ブログ

会社や事業でドローン撮影を利用するメリットとは?

ドローンの登場により、空撮映像の自由度は非常に高くなりました。
ドローンで撮影した空撮映像・画像は、近年テレビ番組や広告など様々な分野に活用されています。

ドローンによる空撮を行うメリットは、小回りが利くためダイナミックな映像を撮ることができる、操作が簡単、安定して飛行させられることなど様々です。会社や事業でドローンを利用するメリットを細かく見ていきましょう。

■広告費を抑えることができる

ドローンが登場する以前は、ヘリコプターやクレーン、セスナを利用した空撮が一般的でした。
この3つの内、最も安価に撮影が行えるのはセスナですが、セスナを利用する場合でも1時間の撮影で10万円程度かかることが多いです。

ヘリコプターやクレーンを使用する場合は、50万円以上かかることも少なくありません。

また、それぞれ操縦士、カメラマンも必要になるので、思い通りの映像を撮影するためにはかなりの費用が必要になります。
これらに比べると、ドローン空撮にかかる費用はかなり手頃であると言えるでしょう。

■ドローン撮影料金の内訳

ドローンでの空撮を業者に依頼する場合の料金内訳を確認していきましょう。

・基本料金

多くの場合、ドローンの空撮には基本料金が設定されています。
会社によって違いますが、基本料金にはドローンのオペレーターの人件費、撮影料金が含まれている場合が多いです。

また、ドローンを飛行させる時間、撮影する枚数などに制限が設けられており、撮影の希望に合わせてオプションを付けていくのが一般的です。

・撮影料金

ドローン本体に付いているカメラで撮影を行う場合もありますが、より高機能なカメラを搭載して撮影を行う場合は、カメラの性能によって撮影料金が設定されます。

・機材費用

撮影に仕様するドローンの機種によっては、料金が異なる場合があります。
小型機を使用する場合は無料の場合が多いですが、中型機、大型機を使用する場合は、別途費用がかかる場合がほとんどです。

・人件費・交通費

ドローンの機種によっては、2名以上のオペレーター・監視員が必要になる場合があります。
また、撮影を行う場所まで移動するための交通費も支払わなければなりません。基本料金に含まれる場合もありますが、人数や距離によっては追加料金が必要になります。

・動画編集費

撮影した動画を編集し、1本の映像として仕上げるための費用です。
動画編集は行わずに撮影した素材のみ渡される場合もありますが、パノラマ撮影やVRの撮影を行った場合は、動画の編集も業者が行うことが多いです。

基本的には、これらの合計がドローンでの空撮にかかる料金となります。
この他、ロケハンが必要な場合や、天候不順で撮影が行えなかった場合は、ロケハン費用、予備日の設定などの支払いが必要になる場合もあります。

また、予定通り撮影ができず時間が延びてしまった場合や、撮影をキャンセルする場合は別途費用がかかります。

ドローン空撮の基本料金は10万円前後であることが多いです。
オプションの有無や撮影条件によっては高額になることもありますが、格安業者を利用すれば5万円程度で撮影できる場合もあります。
ドローンを利用することで、広告費用を大幅に削減することができるでしょう。

■美しい映像で高い宣伝効果を図れる

ドローン撮影が優れている点としては、やはり自由度の高さが挙げられます。
セスナを利用した空撮は一点に留まって撮影を行うことが不可能ですし、ヘリコプター、クレーンでの空撮は撮影できる場所・アングルが限られてしまいます。

ドローンを利用することで、これまでは撮影が困難だった映像を、比較的簡単に撮影することができるようになりました。
高性能なカメラを搭載している機種も増えてきているため、高品質で美しい映像を撮影することも可能です。

ドローン空撮の強みを活かした映像を利用すれば、宣伝効果を高めることもできるでしょう。

■ドローン空撮の強み

・被写体に接近できる

ヘリコプターやセスナを利用した空撮の場合、被写体に接近して撮影を行うことは困難です。
ドローンは小型なので小回りが利きやすく、被写体に接近して撮影を行うことが可能です。
「遠くから撮影を始めて被写体の至近距離まで近づく」というような映像も撮影することができるのです。

・狭い場所に入り込める

機材を持ち込んだり、人が通り抜けたりすることが困難な場所でもドローンが活躍します。
ドローンは操作が比較的簡単で、自律性にも優れているため、狭い場所でも安定した撮影を行うことができます。

また、トンネルやアーチのようになった場所を通り抜けることができるのも大きな利点でしょう。

・様々なアングルから撮影できる

ドローンは低空飛行をすることもできるため、高所だけでなく、低い視点からの映像も撮影することができます。
低い視点での撮影は、これまでの空撮方法では難しかった部分の1つです。

■ドローン空撮の活用例

・街並みや風景の空撮

空撮は、街並みや雄大な自然を撮影する際にしばしば用いられます。
ドローンなら定点撮影を行うこともできますし、低高度で映像を撮ることもできるので、風景を俯瞰しながら細かな部分も映すことができます。

橋の下やトンネルの内部を潜り抜けたり、建物に接近したりとダイナミックな映像を作り出すことができます。
観光スポットのプロモーションや、地域の紹介などに有用でしょう。

・不動産の撮影

不動産の魅力を最大限に引き出すときにも、ドローン空撮は有効です。
遠くから徐々に建物に近づいていく映像を利用することで、建物の外観から内部の様子までを視聴者に伝えることができます。

不動産を選ぶ際は、建物だけでなく周辺の環境にも注意するものなので、1本の動画で環境・建物の両方を見せられることは大きなメリットです。

・入り組んだ場所や工場内部を撮影

工場ラインや、設備の入り組んだ場所には人が立ち入ることが難しい場合もあります。
狭い場所は機材を持ち込むことも困難ですし、稼働中の工場ラインは危険な場合もあります。

ドローンを利用すれば、稼働中の工場ラインに接近したり、狭い場所の撮影をしたりすることもできます。
企業の様子を紹介したり、工場の内部を映像にしたりする際にも役に立つでしょう。

■ラジコンヘリと違って自律性がある

ラジコンヘリは、プロポというコントローラーを使って手動で操縦しなければなりません。
そのため操縦を継続するために操縦者による腕が必要となってきます。

しかし、ドローンにはGPSや電子コンパス、加速度センサーなどの機能が搭載されているため、操縦者による操作は必要ありません。
ドローン自らが「自律性」を備えて飛行することができます。

飛行する経路をあらかじめ設定しプログラミングを組んでおけば、必要な役割を果たしてくれることでしょう。
自動的に目的地まで到達してくれる他、自動で障害物を避けて飛行することも可能です。

ラジコンヘリの場合は、飛行中は常に操縦者が目視内でわかる範囲で操作していくので操縦範囲も限られてしまいます。
撮影する対象物の解像度や角度などは全て操縦者の腕にかかっていると言っても良いでしょう。これがドローンとラジコンヘリの決定的な違いになります。

■GPS機能を使わないドローンもある

GPSが自律して飛行できる大きな要因は、GPS機能に隠されているということは理解していただけたと思います。
GPSから放つ電波によってドローン自身がどこを飛行しているか判断し、プログラミングされた経路で飛んでいきます。

GPSを活用することは比較的簡単に普及できるので利用しやすいメリットもあるのですが、場所によってはGPSの精度が落ちてしまう点は残念ながら改善することはできません。

入り組んでいるところや高い建物が並んでいる場所は、正確に撮影することができず信憑性が欠けてしまう場合もあるようです。
特に日本のような狭い土地で自律飛行のドローンを使用するのは、あまり適しているとは言えません。

では、GPS機能に頼らなければ自律飛行は不可能なのでしょうか?ドローンの自律飛行は、GPSや電子コンパス、自動センサーなどが必須と言われていますが、実はGPSが搭載されていなくても自律飛行できるドローンもあるのです。

カメラの精度や安全性を高めるためにあえてGPS機能に頼らないという考え方です。

ドローンの前後・左右に専用のセンサーを設置するだけで、自ら障害物を避けて飛行することができます。
レーザーによってデータを読み取り、精度な3D地図を構成しながら飛行を行っていくタイプも存在します。

様々な自律飛行のドローンを今もなお研究し続けていることで、今後さらなる開発が期待できることでしょう。

東京大学によって開発された「Phenox2」と呼ばれるドローンは、Linuxが搭載されており、飛行経路を自由にプログラミングすることができます。さらに離着陸を音声で指示できる音声認識操作を備えた最先端のドローンも新たに生み出しています。

■様々なマーケティングに活用できる

ドローンは小型で扱いやすく多様なシーンに対応できるので利用者の幅も非常に広くなってきています。
かつて行われてきた空撮では、ヘリコプターや大型クレーンなどが用いられてきましたが、撮影に関する条件や制限が大きすぎるため、今ほど自由度は高くありませんでした。

しかし、著しく普及されつつある現在のドローンは、非常に安価で身近な存在となっています。

今やドローンは、企業紹介などの映像に必要不可欠な存在になりつつあるようです。
その中にはマーケティングでも利用できる事例もあるので、ここで紹介していきたいと思います。

■企業のリアルな情報を見せることができる

企業紹介は、扱っている商品やサービスを周知させる重要性を持っています。
企業の特徴や強みをアピールしたり、同業他社にはない役割やサポートを提供したりすることにも役立ちます。

最近は、この企業紹介を映像で見せるところも多くなってきていて、できるだけリアルな姿を映し出すことによってより理解と信頼が深まっていくことにつながっていくようです。

例えば、工場の様子を上空から撮影することや、企業の採用動画としてオフィスの様子を撮影するなど、企業に対する理解を深めてもらう手段の一つにドローンを活用することが普及してきています。

ドローンであれば、通常人が出入りできない狭いところや細かい視点から撮影することもできるのでリアルな情報を提供することができるようになります。

あるいは採用動画に企業のオリジナルティを出すためにオフィス内でドローン撮影することもあるでしょう。
パフォーマンスや躍動感をもたらすために長回しで撮影するパターンもあり、企業のキャラクタ―性をアピールする方法として活用されてきています。

■ドローンを使うことでアイデアが無限大に

空撮で最も相性が良いのは、観光誘致を目的とした地域や街のPRです。
人が立ち入ることができない場所を撮影した動画は、その場所の魅力をピンポイントに引き出すことができます。

地上ではなかなか伝わりにくい地域の魅力を、目を見張るような新しい視点で楽しめる観光誘致になることでしょう。

また、ドローンが開発した当初からマーケティングに活用しているのが不動産業界です。
不動産は物件情報や間取り、室内の環境などの良さをできるだけ顧客に伝わるようにしています。

ドローン撮影により、それが可能となったので住宅や物件の魅力をより一層アピールできるようになったのです。
大規模な中古物件などは特に、ダイナミックさや規模の範囲を強く訴求する必要があるので、こういった点でドローンを活用することになり多様に応用できるようになりました。

以上のようにドローンは、マーケティングや企業のプロモーションといった世界にも精通する大きな存在感を見せられるようになってきました。
導入するまでのハードルが高く感じるかもしれませんが、最近の筺体は安価で販売されているものも多いので気軽に利用できるようになってきています。

ドローン自体の性能も高くなり、経験のある技術者も増えてきていることでドローンによる撮影も一般的になってきました。
360度カメラ搭載のドローンで撮影する事例も増えてきているので、企業の動画コンテンツなどに差別化させる目的として利用してみてもいいかもしれません。

マーケティングにドローンを活用してみたい方は、国の規定を遵守しつつ実践してみてはいかがでしょうか?
効果的なドローン撮影を会社・事業内容に活かしましょう。


動画制作のリソースが欲しい企業さま『パートナー契約あります。』
今、動画 『動画は効果的』って聞くけどなぜ?
動画と一緒にWEBサイトも制作いたします

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>