ブログ

動画マーケティングにおけるドローン撮影の活用事例をご紹介

年々、市場拡大が続いている動画広告市場では、各企業でユーザーを獲得し、ファンを増やすべく様々な工夫をこらした動画広告が作られています。
中でも、地上にいる時には見られないような美しい景色を撮影することができる、「ドローン撮影」が人気です。

一口にドローン撮影と言っても、幅広い分野で活用することができます。
今回は、動画マーケティングにおけるドローン撮影の活用事例をご紹介していきましょう。
ぜひこちらの記事を参考に、ドローンで撮影した映像を動画マーケティングに取り入れてみてはいかがでしょうか?

■ダイナミックな撮影も可能に!

動画マーケティングにおいて、「ユーザーに動画を見てもらう」ということが非常に重要なポイントとなってきます。

そのため、動画広告を作る際にはユーザーに見てもらえるように最初の10秒が肝心です。
10秒の中で面白さやインパクトのある映像を作り、そこから最後まで見てもらえるように動画広告を作ることが大切です。

しかし、単純に面白い動画・インパクトのある動画とは言えますが、実際に作るとなるとどういったものが面白く、インパクトのあるものにできるのかはとても難しい部分ではあります。
手軽に面白いもの、インパクトのあるものを取り入れたいという場合、ドローン撮影が活用できます。

ドローン撮影することによって、今まで見ていた視点とは違う視点から見ることができ、ユーザーのワクワク感を失わせずにインパクトのある撮影が可能です。

また、ダイナミックで荘厳な景色なども撮影できることから、ドローン撮影による活用は動画マーケティングにピッタリだと言えるでしょう。

例えば観光名所への誘致を目的とした動画マーケティングを利用するなら、人の踏み入れられない場所や観光スポットなどをドローンで撮影することによって、自然や物の美しさを最大限活かすことができるでしょう。
地上では分かりづらかった魅力もドローン撮影なら迫力を活かしつつ大勢の人に見てもらうことができます。

ノルウェーのトロンハイムという都市では、観光協会による街のPR映像にはドローン撮影が取り入れられています。
北欧ならではの街並みや夜景などを上空から映し出すことで街の魅力を最大限に引き出そうとしています。

このように、世界の都市でもドローン撮影で観光誘致を実施するところが増えてきています。
ドローン撮影がなされた映像はどれも実際にその土地を訪れてみたくなるものばかりです。
気になる方はぜひ動画サイトからご覧ください。

■不動産業と動画マーケティングは相性がいい

賃貸や物件売買など、不動産業界では実際に物件を見ることが定番でしたが、現在ではインターネット上でも物件の情報が掲載されており、そこから物件の内部を画像で確認することができるようになりました。

しかし、文章と画像だけではやはり物件の魅力を最大限伝えられないという部分も多いです。
そこで近年取り入れられているのが、物件の「360度動画」となります。

360度動画を活用することで、まるで自分が物件の中にいるような感覚で部屋を見ることができ、顧客ユーザーにとっても不動産会社にとっても、利益のあるものになりました。

しかし、現在では不動産会社の多くが360度動画を取り入れているため、徐々に差別化を図るのが難しくなってきました。
そこで活用したいのがドローン撮影です。

物件の内部は360度動画を取り入れつつ、周辺環境などでドローン撮影を取り入れると広域から周辺環境なども見ることができます。

物件を選ぶ時は物件の中はもちろんですが、住みやすい環境かどうかもチェックする人がほとんどです。
また、物件内部にドローンを入れて撮影するという方法もあります。

ドローン撮影によりどんな場所にあるのかが具体的に映像として見られることで、ユーザーの満足度につながると言えます。
こうした点から、不動産業とドローン撮影による動画マーケティングは相性が良く、今後のスタンダードになる可能性も考えられるでしょう。

日本ではまだまだドローン撮影を取り入れているところは少ないですが、アメリカでは広大な敷地と建物を紹介するためにドローン撮影を取り入れているところが多いです。

風景と共に物件を紹介することで、「こんなところに住んでみたい」「ここに住むとこんな生活が送れる」ということなどがハッキリと見えてくるでしょう。

■商品だけではなく会社のイメージアップにも

動画マーケティングというと商品をアピールし、売上アップを目指すために活用されていますが、商品のアピールだけに動画マーケティングを活用するのは非常にもったいないと言えます。

せっかく動画マーケティングを行うなら、自社のイメージアップ・PRによるブランディングも行なってみましょう。

会社のブランディングを図ることによって、会社全体の価値が高まり、商品にも影響を及ぼしてくれます。
また、会社の現場を動画広告によってユーザーに見せることで会社の信頼感を高めることができ、ユーザーには安心感が生まれ、そこから自社商品への購入につながる可能性も考えられます。

こうした背景から、会社のイメージアップのためにも動画マーケティングを利用してみましょう。
ドローンを活用する場合、なかなか人が踏み入れられないところを撮影する際に使ってみてはいかがでしょうか。

例えば工場内のラインをドローンで撮影し、商品がどのように作られているのかを見せることができます。
こうしたラインでも機械が多いところには人間が地上から撮影するよりも、ドローン撮影の方が向いていると言えます。

また、企業の採用関連動画にてドローン撮影を取り入れている会社もあります。
スマホアプリやソフトウェア事業などを手掛けるKINGSOFT社では、オフィス内をドローンで撮影することによって実際に自分が働く姿をイメージしやすくなったり、どのような環境なのかを具体的に把握しやすくなったりと、多くのメリットがある動画を公開しています。

ドローン撮影はどうしても広大な敷地での撮影で景色を映すというイメージがありますが、企業の中という狭い施設の中でも手軽に利用することができます。
普通に撮影するよりも動きのあるアクティブな映像となるため、インパクトを残すこともできるでしょう。

■動画マーケティングのデメリットをドローン空撮で改善できる?

動画マーケティングでは、多くの情報を一度に伝えやすいという特徴がありますが、その一方で公開してすぐに再生回数が伸びるというわけではありません。
では、動画マーケティングのデメリットとしては、どんなことが挙げられるのでしょうか?

■簡単に視聴してもらえるわけではない

まず、動画をアップしたからと言って、すぐに再生回数が伸びると思っていてはいけません。
いかに動画を視聴したいと思わせられるかどうかが重要なポイントになるのです。

動画だけアップしておけば安心という過度な期待は持たないようにしましょう。
また、動画を使用する場合、キャプションや説明文を一緒に載せるよう心がけることも大切です。再生されても、視聴者がつまらないと感じた時点で停止ボタンを押すこともあります。

そうなってしまえば、今後二度とその動画を視聴することはなくなってしまいます。
しかし、キャプションや説明文を入れておくことで、動画に対してイメージが付きやすく、最後まで見てくれる可能性も上がるばかりか、動画の視聴回数の伸びにも良い影響をもたらします。

■撮影・準備に手間と時間がかかる

動画と言っても撮影や準備など、手間や時間がかかってきます。
簡単なものであればスマホでも撮影可能ですが、セールス用として動画を撮影する場合、企画をはじめ、撮影、編集と作業ステップを踏んでいかなければなりません。

それだけでなく、自社で撮影するのか、別の場所で撮影するのかによっても機材のコストのかかり方が違ってきます。
プロに発注するなら、そのための外注費もかかり、どうしてもコストがかかってくるのです。

一度動画を撮影しても、それに納得いかなければ修正や編集が必要になり、その分手間がかかります。文字情報であればすぐに修正ができる一方で、動画の修正や編集には時間が必要です。

動画ソフトの知識がある程度あれば細かい対応も問題なくできますが、そうでなければその都度特定の依頼が必要になることもあります。
そうした面を考えると、企画・撮影・編集など、準備から作成までの道のりが決して短期間では終わらないことが想像できるのではないでしょうか?

■ドローン撮影によって改善できる

このような動画マーケティングのデメリットは、ドローン空撮で改善できるのでしょうか?まず、ドローンパイロットとしてのある程度の経験や知識があれば、撮影に関しては自社で行うことができます。

また、ドローンで撮影することで、ダイナミックな動画でクオリティも上がり、視聴者の印象に残るものを政策しやすいというメリットもあります。

視聴回数を着実に伸ばしたいという場合には、最適な方法の一つと言えるでしょう。
編集や修正に関しても、ドローン空撮に詳しい経験者であれば可能なこともありますし、さほど時間もかかりません。

このようなことからも、ドローン空撮で動画マーケティングのデメリットを改善しつつ活用することは非常に有効な方法です。

■空撮を取り入れる際の注意点

では、動画マーケティングにドローン空撮を取り入れる場合、どのようなことに注意する必要はあるのでしょうか?動画マーケティングにおいて重要なポイントは、視聴者が再生しやすい動画にすること、動画の目的を明確にし、最適な撮影時間にすることです。

■重くならないようにする

サイトに動画を埋め込むことで、視聴者の視聴環境によってはなかなか再生されなかったり、すぐに動画が開かなかったりと、不測の事態に陥ってしまうこともあります。
また、再生できてもすぐに動画が止まってしまうという不具合が生じた場合、サイトページも閉じられる可能性が高くなるのです。

欲しい情報にせっかくたどり着いても、動画再生における何かしらの不具合があれば、どれだけ有意義な情報があっても意味がありません。
ドローン空撮を取り入れる場合、その動画の重さを慎重に見ておく必要があるのです。

動画をサイトに埋め込んでも問題がない重さになっているかきちんと見極めなければならないのです。

■目的を明確にする

動画をいざサイトに埋め込むと、再生回数をどうしても気にしてしまうケースがあります。
再生回数ばかりに捉われて、本来の目的を見失わないよう注意しましょう。

動画を何の目的で制作し公開するのか、目的を明確にし、それがどれほど達成できているのかを常に意識することが大切です。

例えば、電話での問い合わせや資料請求、メールアドレス登録など、目的の数値を日頃から計測してグラフ化します。
そうすることで、グラフの伸びが停滞していた場合は動画を見直しすることができるのです。

■動画の分割も検討する

動画における情報は、文章よりも情報量をより多く公開することができます。
その分、一気に情報を伝えたい一心で長い動画になってしまうこともあるでしょう。

しかし、あまりにも動画が長すぎると、視聴途中でも離脱してしまう可能性も高くなります。
途中で止まった動画を再度再生するということ自体を面倒に感じやすく、視聴回数も伸びにくくなることがあるのです。

視聴者は、通勤時間や食事中の合間などにスマホで見る方、自宅のパソコンでゆっくりと見てくれる方など、状況は様々です。だからこそ、あまりにも長時間になるような動画は避け、長すぎてしまう動画に関しては分割しておくことも大切なのです。

■撮影場所にも注意

ドローン空撮を取り入れる場合、ドローン撮影が可能な場所で撮影できるかどうかをあらかじめ把握しておかなければなりません。例えば、空港周辺や民有地、電波干渉のある場所はドローンの飛行が禁止されています。

ドローン撮影や空撮における規制は年々整備されてきてはいるものの、不慮の事故や問題回避には正しい運用方法を理解しておかなければなりません。各都道府県や自治体によって飛行が禁止されている場所が異なるので、事前に確認しておきましょう。

■リスクも考えよう

ドローン空撮でのリスクを考えると、思わぬ墜落などが起こり得る場合があります。
飛行ルールをよく守った上で、墜落してしまう要因をなるべく取り除いて撮影しましょう。

また、ドローンはリボバッテリーに衝撃が加わることで発火する恐れもあり、危険が及ぶ可能性もあるのです。
万が一、山に墜落してしまえば山火事を起こることもあるでしょう。

ドローンは墜落を防ぐ機能を持つ高性能モデルも増えていますが、墜落する可能性はまったくないとは言い切れませんし、前もってそういった可能性も視野に入れておく必要があるのです。

動画マーケティングにおけるドローンの撮影に関して紹介してきましたが、いかがでしたか?
活用事例やドローン撮影におけるデメリット、注意点を理解し、正しく撮影できるよう心がけましょう。
ドローンを活用して、1歩先を行く動画マーケティング制作に取り組んでみてください。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>