三井住友海上は自動車保険に関する紹介動画を制作しており、理解が難しい保険商品をイラストやデータで分かりやすく説明しています。
イラストなので親しみを持ちやすいところも魅力でしょう。
自動車事故の具体的な例があるので、理解を深められやすく、自動車保険の重要さを感じることができる動画です。

https://www.locus-inc.co.jp/works/225/

■BtoC企業が先行的に動画マーケティングを活用

動画マーケティングの活用は、BtoC企業が先行して行っています。
BtoC企業とは、「Business to Consumer」の略で企業と消費者の間で行われる取引となり、飲食店やコンビニなどの販売店が例として挙げられます。

消費者に向けて営業を行うにあたっては、一人ひとりに行うことは難しいためテレビや雑誌などが主に利用されていましたが、近年では動画マーケティングを活用する企業が多くあります。
動画マーケティングにおいては、購買意欲をどれだけ上げられるかが重要となり、消費者の心を引きつける動画広告の作成が大切なのです。

■BtoB向け商品にも動画マーケティングは効果的

では、BtoB企業の場合はどうでしょう?BtoB企業とは、「Business to Business」の略で企業と企業の間で行われる取引のことを言います。
メーカーや商社、小売店、問屋などがクライアントの法人営業を行っている企業が例として挙げられるでしょう。

そのため、取り扱っている商品は完成品だけではなく、完成品を作る際に使用される部品や素材、機械などがあります。
ですが、購入するにしても単価が高いものも多く、導入するためには調査や価格交渉、納期の調整などを行わなければいけないだけではなく、購入までの期間も長くなってしまうため、BtoCのように衝動買いは期待できないのです。

動画マーケティングの魅力の一つとして、短時間でも商品に関する様々な情報を与えることができるという利点があります。
そのため、情報収集がより必要となるBtoB企業においても動画マーケティングは有効的であると考えられるでしょう。

自社だけではなく商品についての認知度を高めることで購入意識を高めることができ、比較対象として選定してもらうことも可能となります。
そのため、動画マーケティングを活用する際には、ターゲットが望んでいるニーズに合う動画を制作することが重要となるでしょう。

■商品紹介動画の効果を上げるには購買プロセスの「進捗度」を考える

動画コンテンツにおいては、いくつかのプロセスを経て購入に至ることになりますが、そのプロセスの進捗度を考えることが商品紹介動画の効果を上げるためには重要となります。
大きく分けると課題を認知し、調査・理解し検討することになるので、以下の方法に沿って動画を作成すると効果を感じることができるのではないでしょうか。

・課題の認知

課題の認知を促進するためには、「つかみ」が重要となります。
興味を持ってもらうことが大切なので、インパクトのある動画コンテンツを作成し、短時間でどこまで訴求させることができるかがポイントとなるでしょう。

・調査と理解

つかみで興味を持ってもらえたら、次に安心感を与えることが重要となります。
信頼できる商品であることが伝われば、動画コンテンツの再生も2~5分程度であれば視聴してもらうことが可能となる可能性は高いので、商品に関する特徴や利用シーンなどを盛り込むことができます。

・検討

安心感を与えたことで商品への理解度も高まります。
すると、長い動画であっても見てもらえる可能性が高いので、商品の仕組みや詳しい解説など、商品に対する情報をさらに深くまで伝えることができるのです。
社員だけではなく、開発責任者や社長に動画出演してもらうことや、実際に利用している顧客のインタビューなどを盛り込むことも効果的であると言えるでしょう。

■どんなポイントに留意すべきか?

実際に商品紹介動画を作成する際にはどんなポイントに注意すれば良いのでしょうか?
使用する場所や配信先によって作成するポイントには違いがありますが、BtoB企業が動画マーケティングを活用する上での大切なポイントを解説していきましょう。

■商品紹介動画のポイントその①:わかりやすい解説

BtoC企業で活用する動画であれば、消費者に企業や商品を覚えてもらうためにインパクトがあり、面白みのある動画を作成する企業も多いですが、BtoB企業の場合はイメージを求めているのではなく、説明書などを読まなくても理解できる解説が必要となります。

最後まで視聴してもらうためには短い動画でなければ駄目だと感じる方も多いかと思いますが、わかりやすい動画であれば多少長くなったとしても視聴を続けてもらえる可能性はBtoB企業であれば高いので、わかりやすく理解しやすい動画を作成するよう心がけましょう。

■商品紹介動画のポイントその②:導入すると考えられる効果を挙げる

BtoB企業で活用される動画マーケティングにおいては、上記でも解説したように様々な過程を経て取引が成立します。
そのため、競合との違いや導入することでどういったメリットが与えられるかを動画に盛り込むことが大切です。
ただ単に商品について説明するだけではメリットがないと判断されてしまうので、導入することで考えられる効果については明確に示すことが重要でしょう。

■商品紹介動画のポイントその③:効果音や動き

BtoC企業でもBtoB企業においても見ている側にとっては「目を引く」ものであることが重要です。
淡々と商品について説明している動画であれば見ていても面白みがなく、説明が頭に入ってこないことも考えられます。

そのため、効果音や動きを利用した動画を作成するようにしましょう。
注目してもらいたい場合に効果音や動きのある演出を加えることでより興味を持ってもらうことができます。字幕なども大いに活用してみましょう。

■商品紹介動画のポイントその④:実績や活用事例

BtoB企業においては即決断ができなく、購入に至るまでは慎重に協議が行われます。
効果やメリットをたくさん説明しても、実際に利用したことがないので不安や心配も多いのです。

そういったデメリットを払拭するためにも、実績や活用事例を積極的に盛り込んでいきましょう。
活用している企業を紹介するだけではなく、実際のクライアントのインタビューを盛り込むことも効果的です。
紹介している商品を導入したことでのメリットや売上の変化などを紹介してもらうことで、不安点を解消することができるでしょう。

商品紹介動画を作成するためには、BtoC企業やBtoB企業によってポイントに違いがあります。
ですが、商品紹介動画は動画マーケティングにおいて効果的であると言えるので、その効果を最大化するためにも上記の方法を試しながら作成することで企業や商品についてより理解してもらうことができるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>