ブログ

Eラーニング・教育研修用の動画の効果と制作のコツ

社員教育は、生産性向上や企業成長につながる大切なものです。
企業によって社員教育・研修は様々なことが行われていますが、近年は動画を用いた教育研修が行われるようになってきました。

また、動画を活用したEラーニングも、いつでも学べる学習法として塾や予備校などで使われるようになってきました。
そんなEラーニングや教育研修用の動画にはどのような効果があるのでしょうか?動画制作・映像制作のコツも合わせてご紹介していきます。

・Eラーニングとは?

そもそも、Eラーニングとはどのような学習法なのでしょうか?Eラーニングは、インターネットと映像・動画を使った学習形態を言います。
冒頭で述べたように塾や予備校で用いられるようになってきており、学生や講義受講者がパソコンを通じていつでも学習できることが特徴です。

テキストや画像に音声や動画などのコンテンツが加わることで、ドリル形式・試験形式など多様な学習形式に対応できます。
最近では、学校教育の分野以外にビジネスシーンでも活用できると注目されています。

・Eラーニングの動画制作、映像制作の利用シーンと効果

教育研修用にEラーニングを活用することは、多くのメリットがあると言われています。
では、企業が教育研修用にEラーニングを活用する場合、利用シーンや効果はどのようなものがあるのでしょうか?

-社員研修

利用シーンとして挙げられるのが社員研修です。社員研修に活用することで、時間や場所などの制約を受けずにどこでも視聴できるようになります。

そのため、地方出張費・移動費・人件費などの費用削減につながります。
Eラーニングを活用すると、企業にとっても経営の合理化や効率化が図れるようになるのです。

-オンラインセミナー

通常、特定の場所を借りて開催するセミナーをEラーニング化する方法です。
社員研修同様、時間や場所を選ばないので、セミナーそのものをEラーニングとして視聴してもらうのも良いでしょう。

また、実際に行われるセミナーの内容や全体のイメージを掴むために、ダイジェスト版として公式サイトに掲載するのも方法の1つです。
受講者は再度内容を振り返ったり、来場できなかった方に対して重要な項目を視聴してもらったりすることもできます。

-社内サイト

社内の公式サイトに企業の活動内容の広報・情報などを公開するのも利用シーンとして挙げられます。
Eラーニングにすることによって、幅広い方への理解促進や周知徹底につながります。

・Eラーニングの動画制作、映像制作のポイント

企業がEラーニングの動画制作・映像制作をする際には、どのようなポイントを踏まえて進めていけば良いのでしょうか?
ここでは、実際に制作する際のコツやポイントを見ていきましょう。

-尺・構成

まずは、尺や構成をどのようにするか考えましょう。
社員研修・オンラインセミナー・社内サイトなど、何を目的に制作するのかによって、動画に必要な時間も変わってくるでしょう。

企画や脚本作成の段階で、動画そのものを研修の一部として使うのか、研修を動画で行うのかによっても、必要なシーンが変わってきます。
簡単な絵コンテを用意したり、それを元に方向性を変えたりするといった工程も重要です。

-ターゲティングの設定

Eラーニングは、元々学習用として取り入れられたものです。
しかし、企業が教育研修用に活用する場合は、ターゲットも変わってくるでしょう。
どのような方を対象にするかによって、ターゲティングを明確にして設定することも大切です。

-演出

企業がEラーニングの動画制作・映像制作を行う場合は講義型の動画にするケースが多いでしょう。
そのため、受講者や視聴者を飽きさせない工夫や演出が必要です。

同じ波長を続けた場合、動画で全ての内容を理解するのは難しいです。
ストーリー性やドラマ仕立てに作成するのも良いでしょう。

・Eラーニングの動画制作の良事例

-デロイトトーマツ

この動画は、「DT&I」と呼ばれる金融サービスの未来を作ったデロイトトーマツの取り組みや今後の金融サービスのあり方などを伝える内容となっています。
業界に携わる人々や、金融業界の未来がどのような方向性にあるのかを具体的に述べています。

-ヤシカ車体

ヤシカ車体で行っている仕事をインタビュー形式で作成したものです。
アニメーションやテキストを盛り込みながら分かりやすく解説しており、事業内容や具体的な仕事内容、職場の雰囲気にも見て感じられる内容となっています。

-株式会社ハウスコミュニケーション

ハウスコミュニケーションが普段どのような仕事をしているのか、大事にしていることは何なのかを様々な社員にインタビューしながらまとめたEラーニング動画です。
攻めの会社であること、努力すればするほど評価してもらえるという魅力も伝えられています。

教育研修用として、企業がEラーニングの動画制作・映像制作に取り組むケースは増えてきています。
テキストや画像だけでは伝わりにくい社内の雰囲気や仕事内容などを、動画と音声を通じて伝えられるというのは、Eラーニング動画の大きな特徴と言えるでしょう。


映像制作のリソースが欲しい企業さま。パートナー契約・アライアンス契約あります。

動画制作を成功に導くお役立ちコラムTOP3

動画の種類ごとの動画制作・映像制作のポイントをご紹介
動画マーケティングで売上拡大を実現させるために重要なポイント
動画マーケティングを成功させるために抑えておきたい4つのポイント
その他の記事はこちらから >>