ブログ

ドローン撮影によって作ることのできる動画の特徴とは?

近年、ドローンの性能が向上しており、簡単なリモコン操作だけで様々な空中撮影に対応できるようになっています。
ドローンの特徴を活かして、よりクオリティの高い動画を撮影することも簡単になってきています。
そんなドローンで撮影できる動画には、目的や用途に合わせて様々な場面を撮影することができます。

空中から幅広いアングルでの撮影が可能になっている今、ドローン撮影で作ることのできる動画にはどのような特徴があるのでしょうか?
では、ドローン撮影が可能な動画の魅力や特徴を紹介していきましょう。

■絶景だけじゃない!ドローンで作ることのできる動画

ドローン撮影は、様々な工夫次第で幾通りにも表現を変え、観る人に斬新さや驚きを感じさせることができます。
そもそもドローン撮影では、どのような動画を作ることが可能なのでしょうか?

・被写体との並走

ドローンの撮影は、空中から風景を撮影するパターンばかりではありません。実際に疾走する車を被写体にした動画を制作する場合、サーキットを走行する車をドローンがリードしたり、追随したりすることで迫力のある動画にすることができます。

・低空域で撮影することで迫力アップ

ドローンは、地面スレスレの低空域から地上150メートルまでの高空域までの撮影が可能です。
あえてレールやクレーンを使わずにドローンで空間を立体的に捉え、建物などの魅力を表現することでより迫力をアップさせることができるでしょう。
低空域と高空域の融合で迫力を増せば、よりインパクトのある動画を撮影することができるのです。

・複数のドローンを使う

ドローンは、被写体を追って撮影したり、一定のものを捉えるために撮影したりするケースが多いのではないでしょうか?
複数のドローンを使用すると、カメラを構えたドローンで何らかの商品をセットした他のドローンを撮影するといった方法も可能になります。

つまり、カメラを携えたドローンが、飛行するドローンを撮影するのです。
複数のドローンを使うことで、商品の特徴を細かく表現することができ、斬新な動画を作ることができるでしょう。

・レールやクレーンの代わりにする

通常であればレールやクレーンを設置して撮影することが多い動画撮影ですが、状況によってはそんな大きな機材を持ち込みにくい場所での撮影になることもあるでしょう。
ドローン撮影ならば、レールやクレーンで行うのと同じような映像の撮影が可能です。
自動で水平を保つことができるドローンを有効に活用することもできるのです。

■シーン別ドローン撮影活用事例

動画の制作は、様々な工夫を凝らして撮影する必要がありますが、ドローンが飛躍的に進化していることでよりクオリティの高い動画を撮影することができるようになっています。
動画を撮影するシーンはあらゆる場面が採用されますが、そんなシーン別でのドローン撮影活用事例を紹介していきましょう。

・企業の宣伝用

ドローン撮影による動画をインパクトのあるものにして、企業のCMや商品PRなどの宣伝用として利用できます。

・建設や土木工事

建設・土木現場では、ビルやマンション工事の進捗状況や報告資料の撮影などに上空からの写真や広範囲の撮影が活用できます。
高速道路や橋の補修点検など、人が確認するには難しい場所をドローン撮影利用することができるでしょう。

・ゴルフ場など広大な土地の撮影

ホームページに掲載する広大な土地の全体写真やホールや各部屋の撮影など、ユーザーへの情報提供としてもドローンが役立ちます。
特に広大な土地は上空から撮影することで広さや敷地の状況などをある程度把握できるため、ユーザーも現地をイメージしやすく参考になりやすいです。

・太陽光パネル点検にも

太陽光パネルは大規模なものなので、低空撮影や太陽光パネル全体を写すにはドローンが最適です。
特に上空からの撮影や工事の進捗報告においても活用でき、資料作成にも有効です。

・災害情報への活用

地震や雪崩、火山の噴火などの大規模な災害が起こった際には、人が立ち入ることのできない危険区域や現場の状況を撮影することができます。
特に災害が起こると、情報提供の遅さや情報そのものの少なさが現地では問題になることも少なくありません。

ドローンを使っていち早く現地の被害状況などを伝えることで、より素早い情報収集に役立つのです。
ドローンの性能が向上している今、こうした災害対策としても活躍が期待されています。

・観光施設の魅力を伝える

日本には様々な観光スポットがありますが、中には海岸地域や山岳地帯など、撮影が困難な場所であることも多いでしょう。
そんな撮影が難しい場所であっても、上空から背景を入れて撮影することで、よりその場所の魅力を観る側に伝えることができます。
付近に滝や湖がある場合でも、上空から全体を映したり、迫力のある写真を掲載したりできるというメリットもあるので、観光スポットや関連施設への良い影響も期待できるのではないでしょうか?

・公共的な利用

市町村の広報や、街に資料にも空撮写真や動画は有効に使うことができます。
記念行事など大人数での屋外集合写真をはじめ、訪れた人々を上空から撮影してその規模をアピールすることもでき、地域おこしの効果をより高めるためにも有効です。

■ドローン撮影を上手く活用する

シーン別の撮影活用事例をいくつか紹介しましたが、人が立ち入れない区域でも、ドローン撮影であれば動画や写真の撮影が可能です。
駐車場の空撮やビル・マンションなど外壁簡易調査、ダムでの飛行など、様々な場面や場所においてドローンを活用することができます。

通常動画制作に使用する機材では撮影できないようなシーンを撮影することができるので、幅広い用途に対応できるのもドローン撮影の魅力ではないでしょうか?
撮影用のカメラと同様、年々進化しているドローンは、その活用法が注目されプロ向けの動画セミナーや空撮方法の紹介フォーラムなどが開催されるようになっています。

また、ドローンの操縦者や安全運航管理者などを養成するスクールも認知度や必要性が増してきているのも特徴です。
これまでになかった動画撮影が可能になってきたドローンですが、ではそんなドローン撮影で動画の幅を広げるにはどのような工夫が必要なのでしょうか?

■作れる動画の幅をさらに広げるには撮影テクニックも重要!

上記でご紹介してきたように、ドローン撮影は様々な工夫をこらすことで、単純な空撮だけではなく人を惹き付けるような動画撮影をすることも可能です。
ただ、工夫をこらしたドローン撮影を行うためには、撮影テクニックも必要となります。

作れる動画の幅を広げるためにも、どのような撮影テクニックを身に付けると良いのでしょうか?
いくつかドローンの撮影テクニックをご紹介していきましょう。

■ドローンと被写体との位置を考える

ドローンで空撮する際に、メインとなる被写体はドローンの高度・角度・位置によって見え方が大きく異なります。
例えば車を撮影した際に、高度が低いと車が走っていることが分かりやすいですが、逆に高い高度から撮影すると、まるで車はおもちゃのように見えてしまいます。

そのため、車を目立たせたいのならやはり低い高度から撮影した方が良いですが、ただこれも単純に低い高度から撮影するだけでなく、最初は高い高度から映して徐々に高度を下げていき、大きく見せるという方法もあります。
このように、撮影する際は何気なく撮影するのではなく、あらかじめどのようにドローンを動かして被写体との位置を考えるか、検討してみると良いでしょう。

■異なる速度でも動画は違った印象に

ドローンを素早く移動させることでも印象は変わってきます。同じ景色で同じ被写体を撮影する場合でも、ドローンを速く動かせば疾走感あるイメージになりますし、逆に遅く動けば落ち着いたイメージになります。

動画の表示速度などは動画編集の際に変更させることはできます。
しかし、波や雲といった自然の中で動いているものも全て画面の中で素早くなってしまうため、被写体の表示速度だけを変えることはできないのです。そのため、撮影する際は速度も気にかけるようにしてみましょう。

撮影前のイメージ段階ではどのような印象になるのか把握しづらかったら、撮影時にゆっくりとした速度と素早い速度の両方を撮影してみると良いでしょう。そうすれば後から「こういう雰囲気が良かった…」と後悔せずに済みます。

まだドローン操縦が初心者だという方は、あまり速さを出して撮影すると障害物にぶつかってしまう可能性が考えられます。
まずはゆっくりと、同じ速度で飛行し続けられるようにしましょう。
ドローンの向きが突然変わったり、突然ドローンの速度が速くなってしまったりすると、ユーザーに雑な印象を与えてしまいます。

■ドローン操縦にカメラワークをプラスして変化のある撮影を

ドローンの機種によってはカメラが固定されているため、ドローンを移動させない限り定点映像になるものと、カメラを動かすことができるものもあります。
ドローンを動かすことで手一杯になってしまう人には難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきたらカメラワークもプラスすると、変化のある面白い動画を撮影することができるようになるでしょう。

例えば、ドローンを上昇させながらカメラの向きを下に下げると、下にある被写体を追いかけながら、いかにその被写体が大きいのか、周りの景色はどうなっているのかを見ることができます。
逆に、ドローンを下降させながらカメラの向きを上に上げていくと、周りの景色を映しつつ、最終的に被写体をメインとした動画を撮影することが可能です。

■俯瞰移動での撮影でギャップを生み出す

上記のような動きの他にも、最初は全くメインとなる被写体を映さずに俯瞰移動させ、そのままカメラの向きを上げていくと、周りの景色の雄大さを表現させることができます。
この手法は、動画を視聴しているユーザーに最初は色々と想像させ、それを裏切ることによってギャップを生み出していくというものになります。

人はギャップがあると驚きだけではなく惹き付けられてしまうものです。
ですから、こういった手法を組み合わせることで、より効果的な動画広告を撮影することができるでしょう。

■動画の最初と最後の構図だけは決めよう

CMや広告撮影を行う際には「構図」というものを作り、どういった流れで撮影を行うのかあらかじめ決めていきます。
しかし、動画撮影となるとあまり構図について考えないという方も多いのではないでしょうか?

構図を全て決めることは難しいですし、撮影当日に変更されることも多いです。
そのため、構図はとりあえず最初の場面と最後の場面だけは決めておくようにしましょう。

最初と最後の構図を決めるポイントとして、先程紹介したギャップを加えた構図がおすすめです。
例えば、最初の構図を岩場にし、最後の構図を海にします。
すると、最初の構図からはただの岩場が広がっているだけですが、徐々にドローンのカメラ向きを変えると広い海が広がっていたというギャップを作り出せます。
動画の最初と最後だけを決めるとギャップも作りやすくなるので、ぜひ試してみましょう。

■ドローンの動き方は一定方向に向かうだけに絞らない

ドローンを操縦する時は真っ直ぐ飛ばしたり、高度を上げたりすることが多く、一定方向に向かうイメージを持っている方も多いかと思います。
しかし、ドローンの動き方は決して一定方向に向かうだけではなく、様々な動き方ができるのです。

例えば被写体を一定方向に向かって撮影するのではなく、円を描くように撮影していきます。
また、ジグザグとした動きもできるので障害物を躱しながら撮影することもできます。
このような撮影方法はこれまでのクレーンを使った撮影や、ヘリコプターでの撮影にはあまり向いていませんでした。
しかし、自由に動かすことができて、しかも小回りが効きやすい小型のドローンだからこそ一定方向に向かう以外の動きが可能なのです。

ドローンによって作ることのできる動画は、使いやすいシーンに合わせて幅広い空撮テクニックを用いることで、様々な撮影が可能であり動画を制作することができるということが分かりました。
ただ、ドローン操縦は難しいためいきなりドローンを使った動画広告制作を自社で行うのは難しいところです。

そういった場合はあまり無理をせずにドローン撮影を行なってくれる業者に相談してみましょう。
そうすれば撮影テクニックに自信がなくても、空撮を活用した動画広告を制作することができます。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
2018年に動画マーケティングに取り組むべき理由「2018年は動画マーケティングが避けて通れない時代に突入します。」
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>