ブログ

デジタルサイネージ動画の作り方!メリットや費用相場は?

デジタルサイネージは、駅や空港といった様々な壁に設置されているディスプレイのことです。
近年は、そんなデジタルサイネージを活用した動画が注目されています。

企業のマーケティング戦略においても、新しいコミュニケーションツールとして盛り込もうとする動きが見られます。
今回は、そんなデジタルサイネージ動画の特徴やメリット、費用、事例などを取り上げていきましょう。

・「デジタルサイネージ動画」とはどんな動画?

まず、デジタルサイネージ動画にどのような特徴があるのか解説していきましょう。
デジタルサイネージ動画は、駅・空港・商業ビル・百貨店・家電量販店など、様々な所に設置されているディスプレイのことで、形や大きさは設置される場所によって異なります。

デジタルサイネージ動画は、行き交う人々が関心を持ちやすく、足を止めて視聴してくれる可能性が高いです。
そのため、企業では設置場所に応じて重要なマーケティングツールとして活用されています。

デジタルサイネージ動画を活用する企業が増えたことで、最近では様々な場所に設置されるようになってきました。
商業ビルの壁や看板などは、街で目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?
巨大なものも多いので、通行人に効率良く情報を届けて、店舗に足を運んでくれるよう誘導したり、施設内の案内や商品の購入を周知したりするのに活用されています。

最近では、医療機関において予防接種の案内や健康に関する情報提供に使われるケースも増えてきました。
デジタルサイネージ動画の活用シーンは幅広く、今後もさらに様々な場所で設置される可能性が高いです。
以下は、そんなデジタルサイネージ動画を活用するメリットです。

-注目されやすい

最大のメリットは、ポスターや写真よりも注目されやすいという点です。
デジタルサイネージ動画は、高画質な動画と音声によって情報を届けることができるので、道を行き交う人でも情報が伝わりやすいことが特徴です。
足を止めて動画を視聴する人も多いため、企業がマーケティング戦略として取り入れるには有効だと言えます。

-最先端の機能が使える

デジタルサイネージ動画は、最先端の機能を活用できます。
例えば、大型商業施設ではカメラを設置したディスプレイを設置して、人の顔や姿を認識したときに流す動画を変えたり、コスプレをしたかのように流したりしているところもあります。
インターネットにもつながるので、足を止めた人が興味のある動画を表示させ、知りたい情報が簡単に入手できるのもポイントです。

このように、デジタルサイネージ動画の活用は注目されやすいこと、最先端機能を駆使していることなどのメリットがあります。
従来の広告よりもインパクトを与えやすいので、企業にとっても様々なシーンで活用したい動画と言えるでしょう。

・デジタルサイネージ動画制作/映像制作の費用について記載

実際にデジタルサイネージの動画制作・映像制作をする際、デジタルサイネージ動画にかかる費用はどれくらいになるのでしょうか?

-費用の相場

費用の相場は依頼する業者によっても変わってきますが、スライドショーの場合は2万円~3万円程度で制作できます。
スライドショーに動画をプラスする場合は、10万円程が相場です。

10万円には、企画・編集などの作業や声優・BGM・効果音といった音声に必要な費用が含まれます。
モデルを起用するようなクオリティの高いデジタルサイネージ動画にする場合は、この他にも人件費・経費がかかります。

-人件費

人件費でかかるのは、カメラマン・アシスタント・モデル・スタイリストなどです。
プロの業者に依頼する場合、1人当たりの人件費は2万円~3万円として見ておきましょう。

-撮影経費

撮影に関わる経費は、交通費や撮影スタジオ・撮影機器・衣装などにかかる費用です。
どれくらいの規模で動画制作・映像制作するかによっても金額は異なります。 運営や撮影に関わる経費を合わせると、10万円を超える可能性もあります。
大切なのは、どのようなシーンで使うデジタルサイネージ動画を制作するのかをしっかり決めておくことです。
デジタルサイネージ動画はポスターや看板などと違い、視聴者の注目を集めて情報を伝えるツールとしては魅力的な方法です。

しかし、その分ユーザーや期待するクオリティは高い可能性もあるため、設置場所に合わせてどのような内容にするか検討する必要があるでしょう。
また、デジタルサイネージ動画は、動画制作/映像制作において高いノウハウを持ったプロに任せることをおすすめします。

・デジタルサイネージ動画制作/映像制作のポイント

現在では、企業だけでなく市役所をはじめとする地方自治体などもデジタルサイネージ動画を制作しています。
では、実際にデジタルサイネージ動画制作/映像制作する際には、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか?

-空間デザインを意識する

デジタルサイネージ動画は、設置場所によって環境も視聴者も変わります。
そのため、視聴者が自然に目を向けてくれるよう、その場所に合わせた内容にする必要があります。

どんな時に、どんな場所で視聴されるのかによって、工夫するポイントも変わってくるでしょう。
まずは、そんな空間デザインを意識することです。

-「伝わる」内容になっているか

駅や空港だけでなく、商業ビルにもデジタルサイネージは多く設置されています。
通行人に視聴してもらうため、大型のディスプレイである場合もありますが、よりインパクトを与えるには目立ちやすく伝わりやすくなっているかが重要です。
分かりやすく伝わりやすい動画であれば、足を止めて視聴してくれる可能性もあります。

・デジタルサイネージ動画の事例

ここでは、デジタルサイネージ動画の活用事例をご紹介します。
デジタルサイネージ動画は様々な企業で取り入れられているので、まずは事例を見ていきましょう。

-昭和シェルの給油機用動画

自動車の給油サービスを提供している昭和シェルでは、九州店舗において給油中に流すデジタルサイネージ動画を制作しています。
アニメーション動画になっており、サービスステーションで利用できるサービスなどを紹介しています。

-ANAの改札機通過方法

全日本空輸株式会社のANAが制作したデジタルサイネージ動画は、搭乗ゲートにおいてスムーズに通過する方法をアニメーションで伝えてくれます。
子連れと通過するときの注意点や手荷物収納に関する情報も分かりやすく伝えています。

-HANKYU BRINK MUSIUM

阪急電鉄株式会社のデジタルサイネージ動画です。
最大の特徴は、子どもから大人まで幅広く親しまれているレゴブロックでお馴染みのレゴ社監修によって制作している点です。
阪急・阪神沿線の街並みをレゴブロックで再現しており、ポップな動画になっています。

-名古屋市役所の納税手続き紹介動画

愛知県名古屋市役所が流しているデジタルサイネージ動画です。
RPGゲームのような動画になっているのが特徴で、納税手続きに関する情報を入手できます。
市役所に訪れた人が主人公になっているような感覚で視聴できるので、インパクトもあり分かりやすい動画になっていると言えるでしょう。

今回は、デジタルサイネージ動画の特徴や活用するメリット、事例などをご紹介してきました。
インパクトが大きいデジタルサイネージ動画は、設置されている場所によって視聴者もその環境の雰囲気も異なります。
ブランディングをしっかり行い、高いクオリティの動画制作/映像制作に取り組むことが重要です。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>